ず長の部屋 ~ぽっちゃりーずとマリーンズ~

ず長の部屋 ~ぽっちゃりーずとマリーンズ~

ロッテ、マラソン、Perfumeを愛する、アラフォー男のブログ

NEW !
テーマ:

お台場でのEGOISTライブを観に行くついでに、あちこち寄り道をしてきました。

 

まず、大宮で老健大会に参加。今の職場は老健ではなく有料老人ホームだけど、転倒対策、認知症の方への対応、レクのやり方など、共通するトピックが沢山。すぐに役立ちそうな演題が複数あり、なかなか有意義でしたね。来年は出張扱いで行かせてもらえるよう、上に掛け合ってみよう。。。

あらかた演題発表が終わった14時に会場を後にし、次に向かったのは池袋。東武百貨店内のJINSで、

 

視線入力できるというメガネ「JINS MEME」

 

を試させてもらいました。感想としては、うーん…。感度が今一つかな…。少なくとも私では、なかなか思い通りには動いてくれませんでした。ALS患者さんが使えるかの確認でしたが、現状では患者さん本人が試すのは不可欠でしょうね。

ここから地下鉄で銀座へ。バスへの乗り換え目的での下車でしたが、見ればそこにはキムラヤが。時間は16時前。ここは

おやつにあんパンでしょ。

という訳で、あんパンとうぐいすパンを買って、バス待ちの間にパクリ。さすがは元祖、やっぱり美味いね~。

ビッグサイト行きの都バスに乗りこみ、終点手前で降りて歩くこと15分、ライブ会場のあるDIVER CITYに到着。吉野家で夕食を済ませ、18時過ぎに会場のZepp入り。無理矢理500円で買わされたドリンクを引き換え、立ちっぱなしで待たされること40分弱、やっと19時過ぎにライブ開演。

さて、ライブの感想ですが。

うーん、微妙…。

昨年もこの会場で観ましたが、その時よりも明らかに声が不安定…。歌詞忘れが二回もあったし、トークの内容からしても

もしかして風邪による体調不良?

いかんせんこちらから見えるのはアニメキャラだけ、chelly本人の表情が見えないのでなんとも言えないですけどね…。しっとり目の曲が多かったのもそのせいなのでは?

それとやっぱり、アニヲタと思しき大多数の観客とはノリが合いませんね。ヲタライトを振るのに夢中で曲終わりの拍手がまばらなのも、「名前のない怪物」のサビ前で本人の歌声をかき消すほどの掛け声が入るのも、未だに違和感が拭えず…。そもそもヲタライトが邪魔だし(こんなのが現地価格で3000円!高っ!!)。二階から観たかったけど、落選だから仕方なし…。

ただ彼らは、スタンディングのライブとは思えないほど動きが少なく、肘から先しか動かさないので、体同士の接触はほぼゼロ。おかげで暑くもならず、ライブを観る分には快適です。

とは言え、普通の歌手に比べりゃ今日だって十分に上手かったし、ほんわかトークもいい感じ、バックのアニメ映像と共に醸し出す世界観はやはり素晴らしく、今回も存分に楽しませて貰いました。前回よりも多く歌ってくれたしね。次のライブにも是非行きたいです。今度こそ二階席で。

が、やはりお台場は遠く、車内で警察沙汰のケンカを始めたバカのせいで電車も遅れて、帰宅したのは日付が変わる直前。同じ都区内でも、もう少し西でライブしてくれるとありがたい…。


テーマ:

今日、父と二人でハイキングへ行ってきました。行先は外秩父の堂平山・笠山。自宅から登山口まで車で30分程度という、超地元の山です。

 

元々、尾瀬の燧ヶ岳へ行く予定でしたが、9月に二週間入院するなど父の体調が万全ではなかったため、近場の初心者でも登れる山へ変えた次第。そんなわけで、天候が悪そうなら無理せずに中止するつもりでしたが、どうにか台風が逸れて登れる運びとなりました。

