トリノの街路樹の落ち葉が黄金色に輝いています。葉。

ちょうど今の季節が舞台の作品です。

 

トリノはイタリア北部でフランスに近く、

「ありがとう」「メルシー」と言う場面も何度かありました。

 

 

 

2016年

夫の暴力から逃れるため、アンナ(マルゲリータ・ブイ)は息子ヴァレリオ(アンドレア・ピットリーノ)と一緒にローマから親友カルラ(ヴァレリア・ゴリノ)が暮らすトリノに移り住む。アンナが職探しに駆け回る中、転校したばかりのヴァレリオは友達もできず孤独を募らせ、二人の溝は深まっていく。見知らぬ街で新たな一歩を踏み出そうと奮闘する母子を、カルラや近所のビストロオーナーは温かく見守り……。シネマトゥデイより

 

予想ではアンナとカルラの友情物語なのかな~と思っていましたが、

カルラの登場はそれほど多くありませんでした。

また、暴力夫も最初に後姿がちょっと見えるだけで、

どちらかと言うと息子ヴァレリオの成長物語でした。

 

まだ声変わりもしていない中学生のヴァレリオ。

母親が髪を撫でても、手を払うお年頃。

男の子はそんな時期があるのです。

いきなり見ず知らずのトリノに連れて来られ、友だちも出来ずストレスが溜まるばかり。

 

彼は道端で客をとる若い女性に恋をします。

彼女が「私の仕事を知ってるの?」と聞くと、「知ってる」と答える。

でも、後々の場面からすると、ハッキリ分かっていたのでは無いのでしょうね…汗

 

悶々と過ごす息子ですが、アンナは仕事をしなければ食べていけない。

ヴァレリオにかまってあげられないもどかしさ。

彼の孤独をどうすることも出来ません。しょぼん

 

親友の他に親子を支えるのが近所の食堂の主人。

アンナがここにいる限り、ずっと関わっていくのでしょう。

いい人なのよ~グッド!

 

我が家は転勤族だったので、子供の転校で友だちが出来るかとても心配でした。

最後の場面で、ヴァレリオの嬉しそうな姿を見ると、

私もアンナ同様、母親としてすごくホッとしました。

 

PG指定が付いていましたが、ほんの一場面です。

子供の成長物語と書きましたが、

子供よりも、親向きの作品だと思います。

 

キャストの方々。

私は主演のマルゲリータ嬢しか憶えていませんでしたが、

彼女が1962年生まれ。息子役のアンドレア君が2002年生まれなので、

40離れているのよね。

高齢出産?(余計なお世話だ…)

 

親友カルラの、テレビテレビと犬わんわん作戦。

これでアンナ親子を繋ぎとめることが出来たらいいけど、

やっぱり思春期の息子に一部屋欲しいですね…あせる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

食べたか否か

テーマ:

毎度お馴染み(?)この話題。

つい書きたくなる嫁のグチです…汗

 

義母の昼食は宅配弁当を頼んでいます。

先日の午後、コタツの上に惣菜が置いてあるのを発見。

 

、「あれ?お母さんお昼ご飯まだだったの?」

義母、「まだ食べてへん」

、「お弁当は?」

義母、「まだ来てへん」

 

見たら、玄関先に空のお弁当箱が置いてありました。

、「これ、今日のお弁当と違うの?」

義母、「…」

再度聞いたら、食べたかどうか憶えていないそうです。ショック!

 

冷蔵庫を開けてみたら、お弁当のおかずの余りがお皿に移し替えて入っていました。

 

つまり、食べたのですドクロドクロドクロ

 

お弁当の配達から1時間くらいしか経っていないはずなのに、

食べたのをすっかり忘れるなんて…ガーン

 

夕飯も然り。

いつも17時過ぎに食べるらしく、その後コタツでウトウトと夕寝して、

起きたらもう食べたかどう忘れて、また夕飯を食べようとする。

認知症、かなり進んで来ています。叫び

 

しかし、1日中食べていたら太りそうなものですが、

歳をとると痩せはするものの太りません。

筋肉が落ちるからかな~はてなマーク

運動しないといけませんね。(でもしない…)

 

AD

コーエン兄弟監督作品。

評価はイマイチだったのですが、

ネットレンタルで旧作50円だったので借りました。

 

 

2016年

1950年代のハリウッド。スタジオの命運を左右する超大作『ヘイル、シーザー!』の撮影中、世界的大スターの主演俳優ウィットロック(ジョージ・クルーニー)が何者かに誘拐されてしまう。事件解決を任されたスタジオの何でも屋(ジョシュ・ブローリン)は、魅力あふれる若手女優(スカーレット・ヨハンソン)や著名なミュージカルスター(チャニング・テイタム)ら個性豊かな俳優たちを巻き込み、ウィットロック奪還に向け奮闘する。シネマトゥデイより

 

コメディだと思って全く下調べもしなかったら、これが失敗。

往年の名作等、たくさんのオマージュ、パロディが組み込まれていたようです。

 

とりあえず、設定が「アメリカの夜」のような雰囲気なのかな~と思いましたが、

やっぱりちょっと違う…

 

舞台は1950年代の冷戦下のアメリカ。

ロッキードとかビキニの核実験の話題が出て来ます。

 

ウィットロックの主演映画しかり、

ローレンツ監督の映画然り、

どれもが昔の映画のオマージュだそうです。

 

キリストを扱った映画の制作にあたって、

それぞれの宗派のお偉いさんを呼んで、ご意見を聞く辺りも、

やはり実際にあった話らしい。

 

何も知らないで観て、その後に一番しまったと思ったのは、

ウィットロックを誘拐した共産主義者たち。

これ赤狩りの関係者たちだったのですね。

「トランボ」観たのに…あせる

 

色々な人物がバタバタしている中、

最後まで芯が通っていたのがこの共産主義者たちのエピソードだったと思います。

もし西部劇から転向した若い役者がジョン・ウェインだったら、

彼は反共産主義者なので繋がるね。

 

そして意外な人物がソ連側に…ガーン

 

キャストの皆さんが豪華。

主演はジョージ・クルーニーでは無くて、ジョシュ・ブローリンですね。

2人とも顔が濃いです目

 

レイフ・ファインズやジョナ・ヒルの出番はごくわずか。

スカーレット嬢もそれほど印象は強くなかったですが、

ティルダ・スウィントンは2役でしかもギャーギャーうるさかく強烈でした。目

 

古い映画を知らなくても楽しめた場面は、

ミュージカル映画で歌って踊るチャニング・テータム。(これも元の映画があるそうです)

誘拐犯の共産主義者たちのうん蓄を聞くよりはダンスでしょう~音譜

 

結局、これは下調べしたり、昔の映画を知っている通な人が楽しめる作品だわ。

コメディだと侮ってはいけないわね…汗

う~ん、コーエン兄弟奥が深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

「アメコミは観ない」と言いながら、

ロキ様に会いたくて行って来ました。

 

2D字幕版ATMOS鑑賞。映画

一番大きな369席の箱でしたが、平日だったので10人も入っていませんでした汗

 

 

2017年

アベンジャーズのメンバーであるソー(クリス・ヘムズワース)の前に、邪悪な敵ヘラ(ケイト・ブランシェット)が出現する。ヘラはソーの武器ムジョルニアを破壊し、ソーを宇宙の果てへと飛ばしてしまう。とらわれの身となったソーは、脱出を懸けてチャンピオンと対決することになり、彼の前に現れたのは……。シネマトゥデイより

 

前2作は鑑賞済みです(記事には書いてないかも)。

 

今回はコメディ要素も大きいです。

そう思うと最初に出た来た炎の悪魔も全然怖く無いあせる

しかもロキは父親を地球の老人ホームに預けた設定って…目

 

ソーはお馬鹿みたいですが、

ロキが幽体脱離(?)するのをしっかり気が付いていますから、

意外と頭いいのかも。グッド!

 

少しだけどドクター・ストレンジャーが出てくるのも嬉しいです。

ソーとはまた違う力の持ち主。頼もしいわニコニコ

 

中盤の殆どが、グランドマスターに捕われたソーの場面ですが、

ここでハルクと出会うのが重要。

ハルクと出会わなければ、最後の闘いは危なかったです。

(でも私、ハルクの映画観ていないんだよね…汗

 

このグランドマスターの惑星にはたくさんの宇宙人がいますが、

捕われの身の奇妙な面々が何だか可愛いわ~

彼らも後半活躍します。

 

クリス氏はインタビューで、長髪のカツラが取れてすっきりしたと言ってました。

装着に1時間かかるそうです。

でも短髪もとてもお似合い。

あの筋肉を維持するのは大変でしょうね。

 

クリスが太マッチョなら、トムヒは細マッチョはてなマーク

でもロキは腕すら露わにすることはありませんでした。

 

今回の一番の悪役はケイト嬢ですが、

彼女はスクリーン映えする顔立ちで、

死神メイクがとっても美しかったですキスマーク

 

残酷な映像が無いのがいいですね。

悪魔も悪い宇宙人もどんどんやっつけてください。

現実逃避の映画には持って来いビックリマーク

 

そして、また話が続くのも遠くないのかな。

そんな終わり方でした。

ハンマーどうなったのか気になります。

あっという間の130分でした。ニコニコ

 

余談ですが、「BはブサイクのB」って、監督はどこで覚えたのでしょう…汗

 

 

 

 

 

 

 

 

厄日

テーマ:

週末の話。

 

仕事に出かける前に、車の中を片付けていました。

その時、車の電子キーを上着のポケットに入れました。

 

そのまま、トイレに行きました。トイレ

用を足して水を流したその瞬間、

めくれた上着のポケットから、便器の中に車のキーがポロリ。目

 

さようなら~パー

と、水と一緒にトイレの排水口に流れ去った車のキー。叫び

 

出かけるまでの10分間、

幾つかある汚水用のフタを開けてみましたが、

下水に流れてしまったのか、キーは見つからずドクロ

 

結局スペアキーで出かけましたが、

防犯システム上、電子キー以外でドアを開けた場合、

素早くエンジンをかけないと、大音量のアラームがなるのです。

以前、それを鳴らしてしまい、前の家のおばーさんがビックリして窓から顔を出しました。汗

 

車を買った整備工場に電話したところ、

電子キーを作るには、車検証や免許証のコピーが要り、

ディーラーでしかと作れないとのこと。

 

後日、車はディーラーに持って行ってもらい、

私は代車を借りて仕事に行きました。

鍵はまもなく出来ました。1万円弱の出費ですしょぼん

 

車屋さん、マヌケなおばさんがいるなと思ったでしょうね…汗

 

これからは絶対ポケットに入れません。

それにしても、こんな固まりが水と一緒に流れるのですね…