35歳までに結婚しなければ、積み立て資金が解約に!


結婚資金の消滅をきっかけに、リサの婚活がはじまった!

飲み会、異業種交流パーティ、紹介・・・
ありとあらゆる出会いを経て、気づいたことは・・・?

とうとう見つけた運命の人とは・・・?



☆★6/10講談社から書籍発売★☆  
↑ 運命の人を探しての全てが分かります!


書籍の紹介・掲載先一覧は、ルームに随時更新しています。

アコムランドで、エッセイ「恋愛ドック」好評連載中!!

↑ 犬のバナーが目印




第一話から読む ←・・・・・記事上または下のぺージ番号の多い方から順にクリックして、読み進めていけます。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-16 15:23:30

●出会い その3

テーマ:ブログ

出会い その1 はこちら 
      その2 はこちら

 

「ライブの途中ですが、ここで一曲、友達のシンガーに歌ってもらいます。」

 

Rくんが、客席から一人の女性をステージに招き寄せた。
ゴトゴトと椅子を動かす音がして、
赤いニット姿の女性が、笑みをうかべながら前にでてきた。

 

年のころは・・・、60代、いや70代かもしれない。
ふくよかで、というより太っていて、
ニットもずいぶんと、着古した様子。
失礼を承知で言うなら・・・
シンガーというより、

スーパーで買い物中のおばさんという感じ。

 

「彼女は、ふだんは、九州にいるんですけど、
震災のイベントで共演させてもらったときに、
すごく感動して、それ以来のつきあいです。
今日は、たまたま東京に来ているというので、
僕のライブに来てもらいました。それでは、何かお願いできますか?」


彼女は、背中をまるめて、恥ずかしそうにマイクを受け取った。

 

「こんな若い女性たちの前で歌えるなんて嬉しい。
じゃあ、聴いてね」

 

♪~~~ ♪~~~~ ♪~~~~~

 

 

初めてだった。

 


♪~~~ ♪~~~~ ♪~~~~~

 

 

 

 

私は、自分でも驚くくらい、号泣してしまったのだ。

 

歌は、坂本九さんの「上を向いて歩こう」

はじめ、歌っているのかも分からないほどかすれていた声に
なぜか、どんどんひきこまれ・・・
全身から、詞の世界があふれでてきて、
目の前に夜空がいっぱいに広がるのを感じた。

 

 

 

世の中には、
こんな歌があるのだ。


「リサ、大丈夫?どうしたの?」
隣にいた佐知子は、私の嗚咽を聴いて驚いていた。

 

はちきれんばかりの拍手の中、背中をまるめたままで席に戻った彼女は、
気持ちよさそうに目を閉じた。

 

どうしよう、彼女から目が離せない。

 

話しかけたい・・・

 

でも・・・

 

でも・・・

 

でも・・・


ここでいかなきゃ後悔する。
 


ステージが終わり、佐知子がトイレに行っている間に、
私は、思い切って席をたち、彼女のそばへ歩み寄った。

 

「あの、素晴らしかったです」

 

「まあ、ありがとう。」

彼女は、お酒で赤くなった顔で私を見上げた。

 

「どうやって、歌っているんですか」

言ってから、なんという質問なのかと思ったが、
彼女は意味を取り違えたようだった。

 

「歌わせてくださいってお店に頼んで、歌ってるのよ」

私が、口ごもっていると、

「だって、頼まないと歌えないもの。3年前、夫が亡くなってから歌おうって決めたの。
まだヨチヨチのシンガーで~す。」

と、茶目っ気たっぷりに首をすくめた。


次回へつづく・・・こちらも

           いいね よろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。