 

8時に小川町駅に来てもらい、ここから車を走らせること30分ちょい、東秩父村の「ヤマメの里公園」へ。ここの無料駐車場へ止めて、徒歩すぐの皆谷バス停へ。8:45発のイーグルバスに乗り込み、終点の白石車庫へ向かいます。客は私たちを含めて4人、乗車時間は10分ほどで運賃は360円也。

 

 

ここから歩き始めます。天気は曇りですっきりしないけど、歩くには暑過ぎなくてちょうど良いかも。舗装路をしばらく歩き、10分ほどで登山道入口に。

 

 

ここからは渓流沿いをひたすら登ること30分、白石峠に到着。ここは、小川町の中心を流れる槻川の源流なんですね。碑が建てられていました。それにしても、ここはサイクリストが多いですね。次から次へとひっきりなしにやってきては、すぐに走り去って行きました。

 

 

ここからさらに登山道を歩き、20分ほどで剣が峰に到着。ここには立派な鉄塔が建っていました。

 

 

ここからは階段、不整地、舗装路と様々な道を歩き、途中で花を撮ったりしながら、

 

 

ついに一つ目の目的地である堂平山へ到着。芝の緑が青い空に映えて、とっても開放的。

 

でも、ガスっていて景色は見えず!(泣)

 

 

そのせいか人影もまばらで、以前に車で来た時の賑わいとは大違いでした。おかげでゆっくりできたけど、やっぱり景色は見たかったなぁ…。

 

トイレも済ませて出発。ここからは基本的に稜線歩きですが、結構なアップダウンが繰り返します。この頃から父にも余裕がなくなってきて、かなり口数が減ってきました。ペースを落としつつ慎重に歩き、それでもお昼前に笠山へ到着。ここも残念ながら視界は開けず。少し足を延ばして、笠山神社へ参拝。

 

 

ここの近くの岩に座って、お昼のおにぎりをパクリ。いやあ、我ながらうまいおにぎりだった。。。何を思ったか、父はおにぎり4つやら、ゆで卵やらチーズやら、とにかく色々と持ってきていたので、重さを減らす意味でも遠慮なくもらっていただきました。まあ、腹も減っていたし。

 

ここからは駐車場まで下るのみ。この辺りからようやくすれ違うハイカーが増えてきました。私達が逆回りだったのかな?確かに、逆回りなら

 

見晴らしの良い堂平山でお昼にできたかも。

 

でもまあ、こんな天気だし別にいいや。

 

この下り道、結構岩がむき出しの所も多くて、すごく滑りやすい。私も二回ほど尻もちをつきました。ゆっくり歩くと、ブレーキをかける分だけ却って滑りやすいので、途中からはトレランみたいに小走りで下りました。この方が疲れにくいしね。ただ、父の方は膝に痛みも出てきてしまい、若干苦行チックに。。。

 

 

それでも、ここは七峰縦走ハイキングコースだけあって、コース上のポイントには必ず案内が。

 

 

おかげで、迷わずにどうにか無事に下山できました。時間的にも14時前で、ほぼ予定通りでした。下山すると、夏に子連れで来た川遊びポイントが目の前に。顔を洗ったら、水が冷たくて気持ちよかった~。

 

 

駐車場横のあずまやで休憩し、15時に帰宅できました。

 

今回のハイキング、なかなか良かったです。美味しい空気をたくさん吸って、美味しいおにぎりを食べて、健康的な秋の休日をエンジョイできました。初心者向きというには若干きつめだと感じましたが、それだけに高山へ行く前の練習・準備にも使えそう。今回、父は燧ヶ岳をやめて正解だったと思う。。。何はともあれ、私にすれば

 

身近にこんな良い場所があって幸せ

 

ですね。


テーマ:

(前回のブログから続く)

明けて日曜日。6時に起床し、6時半に家族でホテルの朝食へ。7時過ぎに出発、8時前に現地到着。ここまでは全て予定通り。が、結果とラップは以下の有様…。

 

~5km 20:43

~10km 21:22

~15km 22:35

~20km 24:31

GOAL 1:33:27

 

数々の自業自得により大撃沈!でした。

 

自業自得その1:前日、Perfumeライブではしゃぎ過ぎた!

