ユダヤ人大量殺戮の真犯人!?

テーマ:
ユダヤ人大量殺戮の真犯人!? 





麻生元総理が失言うんねんで批判されています。
ユダヤの人権団体サイモン・ウィゼンタール・センター
こそ同胞ユダヤ人の大量殺戮の真犯人だということは明白。




tacodayoのブログさんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/6333812.html

<一部転載>


以下は
ナチスとシオニストの協力関係
からの引用です。

■ 同化主義ユダヤ人と異化主義ユダヤ人の対立

●シオニストたちが最も恐れていたこと、
それは反ユダヤ主義者たちの策動ではなくて、むしろ、
世界のあちこちに散らばっているユダヤ人たち(ディアスポラ)
が彼らの民族としてのアイデンティティを失って、
それぞれの住む国家社会に「同化」してしまう、ということだっ た。

●金沢大学教授で中東現代史専攻の前田慶穂氏は、
『ユダヤ人とは何か/ユダヤ 人1』という本の中で、
ナチスとシオニ ストの協力関係を指摘している。
「ナチ党が政権を獲得した直後の1933 年、
『世界シオニスト機構』の議長代理だったユダヤ人ヨアヒム
・プリンツはこう書いていた。
『強力な勢力(ナチス)が我々の支援に訪れてくれ、
我々を改善してくれた。同化論は敗れた』と。」

●このナチスがユダヤ人の組織を「支援に訪れた」とは、
意外も意外の表現だが、これには切実な理由がある。
当時のユダヤ人社会の中には、西欧文化に「同化」しよう
とするユダヤ人と、「異化」してイスラエル共和国の建国を
めざすシオニスト・ユダヤ人との対立があった。
狂信的な「異化」論者のシオニスト・ユダヤ人にとっては、
「同化」論者のユダヤ人こそが、打倒すべき当面の敵であったのだ。
だから、ユダヤ人全体の排斥を政策とするナチスは、
「敵の敵は味方」という戦国の論理で、「味方」に
位置づけられたのだ。

●実際、第二次世界大戦が起こる前、ユダヤ人の大半は
シオニズム運動に無関心であった。 これは数字にも表れている。
1880年から1925年の間に、アメリカへ移住したユダヤ人400万人
に対し、パレスチナへの移住者はたった15万人しかいなかった。
当時、西欧や東欧のシオニストたちが提唱するようなユダヤ国家
建設に興味を示すユダヤ人は少数グループであった。
ユダヤ人の大半は、ユダヤ国家建設など、あまりにも現実離れ
しすぎた妄想的計画だとみなしていた。
それよりも自分たちが住む国家社会に「同化」することのほう
が大事だと思っていた。
(中略)

■ 同胞を裏切ったシオニスト・ユダヤ 人

●ユダヤ人のベン・ヘクトが、1961年に書いた
『裏切り』は、第二次世界大戦中にシオニストたちが、
同胞ユダヤ人の抹殺にどれほど協力したかをあからさまに
暴いたものである。

彼の証言によるとシオニストはヨーロッパの正統派ユダヤ教徒
(同化主義ユダヤ人含む)を犠牲の生け贄にしたという。
狂信的な「異化」論者のユダヤ人たちは、同胞である正統派
ユダヤ教徒を裏切ってイスラエル共和国を建国したと告発しているのだ。

彼の主張によれば、これらシオニスト指導者たちは、
前もって同胞の虐殺が行なわれる時期、方法、場所を知っていたが、
犠牲者たちに警告することを拒んだ。なぜなら彼らの関心事は、
ユダヤ人を1人でも多く救うことよりも、
パレスチナにイスラエル国家を建設することの方に
向けられていたからだという。

ベン・ヘクトは語る。
「エルサレムやロンドンやアメリカの臆病なユダヤ・ロッジの
メンバーたち……これらのシオニスト指導者たちは、抗議もせず、
ただ無関心に、彼らの何百万人の同胞が焼かれ、首を絞められ、
吊り下げられるのをそのままにしていた。」

以上引用終わり。

こうして、シオニスト・ユダヤ人はナチス・ドイツと組んで、
同胞ユダヤ人を迫害、抹殺していきます。

(画像略)


以下は
ベラスコの告白 ― 広島原爆はナチス製だった
からの引用です。

実は、ナチ(NAZI)という語は、ヘブライ語 で、
ユダヤ人らの言葉であり、ドイツ語ではないのだ。
民族主義の気運をドイツ国内に作り出したのは
ユダヤ系ドイツ人らであった。
(中略)

