friend

テーマ:

この間、高速道路の料金所で、私のバイクにオカマ掘って事故起こした人、いまだにお金5万円よこしただけ。でも、本当にお金ないみたい。まるで僕みたい(笑)。


なので、友達になることに。でも、お金は払ってもらわないと困るので、とりあえず5万円ずつ分割で…。


まとめてバイクやさんでローンしてもらえるといいんだけど…


皆さんは保険に入ってくださいね。ぶつけた相手にすごく迷惑かけてしまいます。バイクはまだボロボロ。カウルは割れて、電機はついているけど、ヘッドランプもひび割れ。


後ろはぐしゃぐしゃ。カウルは何時空中分解することやら…クラッチと左ハンドルはひん曲がったまま。


ほげ~です。

AD

accident

テーマ:

いやー。新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。何と、事故っちゃいました。ハイウェイで料金を払っているときです(ETCじゃない…爆)ッカーン!バイクが3mほどすっ飛びました。おカマ掘られました。


「すいません。保険入ってないんで、安くしてください」


加害者の第一声…


「とりあえず、警察に届けるよ。」


「三十万円で何とか…」


「身体の心配もしてくれないの?嘘でしょう?」


するといきなり土下座。


「どうか許してください。」


何か変だなぁ。お金が無いって言う意味なんだろうけど…。


警察が来て事情徴収。幸い怪我が軽い。加害者は財布の中を見ていたということ。前方不注意でした。そして、この人、本当にいいのかなぁ…。車乗るのに保険入ってなくて…。


「とりあえず、見積もりして電話するよ。50万か60万円くらいかかるかもしれないけど良い?」


「ひえ~それだけはご勘弁を…」


怪我させてご勘弁を…っていうのなら分かるんですよね。お金をご勘弁を…っていうのは、詭弁でしょう?

冗談だとしたら許せないけど、本気なのかなぁ。この人…(汗。

AD

First message

テーマ:

今年一番吃驚したのは、久しぶりにブログを更新しに来たら、なんと順位がいいこと…。もう一つのブログはほぼ毎日更新しているのに、なんと、こちらのブログのほうがアクセス率が高かったことだ。


そりゃあそうだろう。ZZR1200…。こんな面白いものは世の中にそうあるものじゃない。


先日の雨の中、しかも冬の雨だよ!僕はそとにZZRとともに飛び出していった。そして、台風のような冷たい雨の中を、片瀬江ノ島だよ!これはもう、「夏を先取り」って感じかなと思ったりしながら、それで、感動するわけさ。


はっきり言って、必死。むしろスポーツに近い。感動の質もむしろ、スポーツに近い。だけど、そこには若さと新鮮さが盛り込まれている。


ZZR1200…。大人のスポーツバイク。


別に冷たいんだ~家にいれば良いのに…って言うのは簡単だよ。でも、冷たい雨の中は、それはそれでさ、みんなにもお勧めできる感動のスポットだよ。

AD

Noric

テーマ:

ノリックこと阿部典史が死んでしまった。享年32歳。つい先日だ。人は彼のことを天才と呼んだ。彼の栄光の走りと今DVDで見ている。


ノリック。今まで本当にありがとう。僕たちは、君の事をずっと忘れない。本当に大好きだ。ノリック。安らかに眠ってください。


合掌

Orange

テーマ:

秋っていいなと…つい浮かれてZZRにまたがって、どこかしらでかけたくなる。さすがに夏物のツーリングジャケットだけじゃ寒いけど、なんてことはない。五百円ぐらいで売っている、おしゃれなヤッケを着て、ドンキで買った七千円のジェットヘルメットをかぶり、表に飛び出す。


車の流れを読みながら、ドキューンとロケットみたいに加速。瞬く間に車は遥かに後方へ。だけどとっても安全運転。そのままキュイーン空を飛ぶように車の中を流れるように走る。風が緩んでいる今は微妙に気持ちいい。バイクは相変わらず絶好調だし、乗りやすさからか、走りは余裕に満ち溢れている。


この間、八月に車検取ったときにチェーンを取り替えたんだけど、その威力かなぁ。タイヤに駆動力がズバッと伝わっている感じ。地面を押し出して進むような感覚で、なだらかに走っていく。ブーツの先の外側をこすってしまうこともあるコーナーリング。どっしりと安定感のある、安全なフィーリング。


おっと、まだ行き先を決めていなかった。オレンジ色のシャレた町並み。行き先なんてどこだって良いじゃないか。それでいて、どこでも行ける気軽さがバイクの真骨頂なのだから。


気負わず、てらわず、いつでも自然体で、思いっきり自然の中で走りを満喫できる。そんな自信だらけの走りが誇らしいのが、ZZRのツーリングなんだろう。

Hung on

テーマ:

今日は楽しかった。路面は非常に良い状態だった。ひざをこすり付けたりはしなかったが思いっきりイン側に身体をずらして気分はGPレーサー。メチャメチャグリップさせてひじが擦りそうな感じで走る。実際は全然擦らないが、そんな感じでガンガンに攻める。楽しい。まるでスポーツをしているみたいだ。時々ドリフトをさせてコーナーを更にスリリングに駆け抜ける。空を飛ぶ鳥のように、さわやかな風を全身にに受け、気持ち良いコーナリング&ライディング。時刻を見ると既に十八時を回っていた。アクセルは寝かせたとき以外はそんなに開けない。だが、コーナーはできるだけすばやく回りたい。幅広の道では右に左に駆け抜ける。ひざパッドが欲しい。めちゃくちゃ寝かせれば、缶でもつければ、花火も楽しめるだろうか…。


