ズーニーカフェのブログ

ズーニーカフェのブログ

あわてズニ、あせらズニ、くよくよせズニ....。いろんなズニな気持ちを込めた「ズーニーカフェ」では、おいしいものを食べて、くつろいでいただくだけでなく、みんなで楽しめる企画をカタチにしていこうと思っています。



現在カフェの営業はお休みしております。


※カフェ以外のフリースペースとしての利用は随時
 受け付けていますので、ご希望の方はお問い合わせください


●お申込み・お問い合わせは


 ズーニーカフェ(くらしを耕す会)まで ℡052(851)7200


※駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください


 くらしを耕す会HP http://www5f.biglobe.ne.jp/~tagayasu/


テーマ:
アルプス牛の試食会のお誘いです。

●日時:4月13日(金) 10時~13時 

●場所:ズーニーカフェ (名古屋市昭和区広路本町4-2)

●参加費:無料  

 ※くらしを耕す会の会員でない方もご参加いただけます





5月から扱いを始めるアルプス牛の「まぁの(兵庫県尼崎市)

その小村幸治さんをお招きして、

アルプス牛や小村さん自身のことなどを伺おうという企画です。





もちろん! 試食会も行います。

上焼肉(各部位から霜降りの入った部分を選んだもの)を焼いて

ポン酢や大根おろしでいただきます。

そうそう、おにぎりと野菜も用意しています。


■申し込みはお電話で

 くらしを耕す会 052(851)7200

 ※申込締め切り 4月6日(金) 18時まで



テーマ:
6/15(木)は待ちに待ったズーニー企画、
「ほお葉ずし食べよっ」

岐阜県の郷土料理、ほお葉ずし。

顔より大きなほお葉に酢飯と具を入れて
押して寝かせたら完成!の
里山の味覚たっぷりの一品です。

そのほお葉ずしを皆で作って食べようというのが
今回の企画。
ほお葉ずしがおいしくて何回も食べたくなるんですよね~。




※ほんとにいろんな材料を用意していただきました。
 全部、わかるかな?ちなみに右下は木の芽
 左側はきゃらぶきかな?


※作り方を教わる間も「早く食べたい…」



※こうやって軽く圧を加えて、ほお葉の風味をごはんに移します。
 まだ、食べるのには早い。しばらくなじませるのがおいしいお寿司のコツ



※出来上がったほお葉寿司と、お土産でいただいたほお葉もち。
Q:おいしそうですね~、
 
A:おいしかったですよー
6/6(火)は、さわやかな陽気の一日となりました。

この日のゆるゆるマクロビランチは、
玄米ご飯(五分づき米と黒米)
玉ねぎのスープ



メインは、凍り豆腐のから揚げ(写真中央)
時計回りに、
枇杷ドレッシングのサラダ
マクロビ版いくら(タピオカと大根おろし)
イエローキウイのババロア
チンゲン菜の出汁しょうゆ漬け
ステーキ大根の肉みそ風のせ
生春巻き


凍り豆腐のから揚げは、まず凍り豆腐を
にんにく、しょうゆ、みりんで煮て、
煮汁をしっかりしみこませたものを揚げています。

「チンゲン菜の出汁しょうゆ漬けは、皆さんがおいしいと言ってくださいました」と葛口さん。
つけあわせの一品ですが、チンゲン菜をウォーターソテーしてから
昆布と水、しょうゆの出汁につけたもの。
一つ一つ、手が込んでいます。

実は、ズーニーカフェでの「葛口さんのゆるゆるマクロビランチ」は、
今回が最後。

名残惜しいですが、7月19日(水)には、千種区の東山公園近くにご自身のお店をオープンされます。
そちらも期待したいですね。

ズーニーカフェでは、ワンデーシェフを募集中。
我こそは!という方、ぜひご連絡ください。


 
5/9(火)は葛口さんの
ゆるゆるマクロビランチでした。




ご飯(玄米、五分付き米&黒米)
白みそと白たまりの「白スープ」のほか、
今日のメニューはご覧の通り。

メインディッシュはキャベツがたっぷり入った
 「里芋とキャベツのコロッケ」
クリームコロッケのような食感で、
 「今日はつなぎの玄米を多めに入れたの」と葛口さん。
お腹にしっかりたまって食べごたえのある一品に。

「エンドウの生姜炒め」は
エンドウの甘みとシャキシャキ感を活かして
シンプルに仕上げました。
生姜の辛みが絶妙。

「さつまいも酒粕チーズサラダ」
酒粕と米粉で作った「チーズ」が決め手。
しょっぱくて甘い?なんともクセになる味で、
食べ始めたら止まらない・・・。
しっかり寝かせて甘みがのったさつまいもとの相性も抜群!

そのほか「ヒジキのカレー炒め」、「大根の梅酢漬け」など
今日も大満足のランチプレートでした。

デザートは「おから米粉ケーキ」。
甘さ控えめのしっとりとしたココアケーキ。
豆腐クリームをたっぷりつけていただきます。



食材のいろんな顔が見られる葛口さんのランチ。
おいしい料理を作る秘訣を伺うと
「野菜が教えてくれるの!」だそう。

そんな葛口さんとのおしゃべりも
ゆるゆるマクロビランチの楽しみです。

次回は5/30(火)。
楽しく、おいしいランチをご賞味あれ。
4/18(火)は、葛口さんの「ゆるゆるマクロビランチ」の日でした。

4月に入って陽気もぽかぽかしてきた中、この日のランチも春色。



ご飯とみそ汁の他、
(プレートの写真右上から時計回りに)

揚げ出し大根の切干あんかけ
ふきの出汁しょうゆ漬け
にんじんのごま和え

メインの料理は里芋・ごぼうの磯部揚げ
そして、ウォーターソテーサラダ

デザートは、いちご甘酒ババロア風
(もしくは豆乳ババロア風黒蜜かけ)



野菜の旨みを存分に楽しめる料理の数々。
「作り方は簡単だけど、手間はかかっていますよ」
と葛口さん。

そのひと手間が、真似できない一つ一つの味に
繋がっているのですね。

次回は、5/9(火)です。
ぜひ、お越しください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス