「それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法」。




映画館に久しぶりに来た。
見たのは、「魔法にかけられて」。彼女の希望。

最後に映画館を訪れたのは、、、「トランスフォーマー」だったな。去年の夏の終わりだったかな、詳しいことは忘れてしまったけど。

どうも新宿には新しい映画館ができていることも、これまで気付かず。
新宿バルト9」。

毎日オフィスと家の往復だけだと、いくら毎日23区内にいるとはいえ、世間の流れに置いてかれているな。

これ、結構面白い。微笑ましい映画です。
恋人とのデートにどうぞ。
ディズニー好きだったり、ロマンチックな映画ガッチリいけるクチ!風な彼女なら喜んでくれるでしょう。
帰り際に耳にした女の子グループの会話、、、
(A子)「意外に超面白かったねー!○○ちゃんはNGって言ってたけど」
(B子)「○○は、完全に現実派だからね。こういうの、ダメダメ。」
ま、こんな感じです。
でも、たまに息抜きって意味では、いいと思うけど。

話は、ディズニーの世界で暮らしていた主人公のヒロインジゼルが、魔女の陰謀で現実世界New Yorkへ。
おとぎ話の世界=ディズニーでは常識と思われている「日々、美しい声で歌いまくるディズニーのキャラクター性」も「動物たちとお友達な世界」も「出会った瞬間に運命の人になっちゃうハイスピードな展開」も、N.Yでは全く受け入れられず(そりゃそうだ。笑)。
そんな現実世界で、ジゼルはどう変わっていくのか。

その過程が、もう本当に「微笑ましい」のです。
展開はハチャメチャだけど、とにかくどうしても「笑顔で優しい気持ち」になってしまう映画でした。

エンディングは、途中の展開から想像した通りの終わり方だったけど、でも本当にそうなっちゃったか!って笑ってしまったな。

気になった方は、是非映画館へ。

AD