 →走る前から若干筋肉痛…

 

自業自得その2:前日、俺達の福浦が2000本安打達成!

 →スポーツニュースをはしごしていたら寝るのが遅くなり、睡眠不足…

 

自業自得その3:その福浦に敬意を表し、今回は背番号9の福浦Tシャツで参加!

 →黒い厚手の綿シャツ、「暑い・重い・動きにくい」の三重苦で大失敗…

 

自業自得その4:ホテルの朝食がバイキング形式!

 →パンを6個も食べてしまった…。だって、美味い上に子供が食べないんだもん…

 

いくら残暑の時期とはいえ、下りメインのハーフでまさか90分を超えるとは思わなかった…。まあ、元々ライブついでに申し込んだ大会だったので、好記録が出るとは思っていなかったけど、それにしてもねぇ…。

 

大会自体はとても良い運営でした。

 

スタート前のトイレの誘導、荷物の受け渡し、変化に富んだコース、リンゴやマスカットといったフルーツ充実のエイド、ゴール後の給食サービスなどなど。ゴール時に名前をアナウンスしてもらったのも、ウルトラみたいで良かったですね。是非、来年も参加したいですね。

 

但し、来年はまじめに走ります(苦笑)。

 

 

しかも、ゴール地点に家族がおらず、メールしても返事なし。どういうこと?と思い携帯の待ち受け画面を見ると、10時20分…。あれ?

 

私ったら、ゴール時刻を一時間間違えて伝えていたのね~(汗)

 

ツレには「11時にゴール地点合流」と伝えておりました。どうして単純な足し算を間違ったのか、理由は全く不明。。。

 

どうにか家族と合流後、ふるまい地酒をいただき、道の駅千曲川でランナーサービスのリンゴもいただき、お土産を買ってから温泉へ。ランナーが最も少なくて空いていそうな、戸狩温泉の「暁の湯」へ。いやあ、いいお湯でございました。湯上りには、名物の「とがりんとうソフト」をパクリ。

 

 

ここからは千曲川に沿って新潟県に入り、峠を越えて越後湯沢へ。少し早い夕食に、中野屋でへぎそばをいただきました。いやあ、ホントにうまいよな、へぎそばって。。。

 

 

この後、関越道の大渋滞を知り、渋川から下道で帰宅。ただこちらも混んでいる場所があって、結構疲れましたね。


テーマ:

というわけで、土日で長野まで行って参りました。お目当てはPerfumeのライブ。運良くチケットが4枚取れたため、家族四人での初参戦と相成りました。

 

自宅を10時過ぎに出発。ガソリンを満タンにして、佐久にはちょうど正午に到着。ここで、佐久在住の友人家族とイタリアンで会食。久々に会うことができて、楽しいひと時を過ごせました。パスタも美味しかった。

 

 

まっすぐ長野へ向かうにはまだ早かったので、上田城に寄り道。真田神社に立ち寄って参拝します。子供達は、城跡や神社よりも、公園内にあった遊具に夢中になっていました。そして、観光客は城跡よりもポケモンGoに夢中になっていました。。。

 

 

そしていよいよ会場のビッグハットへ。16時半に駐車場へ着きましたが、見事に満車(泣)。が、この事態は想定内。家族を下ろし、一人で少し離れた駐車場に止めてダッシュで戻りました。事前に近場の駐車場を調べておいて良かった…。グッズ売り場は↓のように長蛇の列でしたが、どうにかツアーパンフなどをゲット。すぐに家族と合流して入場します。

 

 

転売防止のため、直前までどこの席か分からずにやきもきしましたが、私達の席はなんと

 

スタンド席の最前列!

