ヒェー、知らなかった!

ほとんどの部門でグランプリ独走中

~安倍総理!!!




イメージ 1

祝!『おまえが言うか大賞』グランプリ決定

http://ameblo.jp/64152966/entry-11981039021.html




今年1月に、『おまえが言うか大賞』のグランプリに決定した

ばかりの安倍総理ですが・・・

しかし、私が甘かった。

他の部門でも独走中だったとは・・・絶句!



もみじ

弓削 亮三さんのフェイスブックより 2014年6月28日

これが安倍違憲首相の実績です。スゴイですね。

GDP下落率----------------歴代総理中第1位
自殺者数------------------歴代総理中第1位
失業率増加----------------歴代総理中第1位
倒産件数------------------歴代総理中第1位
自己破産者数--------------歴代総理中第1位
生活保護申請者数----------歴代総理中第1位
税収減--------------------歴代総理中第1位
赤字国債増加率------------歴代総理中第1位
国債格下げ----------------歴代総理中第1位
不良債権増----------------歴代総理中第1位
国民資産損失--------------歴代総理中第1位
地価下落率----------------歴代総理中第1位
株価下落率----------------歴代総理中第1位
医療費自己負担率----------歴代総理中第1位
年金給付下げ率------------歴代総理中第1位
年金保険料未納額----------歴代総理中第1位
年金住宅金融焦げ付き額----歴代総理中第1位
犯罪増加率----------------歴代総理中第1位


貧困率--------------------ワースト5国に入賞
民間の平均給与------------7年連続ダウン
出生率--------------------日本史上最低
犯罪検挙率----------------戦後最低
所得格差------------------戦後最悪
高校生就職内定率----------戦後最悪

自己破産件数の推移:
件数 前年比 増減率
H5 43,545 401 0.9
H6 40,385 -3,160 -7.3
H7 43,414 3,029 7.5
H8 56,494. 13,080 30.1
H9 71,299. 14,805 26.2
H10 103,803 32,504 45.6
H11 122,741 18,938 18.2
H12 139,280 16,539 13.5
H13 160,457 21,177 15.2←小泉内閣
H14 214,638 54,181 33.8←小泉内閣
H15 242,357 27,719 12.9←小泉内閣
H16 211,402 -30,955 -12.8←小泉内閣
---------------------------------
計 1449,815人
最高裁判所集計:
www.zenkinren.or.jp/toukei/img/siryou06.pdf

【増税】 (すでになされたもの)
70歳以上定率1割負担等 2,000億
雇用保険料引き上げ 3,000億
健保保険料引き上げ 10,300億
健保本人3割負担 4,000億
介護保険料の値上げ 2,000億
失業給付額の削減 3,400億
たばこ税の増税 2,600億
配偶者特別控除の廃止(所得税) 4,790億
厚生年金等の保険料引き上げ6,000億
老年者控除の廃止(所得税) 1,240億
配偶者特別控除の廃止(住民税) 2,554億
国民年金保険料引き上げ 400億
雇用保険料引き上げ 3,000億
所得税・個人住民税の定率減税縮小・廃止 40,000億 (サラリーマン増税)

1.生活保護受給世帯
1992年→2005年2月(小泉内閣)
58万5972世帯→101万6341世帯
89万8499人→144万7807人

2.完全失業者・失業率
1992年→2004年(小泉内閣)
142万人→313万人
2.2%→4.7%

3.フリーター(35歳まで)
1991年→2001年(小泉内閣)
182万人→417万人

4.非正規雇用(パート・派遣等)
1994年→2003年(小泉内閣)
22.8%→34.6%

5.自殺者
1993年→2003年(小泉内閣)
2万1851人→3万4427人


<引用終わり>
---------------------------------------------


まだまだあるなぁ~


ツイッター ~より


「報道の自由」日本の順位~安倍のところがどん底。

https://twitter.com/youarescrewed/status/566194854196027393






これを初めて知った時の衝撃ったらないよ。
基本的人権の項目を無くすって恐ろしすぎるよ。
先進国じゃないし民主主義でもない、独裁国家。
RT : リツィート出来なくなっているから、貼っておきます






ベル


「日本人を救えないような憲法なんて、もういらない」

と産経抄の筆者は書いた。

ならば問う。

陸海軍の海外派兵も海外出動も自由自在の大日本帝国憲法は、

日本人を救ったか。

https://twitter.com/jomaruyan/status/565868223078211587



---------------------------------------------



ツイッター ~より

https://twitter.com/hanayuu/status/562889813876293633


戦争遂行のためのプロパガンダ

国家が戦争を遂行するためには、

国民に戦争するしか道がないことを信じ込ませるために

国策プロパガンダが頻繁に行われる。

イギリスの政治家アーサー・ポンソンビーは、第一次世界大戦で

イギリス政府が行った戦争プロパガンダを分析して、

主張される事に関する10の要素を以下のように導き出した。

  1. われわれは戦争をしたくはない。
  2. しかし敵側が一方的に戦争を望んだ。
  3. 敵の指導者は悪魔のような人間だ。
  4. われわれは領土や覇権のためではなく、偉大な使命(大義)のために戦う。
  5. そしてこの大義は神聖(崇高)なものである。
  6. われわれも誤って犠牲を出すことがある。だが、敵はわざと残虐行為におよんでいる。
  7. 敵は卑劣な兵器や戦略を用いている。
  8. われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大。
  9. 芸術家や知識人も正義の戦いを支持している。
  10. この正義に疑問を投げかける者は裏切り者である。

フランスの歴史学者であるアンヌ・モレリは、

この十要素が第一次世界大戦に限らず、

あらゆる戦争において共通していることを示した。

そして、その著作の日本語版の辞の中で、

「私たちは、戦争が終わるたびに自分が騙されていたことに気づき、

『もう二度と騙されないぞ』と心に誓うが、再び戦争が始まると、

性懲りもなくまた罠にはまってしまう」と指摘している。


--------------



新聞に載らない内緒話さんより

http://www.abn-tv.co.jp/column/naisyo/?id=1835


◆◆◆◆◆

もちろん、国民は戦争を望みませんよ。

運がよくても無傷で帰ってくるぐらいしかない戦争に、

貧しい農民が命を懸けようなんて思うはずがありません。

一般国民は戦争を望みません。

ソ連でも、イギリスでも、アメリカでも、

そしてその点ではドイツでも同じことです。

政策を決めるのはその国の為政者です。

…そして国民はつねに、その指導者のいいなりになるように

仕向けられます。

国民に向かって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、

平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。

このやり方はどんな国でも有効ですよ。

(ヘルマン・ゲーリング=航空相・国家元帥

=「ニュルンベルク軍事裁判=白幡憲之訳、原書房から引用)

◆◆◆◆◆

どんな時代であれ、またどんな所であれ、

〈国家に仕える国民を作ろうとしている。計画し、仕込み、

ひとつ方針の教育をして、社会の仕組みや経済にそのままついてくる

国民を育てている。

……いつの時代にも、政治の世界や実業界や、マスコミで権力を

握る連中は、この種の「新しい人」を作ろうとするんだよ。

そしてこういう「新しい人」が仕えて繁栄した国家は、いつの時代にも

長続きしなかった。

周りの国々を悲惨なことにした上で滅びた。

……ところが今また、もう一度やろうとする連中が出てきているんだ。〉

「二百年の子供」(大江健三郎=読売新聞・平成15年11月30日付けコラム

「井上ひさしの読書眼鏡」から引用)



---------------------------------------------



ツイッター ~より

https://twitter.com/kuroda06sayuri/status/563596147051077632

徴兵制の準備だね、

貧乏な若者達派遣社員増加策で兵士を集めるイスラエルとそっくりよ。

→文部科学省発表「奨学金の返還に苦しむ人達に防衛省で就業体験を」

ameblo.jp/takumiuna/entr "







管理人


同じ職場に勤めている若い女の子が、少し興味を示したので、

私のブログ記事へのアクセス方法を教えてあげたのですが、

どうせ見ないだろうと思っていたところ、数日して見たと私に

話してくれました。

ただ、内容が難しくて、直ぐに、投げ出したと言っていました。

多分、大部分の若い人は、この若い女の子と同じ様なものでは

ないかと私なりに感じました。

毎日、テレビのバカ番組ばかり見せられて、思考回路がどんどん

退化しているのかもしれません。

学校教育などは、その典型でしょう。

詰め込んで与えるだけの押し付け教育。

何かに疑問を持つとか、深く感じるとかの人間の根幹に関わる

ものは、一切、受験の無駄になるものとして捨て去られてしまう。

学校を卒業したら、今度は、その役割を受け持つのは、

ろくでもないテレビであり、テレビゲームだったりします。

このようにして、何も考えたくない、感じたくない人間が

大量生産され続けています。

最も、これとて、戦後からの一貫したバカ国民製造計画であるとか。

そして、結局は、その先に悲劇が待ち受ける事になります。

幾ら、ネットの人間が次々と覚醒していったとしても、

圧倒的大多数の日本国民がこの惨状では、

如何ともし難い現状に、あきらめの気持ちさえ漂います。

ただ、大きなチャンスは必ずやって来ると私は信じています。

闇の権力者は、ネットの人間を最も恐れ、そして警戒しています。

その世界の人間さえ居なくなれば、どうとでもなると

タカを括っているはず。

我々への弾圧は、時間の経過と共に、熾烈になって来るでしょう。

しかし、我々が団結する流れは、未だに起こっていません。

ネットからの有力情報の発信が、危急存亡の危機に置かれた時、

日本が本当の危機をむかえる時ではないでしょうか。

様々に個性豊かなネット市民諸氏が、大同団結する日は、

果たして、やって来るのか・・・



もみじ

ツイッターへのデータ提供要請、14年後半は急増 日本は3位

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150210-00000008-jij_afp-int













AD

コメント(23)