一般に、「ナチ(NAZI)」という呼称は、当 時の政敵、
後には連合軍が使った蔑称であると説明されている。
しかし、別の裏情報によると、 「ナチ(NAZI)」の本当の意味は、
「国際シオニスト連盟
(National Association of Zionist International)」
だという。

以上引用終わり。

以下は
イルミナティ 世界を強奪したカルト
からの引用です。

アドルフ・ヒトラーの祖母は、ヒトラーの父、アロイスを
身ごもった際に、ウィーンのロスチャイルド家との雇用関係
を断っている。
(中略)

グレッグ・ハレットは著書『ヒトラーは英国の工作員だった
※ Hitler Was A British Agent』で、ヒトラーの祖父が
ネイサン・マイヤー・ロスチャイルドであると記している
(※タコ注:ダンケルクで英仏軍を見逃した事で証明されます)。
ヒトラーの祖母マリア・シクルグルーバは、ロスチャイルド家の
ウィーンの屋敷で女中をしていた時、“悪魔崇拝の儀礼強姦”に
よって「恐怖の内に」、ヒト ラーの父アロイスを身ごもった。

ヒトラーの義理の姉のブリジット・ヒトラーは、
ヒトラーの実妹パウラのこんな言葉を引用している。
「(アドルフが)人種政策を始めてから、アドルフと私には
祖父がいないの。望めば誰だって、そこから美味い取引が
出来るはずよ。」 (以上『ブリジット・ヒトラーの回想録』 より)

ネイサン・マイヤー・ロスチャイルドの息子、
アロイス・ヒトラーは姪のクララと三度目の結婚をし、
彼女がヒトラーの母親になった。

アドルフ・ヒトラー、「祖父はユダヤ人と暴露する」と
甥からブラックメールを受けていた
から引用です。

1930年代後半に、ヒトラーの甥が、
『ヒトラーの父方の祖父がユダヤ人の商人であった。』 事を
メディアに暴露するとして、総統をゆすっていたという。


以下は
「キリスト教シオニ スト」の実態
からの引用です。

●シオニズム運動とは、パレスチナの「シオンの丘(ZION)」
(=聖地エルサ レム)にユダヤ人の国家を公的に建設る事を
目標とするものである。

一般に、ユダヤ人テオドール・ヘルツルが、シオニズム運動の
父として知られているが、広義の意味での“シオニズム運動”の
本当の「創始者」ではない。
本当の創始者は、ユダヤ教徒ではなく、それより300年前の
イギリスに住んでいたプロテスタント(タコ注:典礼的には
カトリックと全く同じです。単純に言えば離婚問題で破門されただけ。)
・キリスト教徒だったのである。

これは非常に重要なポイントである。


●キリスト教にもシオニズム運動は存在し、
ユダヤに劣るとも勝らない強烈なシオニズム信奉者が存在する。
そして、驚くべきことに、
現在アメリカのキリスト教シオニストとユダヤのシオニストは
「同盟」を結んでいる。この同盟関係を知ると、
パレスチナ問題の根がより深いところに根ざしていることに気付く。
(中略)

●宗教改革以前は、全ての西欧キリスト教徒はカトリックで、
聖アウグスティヌスその他が説いた「聖書の中には文字通りでは
なく寓意的に解釈すべき箇所がある」という見解を普通は受けいれ
ていた。例えば、
「シオンの丘(ZION)」は天国、あの世にあって、
我々全ての人間に等しく開かれており、
この地上にあってユダヤ人だけが住むべき場所ではないという考え方だ。
しかし、宗教改革以後、プロテスタント・キリスト教徒たちが唐突に
「ユダヤ人は全てパレスチナへ移住せよ!」などという、
およそ正統派キリスト教神学では主流になどなったことのない
考え方を支持し始めたのである。
(中略)

そして、17世紀半ばまでには、
プロテスタント・キリスト教徒たちは
「ユダヤ人はすべてヨーロッパを離れてパレスチナへ帰るべきだ」
と断定する論文を発表し始めていた。

新たに確立したピューリタン共和国の「護国卿」となった
オリヴァー・クロムウェルは、パレスチナにユダヤ人が帰還すれば
「キリスト再臨」の序曲になると明言した。

(画像略)


●1655年にドイツに生まれたプロテスタント・キリスト教徒、
パウル・フェルヘンハウエファは『イスラエルヘのよきユダヤ知らせ』
の中で、「キリスト再臨」の際には人はイエスを彼らのメシアとして
受け入れるだろうと宣言した。
これを証明する前兆は、「神が無条件にアブラハム、イサク、
ヤコブと交わされた約束で永久にユダヤ人に授けられた彼ら自身の
国へ、彼らが永住覚悟で帰還することだ」と書いている。
(中略)