 

アリーナだったら子供達ではステージが見えないだろうから、抱っこし続けてヘトヘトになっていたはず。私達にとっては、まさに「神席」でした。

 

さて、今回のライブですが。

 

やはり最高でした!

 

例によって、ツアー中のため詳しくは書けませんが、ダンスはキレキレ、演出はカッコよく美しく、トークは面白い。ニューアルバムからの選曲を中心に定番曲も織り交ぜての20曲弱、約2時間のライブは、まさに「プロのステージ」でした。のっちを皮切りに、全員が30代に突入する彼女達。今後、大人の女性として成熟した姿が見られる、そんな期待大ですね。

 

また、高い場所からステージ全体の演出が見られて、アリーナで見るのとは違う角度で楽しめたのもラッキーでした。個人的には「超来輪」の演出とダンスが最も印象に残りましたね。

 

ちなみに、ライブ中の家族はと言えば、小二の上の子はノリノリ、年長さんの下の子は爆音にビビり気味、ツレは一切立たずにまったり。それぞれが良い経験をした様子。8000円ずつ余分に出した甲斐はあったかな?

 

にしても、このビッグハットという会場は、大き過ぎずステージが近くて本当に良かったですね。ありがとう、長野。

 

その後、信州中野のホテルへ移動し、一日が終了したのでした。なお、この日は

 

俺達の福浦が2000本安打を達成した日!

 

だったので、スポーツニュースをはしごして楽しい夜を過ごさせてもらいました。もっとも、これが翌日のランに少なからず影響するわけですが…。

 

 


テーマ:

昨日、西武ドームで観戦してきました。といっても、我がマリーンズの今シーズンは既に終わったも同然なので、西武のファンクラブポイントでタダで観れて、しかも生ビール半額デーだからという、

試合とはほぼ無関係な理由

での観戦。弱小チームなので仕方ありません(遠い目…)。

で、結果は予想通りの敗戦(4-10)。でもまあ、思ったよりも善戦してくれました。先発はこちらが二木、向こうがエース菊池。戦前の予想では、恐らく12-0くらいでワンサイドの完封負け、良くて完封をギリギリ阻止、悪ければノーヒットノーランされるかも…、というものだったので、

平沢大河のホームランが見られただけで大満足!

二木も思ったよりも粘って中盤までは一応まともな試合になり、途中までは美味い生ビールを飲ませて貰いました。二木をあと一人早く代えていたら勝てたかもだけど、無理に勝ちに行く必要はないよ。

ソフバンよりも西武に優勝して欲しい

し。。。カネで選手を掻き集めたソフバン(デスパの恨みは忘れない)と違い、スカウトと育成で多くの好打者を揃えた西武は大したもの。秋山、源田、浅村、山川、中村、森…。ロッテなら、間違いなく中軸を打てる選手ばかり。敵ながら、なかなか魅力的なチームですな。翻って、うちのチームときたら…。暗くなるので考えないことにします…。

にしても、スタンドは結構な入りでしたね。さすがに優勝が懸かったチームのファンは熱い。羨ましい限りです。チケット売り場も長蛇の列、おかげで試合開始に間に合わなかったけどね。


テーマ:

昨日、久々に千葉へ観戦に行ってきました。ここのところ、ソフトバンクが地力を発揮して大型連勝する一方、我がマリーンズはいつも通りの息切れでズルズル後退。もはやCS進出の望みはほぼありませんが、来シーズンに繋がる何かが観られれば良いかな、と。

相手は日ハム。で、結果は2-3の逆転負け…。先発の種市が5回を無失点と好投したものの、勝ちパターンのリリーフ三人(岩下・松永・内)がキレイに1失点ずつでの見事過ぎる敗戦です(泣) 日ハムに3タテを喰らい、完全に終戦ですね。。。

