副業でライターをはじめたい。
将来ライターとして独立したい。
子育てがひと段落、ライターとして仕事がしたい。
 
ライターを始める理由は人それぞれです。
 
しかし一歩踏み出せないという人も多いのでは?
 
理由のひとつは「ライター経験がないこと」。
 
取材経験のない私にできるんでしょうか?
 
私の文章力で大丈夫でしょうか?
 
私のところに寄せられる相談で最も多いのが
この2つです。
 
でも大丈夫!
 
誰だって最初は素人なんですから。
 
でも、この2つ。
自分で実績は作れるんですよね。
 
まず取材経験。
 
これは友人に頼んで取材させてもらいましょう。
 
よく行くお店の店長さん、おけいこごとの先生、
前職の会社社長、社員、誰でもいいじゃないですか。
 
今は自分のブログやホームページを持ち、
自分で情報発信できる時代なんですから
そこに記事を掲載していけばいい。
 
身近な人から取材経験を積むほうが
緊張しないで慣れていきますよ。
 
事例をたくさん書いておけば
どんな文章を書ける人か判断されやすいです。
 
自分のことをよく書いてくれる人がいれば
それを拒む人はいないでしょう?
 
顔出しNGでも、誰か分からないように書けばいい。
 
書いていいこととダメなこと、
守秘義務のあり方も勉強になりますよね。
 
独自に取材して書くこと。
これ、本当におすすめです。
 
次は「文章力」。
 
ライターに必要なのは、「客観的に書く力」です。
 
「この人を取材しました。こんな風に私は思いました」は
ただの体験談。
 
ライターとしての実績を作りたいのなら
取材相手の仕事にかける想いを、その人のお客様に伝える
記事にしなくてはいけません。
 
ただ想いを伝えるだけでなく、その記事を読んだお客様が
「この人に仕事を頼もう」「この人から買おう」「このお店にいきたい」と
心を動かされ、行動を起こす文章ですね。
 
書いてブログにアップ、もしくはその方のホームページにアップしてもらい
ぜひ反応を聞いてみてください。
 
反応が悪かったら書き直して、再度アップしてもらう。
そして、また反応を見る。
 
この繰り返しで、いい結果が出てきたら
それが実績となり、自信にもなります。
 
一歩踏み出せない人は、何もせずに「自信がない」と言います。
 
誰だって最初は素人。
そういう時は、「いまライターとして修行中です」と
胸を張って言えばいい。
 
でも、なかなか勇気が出ないという方、
私が取材の場を設けます。
 
今年こそライター業にチャレンジしたいという方は
こちらの「体験セミナー」に来てみてくださいね。
 
きっと新しい世界が広がります。
▼1/28(土)プロフィールライター養成講座体験セミナー
 
 
 
AD

「あぁ、あの時すぐにやっておけば、こんなに悩まなかったのに……」

「後回しにしたことで言い出しづらくなってしまった」

「何をやるにも時間がかかってしまう」

 

こんな風に思うことってありませんか?

 

私はしょっちゅうこんな感じです。

何でも後回しにして後悔するタイプ(T▽T;)

 

パッパと決めてすぐに行動することもあるんですが、

あれやこれやと悩んでいるうちに機を逃すことも多いんですね。

 

つまり、気分で動いてしまう典型的な気分屋人間σ(^_^;)

 

「もう~~!いい加減にこんな自分をなんとかしたい!」という私のような人間に

おすすめの本がこちら↓

 

残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則 (アスカビジネス)

 

 

 

何をしたら効率よく仕事ができ、それを結果に繋げることができるかが

分かりやすく書いてあります。

 

一度に全部やろうと思ってもなかなかできないでしょうから、

とりあえず一つだけでも実行してみよう!という気になります。

 

私の場合は、まずこれ↓

「紹介ツールをいつもカバンに入れておく」

 

取材先で、たまにこう聞かれることがあるんですね。

 

「他のライティングもやっているんですか?」とか

「セミナー講師(研修講師)を頼む場合どうしたらいいんでしょう?」など。

 

「後ほど詳細をメールでお送りしますね」とお答えすることが多いんですが、

すぐにメールを送れないときもあります。

 

その場で手渡しできるツールがあれば

相手が興味を持っているうちに内容を確認してもらうことができます。

 

その場で詳しく説明する時間がないとしても

資料を渡しておけば目を通してもらえるでしょうし

後からメールを送ったときにも思い出してもらえます。

 

と、この本には、自分に置き換えてすぐに行動できるよう

具体的な方法が書いてあるから重宝します。

 

営業マンだけでなく、自営業、学生さんにも役立つ内容ですよ。

ぜひ読んでみてください!

