報道ステーション、岩路真樹ディレクター

「最後の仕事」、そして、二人の警察幹部の自殺





きむらゆい ‏@yuiyuiyui11 さんのツイート

https://twitter.com/yuiyuiyui11/status/507515148509007872

報ステで8月13日報道された福島県田村市の民家の庭で

見つかった汚染廃棄物/この報道は4月に放映予定だった。

この8分間の放映に岩路ディレクターは命を掛けたのだ。

私は怖くて仕方が無い。この国は何処へ向かっているのか。





つながり・・・?


福島県警捜査2課の2人相次ぎ自殺
http://www.asahi.com/articles/ASG5131QQG51UGTB001.html

福島県警捜査2課の男性警視(52)と男性警部(51)が
4月下旬に相次いで自殺していたことが1日、県警への取材でわかった。
2人は上司と部下で、県警は自殺の理由と関連について調べている。

県警幹部によると、課長補佐の警部は4月28日朝、
福島市の県警山下庁舎内で首をつって死亡していた。
遺書があり、仕事上の悩みも書かれていた。
なりすまし詐欺事件などを担当していた。
「事件化するのが難しい」と家族に悩みを漏らしていたという。

同課指導官の警視は29日から行方不明になり、
30日午前に山形県内に止めた乗用車の中で首をつって死亡していた。
遺書が見つかり、亡くなった警部に寄り添えなかった、
との趣旨が記されていたという。

<引用終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


管理人

乗用車の中で首をつって死亡していたと・・・
このような、自殺としては、ほとんど有り得ないような事件を
平気で自殺と報じる度し難いマスコミの在り様を何と云えばいいのか!?
もはや、論じるにも値しません。

この二つの事件は、報道ステーションが、テレビ放映するはずだった
汚染廃棄物の問題と少なからず関係があるのではないかと疑わせるに
十分であると感じさせられます。
報道ステーションとこの二人の警察幹部は、連絡を取り合っていた
可能性すらある訳ですが、二人の急死が原因で、テレビ放映を急遽、
一時的に中止したと考えられなくもありません。

そして、報ステで、問題の事件が8月13日に報道された訳ですが・・・
それから19日後の9月1日に自殺を装って殺されたと関連づければ、
その全てに説明がついてしまうので、ホント恐ろしい話です。
無論、今は推測の域を出ない訳ですが・・・


以下の動画は、見れる人はなるべく早く見ておいて下さい。
例によって、削除される可能性が高いです。


岩路真樹ディレクター追悼映像 2014.9.3
https://www.youtube.com/watch?v=PWPN6ZiHyXM

この動画は限定公開です。↑ 必見

概要


岩路さんのご冥福を心からお祈りいたします!

2014年8月13日 (水)
◆庭に埋められた大量のごみ…除染作業での不法投棄か


福島第一原発の事故で放射性物質が付着した地域の除染作業。

この時に出た廃棄物を庭に­埋めたという内部告発が あった。

現場は、福島第一原発から約20キロ離れた福島県田村市の住宅。

地権者が避難­している去年7月に除染が行われた。

去年11月、地権者の許可を得て 庭を掘ると、告発通りに

ビニールや瓶などのごみが出てきた。

除染を行った業者は「除染­前から埋まっていた」と主張。

しかし、地権者は重機も使えず「埋めて ないし、『埋めてくれ』とも

言っていない」と話す。

「掘り返して確認してほしい」と地­権者は市や警察に訴えたが

対応はなかった。

そこで地権者の要請を受 け、我々が再び掘り返したところ、

ビニールやプラスチックだけでなく、トタン板やタイ­ヤまで出てきた。

なぜ、こんなことが起こったのか。

業者を直撃すると 驚くべき実態が明らかになった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



管理人


1980年代から90年代にかけて、大きな問題が持ち上がった。

バブル全盛の時の話である。

大都市近郊の山々に、産業廃棄物が違法に埋められていると。

テレビで、その特集を見たことがあります。

雨降りの後、山のある一角から、もうもうと白い煙が立ち上がる。

産業廃棄物が化学反応を起し、熱を発しガスとなっていた訳です。

大都市近郊の山々には、無数にそのような場所があるらしい。

つまり、大都市の水は、その頃より、汚染されていたという訳です。

ダイオキシンなどの環境ホルモンが、地下水を通して、貯水池に、

田畑に流れていったのです。

実は、産業廃棄物の処理費用というものは、大変高くつきます。

だから、行政から支払われる処理費用も当然高額になります。

悪い産廃業者にとっては、まさに、金の成る木だったのです。

定められた通常の手続きに従がってやるのが決まりですが、

やったという風に捏造し、実は、それらの産業廃棄物を

まとめて、山奥の空き地に埋めていたのです。

そうする事によって、かなりボロい儲けになった。

ほとんど、坊主丸儲けの世界だったのではないでしょうか。

ただ、そういった悪徳産廃業者というものは、大抵の場合、

893とつながっていて、暴力団の重要な資金源となっていました。

だから、みんな怖いので、追及するのを避けて来た訳です。

今回の放射能汚染した廃棄物の処理というものは、恐らく、

通常の産業廃棄物と同等か、それ以上に、お金になっていた

可能性がある訳ですが、実際はどうなっているのでしょうか?

避難区域に埋めてしまえば、誰にも分からないといった理屈で、

昔の山奥の空き地に埋めたのと基本的な原理は全く同じです。

ところが、今回は、たまたま発覚してしまった。

福島の除染作業というものは、もしかすると、よってたかって、

食いものにされていた可能性があります。

もちろん、一部の悪い人達によってという意味です。

ただ、私は、関与しているのが、893だけとは到底思えないのです。

原発マフィアと893が深い関係があるのは、多くの人が知っています。

しかし、それだけではありません。

893と行政や警察との黒い噂も後を絶ちません。

実質、福島を支配しているのは、原発マフィアです。

ですから、関係が無いほうが、寧ろ、おかしい。

裏では、実は、み~んな、お仲間さんだったりして・・・。

無論、政治家も無縁である訳がありません。

福島で暴かれては大変困る何かがあったのか!?

福島県警の幹部二人と報道ステーション、岩路記者・・・

この両者をまとめて始末出来るのは・・・

893のみが関与しているとは、ちょっと思えないのです。

報道ステーションの甲状腺癌特集なんてのもありましたし、

不正除染作業の問題だけではない可能性もあります。

もっと云えば、諸々、幾つもの不都合な問題があったと・・・

岩路記者は、実は、不正除染事業のもっと大きな闇を掴んでいて、

検証作業を行なっていて、これから先、この問題が、更に、

大きく拡がって行く可能性も実はあったのでは・・・。

そこで、警告と口封じが同時に行なわれた可能性。

警告というのは、報道ステーションのスタッフだけに止まらず、

一部のジャーナリストや週刊誌に向けての意味合いも

当然あったと思います。

これ以上、福島と除染事業や復興利権に立ち入るな!・・・・と。

恐るべき原発マフィアの奥深い暗部という意味では、

893と闇の工作部隊が真っ先に脳裏に浮かぶ訳ですが、

再度、

福島県警の幹部二人と報道ステーション、岩路記者・・・

この二つのケースについてですが、

極めて計画的に思えるし、組織性、政治性を感じさせます。

従がって、とても、893だけの仕事とは思えないのです。

皆さんもそうは思いませんか・・・

ところで・・・

闇の工作部隊といっても色々な組織があります。

最もポプュラーなのは、ハニートラップ。

電車などで痴漢行為をしたと冤罪をしかけられるやつです。

植草さんのケースもこれに該当します。

これは、警察のある一部が受け持ちです。

その事は、誰でも知っている既成の事実ですが、

恐ろしいのは、それだけに止まらないという闇の部分です。

他にも、違う様々な工作を担当する部隊も当然ある訳でして・・・。

警察の闇も自衛隊の闇も本当に恐ろしい。

皆さんも薄々は気付いておられる事と思います。

パンドラの箱を開けようとしたものは、いずれ消される。

しかし、いつか、その闇が明らかにされると信じたいものです。

以下に、日本社会のその闇の一端を垣間見ることが出来る。

http://plaza.rakuten.co.jp/topsecretx/diary/200802250000/





2014年09月05日


報道ステーション、岩路記者「最後の仕事」にまた涙

http://www.imanishinoriyuki.jp/archives/40682019.html

~より



岩路記者1



い







【速報】報道ステーションのテロップが岩路真樹ディレクターの自殺

を意味してるのではと話題に





AD

コメント(27)