打順の組み替え、パターン通りの継投と、この試合に関しては采配は妥当でした。ただね、大地はまたエラーで足を引っ張り打つ方もサッパリ、内は一番やってはいけない決勝被弾…。こんな選手をスタメン5番やクローザーで使わないといけない選手層の薄さに、改めてガックリきますね…。

種市の好投、岩下の台頭、平沢のスタメン定着など、若手の芽は出てきています。あとはサードで安田を観たいな。

どうせ大地は打てないし守れないんだから(毒)、

将来への投資をお願いしたいところ。

あと、西武ファンの知人から貰ったマリンフェスタユニに、背番号と選手名を圧着してもらおうとショップに行ったら、お目当ての荻野・福浦は選手名が売り切れ、角中にしようと思ったら3が売り切れ。前にも同じことがあったな…。まったく、毎年同じことが繰り返されていて、馬鹿馬鹿しい限り。
 

今年も圧着はやめました。

変な魚とかアニメとのコラボばかりやってないで、これくらいは在庫を用意しておけよ(呆)

呆れ話しをもう一つ。この試合でも着ていたサマーユニフォーム、何アレ?

くすんだ色、変な柄。

オリのパジャマユニに匹敵するカッコ悪さ(苦笑)。田舎のお爺さんが農作業で着ていそう。。。戦う男が着るものじゃないよ。私も断じて着ません。


テーマ:

昨日、東京ドームで西武戦を観てきました。ロッテ50周年の記念試合ということで、当時の本拠地だった東京開催にしたようです。もっとも、来シーズンもロッテが球団を持っているかどうか微妙ですが…。つーか、チーム作りにカネを出さないならさっさとZOZOに身売りしてくれ。。。

で、例によって職場を定時ソッコーで後にし、東京ドームに着いたのが18:40。早速西武ファンが大喜びしており、いきなり先制されています。見れば、先発は有吉…。

記念試合なのに、なんてヤル気の感じられない先発。。。

打つ方もさっぱりで、球が高くて大して良いとも思えない相手先発の多和田に対し凡打の山。ああ、またこうやって見せ場なく終わるのね、向こうは優勝がかかっているし、そもそも戦力が違い過ぎるから仕方ないわな…、と半ば諦めていたら、中盤の5回裏に

なんと一気に6点を取って大逆転!!!

平沢がしぶとく四球を選んで作った二死満塁のチャンスに、岡がファウルで15球も粘ってからの同点適時打、続く藤岡も適時打で勝ち越し、締めは奨吾のスリーラン!

これはロッテじゃない!まるで別のチームみたい!(自虐)

近くのおじさん、おばさん、お兄さん、お姉さん方とハイタッチしまくりのワケわからん状態、久しぶりの大興奮でした!その後のリリーフも踏ん張り、結局6-4で勝利。最高の形で首位叩きに成功です♪

千葉よりも遅くまでいられるので、ヒーインやWe are 、50周年のエンドムービーまでバッチリ観られて、大満足の観戦となりました。ユニフォーム・フラッグ・ピンバッチとグッズも色々と貰えたし。


テーマ:

今年も参加しました。夏と言えばコレ。何をおいてもコレです。

 

いやあ、楽しかった!

 

今年は多くのメンバーが揃い、天候に恵まれ、途中での負傷リタイアもなく、テント設営や片付けもスムーズにいき、ホントに色々なことがうまくいきました。

 

素晴らしい仲間達と、素晴らしい大会運営に感謝!