 

残業なしで成果をあげる トップ営業の鉄則 (アスカビジネス)

 

 

 

 

AD

私がこのブログを始めたのは今から10年前。

 

ほぼ日記という内容の記事ばかりアップしていた私が言うのもなんですが、もうそれでは選ばれない時代です。

 

よく「ブログでファンをつくる」って言われていますよね?

でも今は、「今日~~しました」記事だけで、ファンがつくれる時代じゃないんです。

 

「旅行に行ってきました」「映画を観てきました」「今日のランチはこれ!」みたいなプライベートネタはインスタグラムでもフェイスブックでもアップできます。

 

もしお仕事用のブログをつくるなら、プロとしての自分を見せる記事が必要不可欠!

 

ブログの役割は、時代の流れと共に変化しているんですよね~。

 

このアメブロのような無料ブログにしろ、自社サイトのブログにしろ、見込み客となる読者を意識して記事を書くのがブログの役割。要は「相手が何を知りたいか」ですよね。

 

たとえばあなたが不動産屋さんだとしたら、どんなお役立ち記事をブログにアップしますか?

 

実は私、2年ほど前に家を建て替えたんですが、その時真っ先に検索したのは、次のキーワードでした。

 

「建て替えと住み替えどっちがお得?」

 

そんなの住む地域によって違うだろー!と思いつつ、素朴な疑問をそのまま打ち込んでみました。

 

そうしたら出るわ出るわ、同じような質問に丁寧に答えてくれているサイトがたくさんあるじゃありませんか。

 

うちの子どもたちもそうですが、こうやって文章で検索する人も多いんですよね。

 

また、こんなキーワードでも検索してみました。

 

「〇〇市 中古住宅」「〇〇市 土地相場」「〇〇市新築一戸建て」

 

近所の家や土地がいくらぐらいで売られているのか、このあたりの土地の相場がどれくらいなのか、知りたかったんですね。

 

住み替えるにしても、市内の新築がいくらぐらいなのかも知りたいところです。

 

その他にも、「土地売買の注意点」とか、「不動産を高く売る方法」とか「安心できる不動産屋の選び方」とか、不安な想いをそのまま検索キーワードに乗せていたケースが多かったです。

 

理由は、これ↓

誰に相談していいのか分からない=せめてネットから安心できる答えを見つけたい。

 

ブログ記事は、こういった消費者の不安や悩みに専門家として丁寧に答えてくれるものが信頼につながり、そこから問い合わせや申し込みにつながります。

 

記事を書くときのポイントは5つ。

 

・読み手を明確にする(誰に向けて書くかですね)

・1記事1ネタ(詰め込みすぎない)

・読み手の心に寄り添う(共感されないとねぇ)

・知識の出し惜しみはしない(続きはこちら…はもう古い)

・売り込まない(基本です)

 

と、こんな内容を、成功事例を交えながら、

いつも小さな会社の研修でやっています。

 

9月と10月に東京と名古屋のセミナーでお伝えしますので、集客できる文章の書き方をものにしたい人は、ぜひご参加ください。

 

詳細はこちら↓

 

▼集客できるwebライティング!ブログ&ホームページ文章の書き方講座

9/29東京会場・午後
http://www.reservestock.jp/events/142338

▼集客できるwebライティング!ブログ&ホームページ文章の書き方講座

10/26名古屋会場・午後
http://www.reservestock.jp/events/142356

▼集客できるwebライティング!ブログ&ホームページ文章の書き方講座

10/26名古屋会場・夜
http://www.reservestock.jp/events/142366

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD