hcg : 0.1



ダメでした。


2個移植に期待してしまった事は
言うまでもなく、
でも判定日に近づくにつれ
なんとな〜くダメだろうなって
思ってしまっていたので、
少しは覚悟を持って聞き、
受け入れてきましたお茶




悔しい…

何でこんなにやっても出来ないのか…

人類の仕様において
女としての責任を果たす事ができないのか…

…な〜んて落ち込んで、
人生嫌になった事もそりゃありました。


これでも
自暴自棄になったりもしましたし、
他の人が羨ましく見えたことも、
たらればを考えまくったことも、
いっぱいいっぱいありました。


そう卑屈に考えた事もあったから、
それでも一旦冷静になって周りを見回して
客観視してまた前を向く。


それが自分の人生において、
何かしらの経験値に繋がってると
信じてるので、
辛かった事も
嫌な奴になった事も
後悔はありません。








これで妊活に囚われるのは終わりですうずまき


自分の子供は欲しくないけど
旦那の子供が欲しいっていう
未練もあるけど、
そんな事考えてるから出来ないんだよ
って言われるかもしれないけど、
まぁ約6年頑張ったかな。


結婚して6年になる今年。


まだ諦めるのは早いよ!
まだ若いから何とかなるよ!
って先生にも言われたけど、
何せお金が続かない。


いつもの先生じゃなかったから、
今日の先生の言葉が
金儲けの為の営業トークにしか
聞こえなかった(笑)


帰り際先生に
「卵管造影受けてみませんか?」
と言われたけど、
それをするとまた囚われてしまうから
返事をうやむやにして終わらせてきました。


宝くじでも当たってれば、
不妊の原因を根本から探る治療を受けたり
妊活をとことんやってみるのもありだけど、
まだ長い人生、
生きていく為・楽しむ為に必要なのは
妊活ではないと私は思うので。


それにこのまま続けても
心も身体も傷んじゃう気がするもやもや


妊活やめた途端に出来たとか
よく聞くけど、
それは私には通用しないだろうな〜(笑)


妊活の制度が変わったり、
とても画期的な医療制度が施行されたら
また妊活してみるかもしれないけど。


子供そのものが欲しいなら
今の世の中色々な手段があるけど、
私達夫婦は、
遺伝子を継いだ子が欲しかったわけだから
今は考えないかなと思います。


長男な旦那の両親からしたら
孫が居らず期待もあったと思うけど
妊活に関しては何も言われる事はなく
仲良くさせてもらっています。


孫が出来るかもしれない夫婦は
私達だけだったから、
私個人的には申し訳ないなと思うけど…






仕事人に戻りますキラキラ


1度きりの人生において、
妊活に協力してくれて
主婦生活を体感させてくれた旦那に
感謝してますお茶





この先も楽しんで行けますように流れ星