そう、一年ぶりの夏休み。ZZRも今年で二年目である。今年の八月は、確か「車検」だ。やばい。金が出て行く。今からガンガンに働いて金を貯めておかなくちゃ。


途中でAP(ampm)があったのでジュースを飲み干す。大好きなプリンを食べた。漫画を読んで再び出発だ。


そう、別にどうということはない。最高速も法廷速度以内で楽しんだ。そのまま家まで…。


今日は思いっきり、ハングオンを楽しんでしまった。良いじゃないか。たまには、そういうのもできるコンセプトのバイクなんだし…。

Battery

テーマ:

今日はバッテリーを上げてしまった。鍵を抜いたと思っていたのに、実はオートバイに注しっ放しにしてあった。スタンドを立てるとエンジンが切れるときがあるのだが、焦っていたのでそのままにして一日中放置してしまったのだ。当然電気は点けっぱなしだったに違いない。


ガソリンスタンドに押していく。ガソリンスタンドで、バッテリーをつなげてもらう。シートの下にある工具入れをはずせばバッテリーがむき出しになる。そこにブースターケーブルで、車用のバッテリーチャージャーをつなげてもらう。


インジケーターランプの電気がつく。セルを回す。一発でかかる。快感。車よりもやりやすいかもしれない。完璧にスタート。アイドリングを右に回して高くする。これによってエンジンが切れにくくするのだ。バッテリーがないときはぷすっといつ切れてもおかしくない状態なのだ。本当にないときは押しがけしてもエンジンが回らないときもある。


何とか家まで持った。後でバッテリーを外して近くのバイク屋さんで二千四百十五円で充電してもらう。約八時間かかって充電が完了した。12.9ヴォルト。まずまずである。これなら、後一、二年は持つだろう。

run at hi speed

テーマ:

バイクでぶっ飛ばす。ただし、燃費良く。そうすると、だいたいマックスは百キロぐらいだろうなと思う。それから、時々クラッチを切って走る。そうすると、下道で燃費がリッター二十キロぐらい行くようになる。もしかしたら、加速が強すぎるのかもしれないが、二千五百回転ぐらいでシフトアップするといい。


早いもので2007年もあっという間に六月になってしまった。今はラーメン屋に勤めているのだが、ラーメン屋はとっても気分が良い。ラーメン屋で働いている女の子たちはみんな僕のファンの女の子で、土曜日などは僕が帰るまで待っていてくれたりする。新人だから珍しいのかもしれないが、すごくいい気持ちだ。他にも炒飯作りや、ギョウザ作りなどがあって、どの仕事も働いていて面白いものばかりだ。勿論、給料はまだ仕事を変えたばかりで安いのだが、この間店長たちに教わってパラパラ炒飯を作れるようになった。ラーメン屋さんの炒飯には卵と煮豚とハムと長葱の輪切りと、酒とダシ醤油とごま油が入っている。そのせいか甘じょっぱくてとってもうまい。後は、自転車に最近凝っている。


最近はうまいラーメン屋の噂を聞きつけるとすぐにZZRに乗って実際に食べに行くことがある。しかし、なかなか時間がなくて三鷹のきら星とか博多の屋台ラーメンとかにまではまだ行き及んでいない。もっとも、店のラーメンが巻かないで最近毎日豚骨ラーメンを食べていたから、いささか食傷気味だ。これから暖かくなるから、どんどんいろんなところに走りにいこうと思う。

either

テーマ:

さすがに、さらにほって置いたら七百位台。この辺で少しまたブログでもしようかなと思った。なんか俺ってどこか負けず嫌いっていうか、自分を律せずにはいられない性格なのかもな。これは。


というわけで今日は街乗りに行ってきました。ZZRは確かに速いんだけど、めちゃくちゃガソリン馬鹿食いするのが玉に瑕(きず)だ。なんだかんだ言ってもやっぱりまわさないとスピードは出ないし、回すわで結局リッター四キロぐらいになっちまうことだってある。アイドリングも一二〇〇ccでチョークをかけるととんでもなく馬鹿食いするんだ。だから、チョークレバーは冬場でも十秒ぐらいで十分だ。勿論、暖気は必要なので、チョークを戻してから暖気をかけてくれ。


いや、今は春だった。タリラリラーンと街へ繰り出す。信号から信号まで今日は一気に五千回転まで回してみた。わずか三秒ぐらい。信号が赤に変わろうとしているのに、その隙を与えないほど…。全身の筋肉でバイクと一体化している感じ。


unbelieavable

テーマ:

信じられないことに約一年間ぐらいほうっておいたら四百九十六位。ぜんぜん、一生懸命に書いていたときと変わらないじゃないか。スーパーバイクZZR1200は相変わらず絶好調だ。


今はラーメンツーリングをしている。たとえば新橋に美味しいラーメンがあったら食べに行き、四国に美味しいラーメンがあったら食べに行く。


そんな感じで、ラーメンの情報源は雑誌や激うまラーメン店2007などの本を買って調べる。場所さえ分かれば、後は快適なツーリングはZZR1200が保障してくれる。


最近プログラムを書くことを覚えてしまった。知識は要らないが、とにかく動くまで作るって事がプログラムには大事なのかな。最近はレースをしていないが、オートバイも乗るってこと、目標のところまで安全に行くって事が大事みたいだ。


今日は藤原ノリカの写真を百枚ほど落としてきて、他のファイルのネーミングとダブらないように、javaを使って一瞬でファイルの名前を変更してみた。バイクに乗るよりは簡単だけど、一応どちらも「ノッテル」ってこと。今年はバリバリと書いて行くぞ。