87年会 〜同世代で日本を元気に〜

1987年4月2日~1988年4月1日生まれの「同い年(同世代)」で日本を元気にしよう!という趣旨で運営しております。

公式HP:http://87nenkai.net


テーマ:

薄田1


薄田 典靖
株式会社てっぺん 取締役社長


1987年生まれ。現在は社長として、店舗に出るほか、事務・経営、他店の調査などをこなす。たまにある休日には、トレーニング、これからの仕事や飲食店の勉強を。尊敬する人は、親と『てっぺん』代表取締役大嶋啓介氏 




業界注目会社の2代目社長を任されるまで


「独立資金が貯まって起業しようと思っていたときに、たまたま親友が“日本一を目指している飲食店があるよ”って教えてくれたのが『てっぺん』。ちょっと修行しようかなと思って入りました。入社して2年間現場で働き、3年目で店長になったときに店の業績がすごく伸びたんです。それで社長をやってみないかと言われて」。薄田さんが、今年4月、入社5年目、26歳にして、飲食業界で注目される『てっぺん』の2代目社長を任されるまで——




 “世界一の都市”ニューヨークに憧れた高校生

 高校時代からとにかく社会に出たいという気持ちが強かった。学校以外の時間をバイトに費やし、月10万円を稼ぐような高校生。「高校を卒業するのがすごく楽しみで。社会人になったら自分の好きな仕事をなんでもできると思ったんです」。卒業後は、ニューヨークに行くつもりだった。「たくさんの夢や仕事、かっこいい大人、世界一が集まる場所がニューヨークだと思ってた。行ったことはなかったけれど、直感で。高校卒業直前に旅行会社に行って『ニューヨークまでの片道切符をください』って言ったんです。『パスポートとかビザとか持ってるんですか』って聞かれて、『そんなの持ってないです、とにかく行きたいんです』って(笑)」。

 

結局ニューヨークへは行かず入ったのが、海上自衛隊。「海上自衛隊に入るって友人がいて、雑談でおまえみたいなやつが入れるならおれも入れるって話をしていたら、それが自衛隊の人に伝わっちゃって。携帯に電話がかかってきたんです。“自衛隊には入らない、僕はニューヨークに世界一を見に行きたいんです”って話をしたら、海上自衛隊でもいろんなところに行けるところに配置してあげるし、お金を貯めながら勉強できる環境がきっとあるから、自分自身を磨けるからって。はじめは試験だけ、入隊して4か月の訓練期間だけ、ってい

ってたんですけど、結局3年間いましたね。その人が本当によくしてくれて、海外も6か国くらい行かせてもらいました」。

薄田2





“あきらめなければ必ず叶う”という思い

 

その後『てっぺん』に入社。社長に見込まれるほどの結果を出せたのはなぜなのだろう?「思いを形にする、あきらめなかったら絶対叶う、っていう気持ちは強いかもしれないですね。僕自身も思ったことを全部叶えてきたわけではないけれど、できないときってできないって思ってしまってるんですよね。できるときは、やるつもりだし、できるってわかってる。結局やるかやらないかですから。過程で絶対的な自信がないと実現しないですしね」

  思いが強いから、その思いのために「できる方法をめっちゃ考えて」実行しているから、叶わないときは心底悔しがる。「挫折感を味わったこともあります。うち、店長を選挙するんですけど、新入社員のときに立候補してなれなかったんです。納得いかなかった。店長になったメンバー前にしてふざけるな、絶対俺のほうがお前らよりやってきたって言って号泣。まあ酔ってましたけど(笑)。入って1年目のくせにね(笑)。でもそのときは本当に落ち込みました。その頃、僕遅刻しただけで号泣してたんです、自分が許せなくて悔しくて。周りにもすごく厳しかった。できないんなら出て行け、っていうそういう感じ。いろいろ経験して今は人の気持ちを考えられるようになりましたけどね(笑)」

 

薄田3




ナンバーツーとして支える

 現在の『てっぺん』は、創業者である前社長が代表取締役としてもう一つの事業であるセミナー事業に集中し、店舗の営業は社長の薄田さんがみる。「さらにいいてっぺんをつくるために協力をしてくれないか、と打診されて社長を引き受けました。いまいちばんやりたいことは、代表取締役の大嶋を“日本でいちばんの男”にすること。いままで自分のやりたいことしかやってこなかった人生だから、誰かを応援するということをやってみようと」。

 

今後の展望として、海外にも目を向ける。「『てっぺん』は、韓国にもバンコクにもあるんです。日本の企業が海外に進出するのは当たり前になっているし、どんどん進出していく必要があると思っています」。海外といえば、高校時代に恋い焦がれたニューヨークへはまだ行っていないという。「大切にとってあるんです。早くて3年後には行こうと思っているんですが。でも今は、単純に“行きたい”というよりも、“出店してみたい”という気持ちですね」

薄田4





編集協力/根橋明日美






薄田5


編集後記
「周りの人に恵まれてる」という薄田さん。家族の影響も大きい。「親父が元経営者で会社を2回倒産させてて、僕が小さい頃、借金が1億円近くあった。でも親父は『人生なにがあってもやり直しはきくから』っていつも言ってます」。祖母の言葉も大切にしている。「小さな頃から『本当に典靖は立派。お前はほかの人とは違うからお前なら大丈夫』って。いまだに落ち込んだときには電話しますね」 

 


薄田6


 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

87年会〜同世代で日本を元気に〜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。