●また、児童労働者、精神異常者、受刑者らにもっと人間的待遇を
与えることを主張する運動を起こして「偉大な改革者」として有名な
第7代シャフツベリー 伯爵アントニー・アシュリー・クーパー卿は、
1839年に「すべてのユダヤ人はパレスチナへ移住すべきだ」と書いた。

彼は『ユダヤ人の現状と展望』という論文を発表、
「ヘブライ人種」のことを心配しているものの、非ユダヤ救国に
居住する以上ユダヤ人はいつまでも異邦人のままだという理由で
彼らをヨーロッパ諸国で同化・解放することには反対したのである。

このクーパー卿は、「キリスト再臨」という「神の計画」で
ユダヤ人が枢要な役割を果たすと見ていた。彼の聖書解釈では、
「キリスト再臨」はユダヤ人がパレスチナに移住し、
そこにユダヤ国家を再建しないと実現しないと考えていた。
クーパー卿はすべてのユダヤ人をパレスチナに移住させるという
「神の計画」を推進する上で神に手を貸すべきだと確信して、
「ユダヤ人は頑固かつ陰険な連中だし、道徳的退廃、頑迷、
無知のどん底に落ちて福音の何たるかも分からない始末だが、
それでもキリスト教徒が救われる希望を左右する存在なのだ」
ということを、イギリス人同胞に叩き込むことを自分の課題に
していたのである。

●しかし困ったことにクーパー卿は、そもそもパレスチナに当時、
パレスチナ人が住んでいるかどうかをわざわざ調べようとは
しなかったし、自分のものでもない民族や土地を勝手にユダヤ人に
くれてやることをまるで気にしていなかった。
あっさりとパレスチナの土地が獲得できると書いているのである。
彼の言葉を使うと、パレスチナは
「国のない民に与えられるべき民のいない国」
というわけだったのだ。

後にこの言葉はシオニスト・ユダヤ人によって、
「土地のない民に与えられるべき民のいない土地」という
言葉に作り変えられた。
(中略)

●ところが肝心のヨーロッパのユダヤ人たちは、自分らの住み
慣れた土地を離れてパレスチナに移住したがる者はほとんど
いないか、皆無に近かったのだ!

以後150年間にわたってシオニズムを唱え続けたのは、
大半はイギリスで、むろん他のヨーロッパ諸国でもそうだったが、
さらに後には驚くほどの規模でアメリカで、
もっぱらキリスト教徒だったのである。
なかでもプロテスタント・キリスト教徒は、パレスチナは
ユダヤ人のものなのだから、ユダヤ人は全てそこへ移住し、
異教徒と分かれて暮らすべきだと熱心に主張し続けた。

(しかしながら、)結局、1世紀半もの間、西欧帝国主義運動
のリーダーたちであるキリスト教徒らは、このユダヤ不在の
シオニズムにユダヤ人からの支持を得られなかったのである!
(タコ注:というわけでプロテスタント発祥の地ドイツで、
ユダヤ人迫害が大規模に始まったわけですね。(ToT) チャンチャン)

●レジャイナ・シャリフは『非ユダヤ人シオニズム』の中で、
キリスト教シオニストは敬虔さの背後に「政治的動機」を持って
おり、彼らにとってはこの動機こそ最初から宗教信念より遥かに
重要だったと強調している。

●まあ、そんなことがあるにせよ、パレスチナにイスラエル
共和国が建国された現在、シオニスト・ユダヤ人たちの多くは、
初期のシオニズム運動においてプロテスタント・キリスト教徒が
ユダヤ人以上に熱心に行動してくれたことに
「感謝」しているのである。
イスラエル共和国の建国を達成できたのは、
キリスト教シオニストらの手助けのおかげだといっている。

●アメリカがかたくなに親イスラエル政策を実施する原因として、
アメリカがユダヤ系のメディアや政治家などの強い影響下に
あるためだと説明される場合がある。
しかし、それだけが原因ではないだろう。
シオニスト・ユダヤ人と利害関係を共にする
キリスト教原理主義勢力
(ファンダメンタル・プロテスタント勢力/キリスト教右翼勢力)
がイスラエルを賛美し、アメリカ国内で巨大な勢力を誇っている
ことも大きな要因になっていると いえる。

彼ら「キリスト教シオニスト」たちは、
「キリスト再臨」のためには、イスラエルが中東に建国される
ことが不可欠な要素だと信じこんでいるのだ。
イスラエル建国(タコ注:と、第三神殿建設)は「キリスト再臨」
のための重要な第一歩だと盲信しているである
(タコ注:しかしその神殿は世の終わりの大地震で壊れることは
既に当ブログの「神様の計画」で見た通りです)。

そしては自分たちこそ神に選ばれた人間(選民)であり、
罪深い人間が全て滅ぶようなハルマゲドンが襲来すれば、
世界から人類が姿を消した後、自分たちだけが生き返ると
信じている。
この彼らの世界観は一般に「天啓史観」と呼ばれている。
(中略)

ここに、パレスチナ問題の複雑さがある。

●カリフォルニア大学の政治学教授スティーヴン・
スピーゲルは、次のように 主張している。
「ユダヤ人グループがどれだけアメリカの政治に干渉して
いるかという面ばかりを見るのは誤りで、
むしろキリスト教シオニスト・グループのほうが、
アメリカ政府の対イスラエル政策形成に真の影響力を
持っているのだ。」



イスラエル国内で迫害される  ユダヤ教正統派

$wantonのブログ

$wantonのブログ



以下は
イェドヴァブネの闇
からの引用です。

今からちょうど60年前、ポーランド北東部の小さな町、
イェドヴァブネで、ユダヤ人の大量虐殺が行われた。
約1600人のユダヤ人が、生きたまま焼き殺されたのである。
これまで、この虐殺はナチスドイツ軍によって計画され、
実行されたとされてきた。
ところが最近になって、実際に手を下したのは、
ドイツ軍ではなく地元のポーランド住民だったと言う
説が浮上した。 (以下略)

ポーランドのカトリック教会がユダヤ人虐殺事件で謝罪表明
からの引用です。

ポーランド・カトリック教会は2001年5月 27日、
第2次世界大戦中に同国北東部のイェドワブネで起きた
ユダヤ人虐殺事件に、ポーランド市民が加担したことを
初めて謝罪した。
同国のユダヤ人たちはこれを「重要な一歩」と評価したが、
カトリック教会とユダヤ人社会との対立は依然として根強い。

以下は
戦後ポーランドのユダヤ人虐殺
からの引用です。

今回は、まだほとんど知られていない、
ポーランド人による先の大戦直後のユダヤ人迫害・虐殺について、
同様にほとんど知られていないポーランド人による先の大戦中の
ユダヤ人迫害・虐殺にも言及しつつ、ご紹介しましょう。
(中略)
ポーランド人もユダヤ人も、共にナチス ドイツによって
大きな被害を受け、とりわけユダヤ人はひどい目に遭ったの
ですから、ポーランド人はユダヤ人に同情し、暖かく接しても
不思議はありませんでした。ところが、実際に起こった事は
それとは正反対でした。

そもそも、ポーランド人は、ドイツに侵略された時には
ドイツに対し激高しましたが、ドイツによるユダヤ人虐殺には
ひそかに喝采を送っていたのです。
ロンドンのポーランド亡命政府もそうだったという傍証が
ありますし、占領下のポーランドでは、ドイツによる
ユダヤ人狩りに積極的に手を貸すポーランド人が続出しました。

また、ユダヤ人達がドイツ兵によってゲットーから駆り立て
られるや否や、彼らが収容所行きの列車に乗せられる前に、
ゲットーは待ち構えていたポーランド人群衆によって
掠奪の対象になるのが通例でした。
(中略)

ドイツが降伏した直後には、ポーランド小作人党は、
党大会において全会一致で、ヒットラーがユダヤ人を
虐殺したことに謝意を表するとともに、生き残った
ユダヤ人を追放することを決議しました。
ですから、戦後ポーランドに帰還したユダヤ人には
悲惨な運命が待ち構えていました。

早くも帰還列車の中で、ポーランド人達 によって
列車の外に投げ出されて殺されり、列車の中で殴り
殺されたりするユダヤ人が続出しました。
やっとゲットーに帰り着いたユダヤ人も、あらゆる場所で、
単独で、あるいは集団で殺戮されたのです。

以上引用終わり。

ドイツに占領されたポーランド領内にあった
アウシュビッツ強制収用所にあったとされるガス室は、
以上のようなポーランド人によるあるいは連合国側の、
またシオニストユダヤ人やローマカトリック、
シオニストプロテスタントの犯罪を隠すための
でっち上げです。



1905年、ロシアのエカテリノスラフにおける
ポグロムで犠牲になったユダヤ人の子供たち。

イスラエルの攻撃で傷つくパレスチナの子供たち
(写真は「シオニズム」を批判するユダヤ人たちから)

 管理人 

写真は、閲覧に注意。
当ブログでは掲載しません。
閲覧は、以下の元記事より御覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/6333812.html

<転載終わり>










AD

コメント(9)