東京都の中小企業知的財産シンポジウムを紹介します。

 

今年の12/2(金)開催です。

 

知的財産権の数ではなく、権利化・秘匿化・標準化、適切な契約締結など、知的財産を活かす様々な「知恵」を持つことが重要とのことです。

 

http://www.chizaisympo-tokyo2016.jp/

開催趣旨

 

社会経済環境が激しく変化する現在、中小企業がその持てる力を発揮し、自社の技術やサービスを事業優位につなげるためには、知的財産権の数ではなく、権利化・秘匿化・標準化、適切な契約締結など、知的財産を活かす様々な「知恵」を持つことが重要です。
  本シンポジウムは、企業経営者や実務家の具体的なお話を交えながら、『中小企業の実態に即した知財の活用』について、みなさんと考えていきます。


開催概要
 

日 時
2016年12月2日(金)13:00~ 16:30 ■開場12:30 ■相談コーナーは17:00まで開設 

会 場
イイノホール
〒100-0011 東京都千代田区内幸町二丁目1番1号 飯野ビルディング4階
○東京メトロ 日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅 C4出口直結
○東京メトロ 丸ノ内線 「霞ケ関」駅 B2出口 徒歩5分
○東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 9番出口 徒歩3分
○東京メトロ 有楽町線 「桜田門」駅 5番出口 徒歩10分
○JR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線、都営地下鉄浅草線、
  ゆりかもめ 「新橋」駅 徒歩10分
○都営地下鉄 三田線 「内幸町」駅 A7出口徒歩3分

対象者
・都内中小企業経営者及び従業員、個人事業主等
・都内関係機関職員(都、区市町村、商工団体、中小企業支援団体、地域金融機関等) 

主 催
東京都・公益財団法人東京都中小企業振興公社(東京都知的財産総合センター)

後援(予定を含む)
特許庁、関東経済産業局、日本弁理士会、日本弁護士連合会、 東京商工会議所、(公社)日本技術士会、(一社)発明推進協会、東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、公立大学法人首都大学東京、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(順不同) 

AD