 

来年も必ず出ます。

 


テーマ:

今日は第二水曜、月一のボランティアの会合が終わってから所沢へ行ってきました。結果は2-8で惨敗。前半の最終戦を勝利で終えられず。

相手先発は榎田。調子はとても悪く、序盤からチャンスは何度もありましたが、崩せずモタモタしている間に西武打線がお目覚め…。3回に一挙6点のビッグイニングを作られ、あっさりと勝負が決しました。

一昨日に渡邉が勢い付かせ、昨日はうちのエース石川ですら3発4点を食らわされた西武打線。コマ不足から先発に回された有吉では、やはり抑えきれませんでしたね。まあ予想通りです。

予想通りと言えば、

 

大地のダメっぷりは予想通り過ぎて笑えるレベル

 

ですね(苦笑) 走っては外野フライでの飛び出しアウト、守っては先制点をプレゼントするタイムリーエラー、打ってはチャンスで凡退。9回の打席なんか、相手がストライクが取れなくてアップアップ、前の打者が押し出しでなおも満塁なのに、初球打ちのセカンドゴロって何??あなたはバカなの???はっきり言って、役立たずを通り越して邪魔ですらあります。第二打席が死球でしたが、いっそ怪我してくれれば良かったのに(毒)。この有り様で全試合スタメンなのがホントに謎。

ボビー時代の塀内を思い起こさせる、「愛人枠」ですな。。。

 

大地は外して、一発のあるドミンゲスか将来性のある平沢をサードで使っていただきたいものです。まあ無理でしょうが。

ただ、今日も井上のホームランが観れたのはラッキーでしたね。これで16本、ここのところ量産体制に入っており、20本はほぼ確実でしょう。デスパイネをソフバンに略奪されて以来、待望の長距離砲です。これが日本人となると11年前の大松以来、さらに右打者となると23年前の初芝以来かな?いやあ、長かった(遠い目…)

荻野の離脱はホントに痛いですが、ここへきて投打に軸ができつつあります。後半も上位から離されずについていけるのを願うばかりです。CSのチャンスは十分にありますから。


テーマ:

オールスター前、九連戦中のマリーンズ。今日から所沢での対西武三連戦です。というわけで、定時後直行で観に行ってきました。結果は5-11で負け。が、

スコア以上に酷いクソゲーでした。

先発が渡邊って時点で悪い予感がしましたが、案の定5点ものリードを守れず3回でKO。前にも書いた通り、この渡邉ってのは球速、球威、制球、キレ、何一つ秀でたものがない、なぜ獲得したのかが不思議な右腕。交流戦の神宮で渡邊を観た時、さすがにもう先発で観ることはないだろうと思いましたが、まさか首位相手の大事なカード初戦で観ることになるとは!ただでさえ強力な西武打線を、見事に勢い付かせてくれました(怒)。こんな大事な試合の先発を任せるなんて、

井口はバカなんですかね?

渡邉には、何か武器を身に付けるまで、浦和で頑張っていただきましょう。。。

とは言え、どうにか同点で凌いだのでまだチャンスはありました。が、謎の投手起用でみすみす勝てる試合を落としました。

三人でピシャリと抑えた二番手チェンは1イニングでスパッと交代→そのくせ満塁のピンチを招いてアップアップの南はイニング跨ぎで案の定勝ち越されて→慌てて出した田中靖がダメ押し被弾…

井口はバカなんですかね?(再)

イニング跨がせるならチェンだろう。球数的にも南は1イニングで交代だろう。田中靖を出すなら回のアタマからだろう。ていうか、勝ちに行ってるのか捨てゲームなのか、そもそもの位置付けが全く分からん…。流れが完全に向こうに行ってから登板させられた、田中靖と大谷が可哀想…。

明日、石川といえども火の点いた西武打線を抑えられるかどうか…。もし石川で落とせばズルズルと連敗の可能性が高まります。今シーズン、ここまでの善戦を台無しにしかねない、重大なターニングポイントになったかもしれません。

ところで、相手の先発の今井も酷かったですねぇ。あれは一軍レベルじゃないよ。

ストライクが取れないじゃん(苦笑)

まだ若いし、将来のエース候補なんだから、二軍でじっくり育てれば良いと思うけどねぇ。雄星が抜ける頃に使えればいいのでは。

あんまりぶつけられても迷惑だし(毒)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス