賢いユダヤの人々は、ワクチン接種を受けないのだそうです!



アメノウズメ塾上級サバイバル編④白衣、薬を信じるかは己で決めよ③






アメノウズメ塾上級サバイバル編②白衣、薬を信じるかは己で決めよ①







合成洗剤が引き起こす人体への悪影響 マウスの実験





$wantonのブログ

AmboTakashi 安保隆 (給食から牛乳排除を!)

安保隆 様のツイ-トを参考にさせていただきました m(_ _ )m



光軍の戦士たち

やはり、ユダヤの人々は賢くて優秀なんですね。

ワクチン接種を受けないのだそうですよ。

オバマ大統領も娘への接種を拒否したそうです。

だけど、このワクチン普及の大元の、また更に大元を辿っていくと、

やはり、ユダヤの人に辿りついちゃうんですよね・・・

これは一体どういう事なんざんしょ。

脳に水銀やアルミニュウムを蓄積させたい人にはお勧めです。




http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html


アメリカでは、子宮頸がんワクチンの接種の義務化に動き出しており、接種を受けない児童

に学校への登校および進級を禁止する法律の施行を多くの州議会が審議中です。

中には、そのような法律を実際に施行し始めた州もすでに出てきています。




1980年代には、血友病の患者にエイズウイルスの混入した薬剤を投与して、
多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出した事件が起きました。

同事件により、国内では630名以上、世界では4000人から5000人の犠牲者が出た
といわれています。この事件は、アメリカの「バイエル」「バクスター」などの製薬会社が、
エイズウイルスの混入した薬剤を意図的に輸出したことが明らかになっています。

アメリカ国内での販売が禁止された同薬剤を利益のために海外に販売していたのです。
これは、世界中の人々が知っている代表的な「医療詐欺」事件です。
全米のテレビニュースでも大々的に放送されました。

また2008年には、アメリカの製薬会社「バクスター」が、インフルエンザワクチンに
強毒性の鳥インフルエンザウイルスを混入させた上、18カ国に輸出・販売していた事件
も明るみに出ました。

その後、みなさんの記憶にもまだ新しい2009年の新型インフルエンザ騒動は、
日本人を含む科学者と製薬会社と軍の生物研究所の共同プログラムによる人工ウイルスの
製造と散布、またそれに続くワクチン接種を組み合わせた世界規模のバイオテロであること
が明るみに出ました。

(詳しくは、当サイト内の「新型インフルエンザワクチンは打ってはいけない・後半」参照)

http://www.thinker-japan.com/dontvaccinatedkouhan.html


ニュースでは豚から発生したとされる新型ウイルスですが、その後の情報では、メキシコ
でもアメリカでも豚の間では、インフルエンザの感染が起きていないと報告されています。

発生当初は、豚の中でインフルエンザが流行し、そこでウイルスの遺伝子変異が起きて、
それが人に感染したとされていましたから、おかしな話です。

豚が感染していないのであれば、ではどこから発生したのでしょうか?

その疑問に答えてくれるのが、次に紹介するニュースです。
これは、新型発生直後の5月にアメリカのテレビ局が報道しました。






ウイルス学者であるエイドリアン・ギブズ博士が

「今回の新型インフルエンザウイルスは遺伝子構造を解析してみると、

実験室で作られた可能性が大きい」との科学的見解を伝えています







お願いですから

日本上空で

細菌兵器入りの

ケムトレイルを

ばら撒かないで下さい (。>0<。)
AD

コメント(4)