HASEさんのブログ

HASEさんのブログ

ブログの説明を入力します。

前回は仏教の根底にある「諸行無常」から発したずべての事象が、仏道修行の目標とする「無我(我を無くす)」ということを通じて、「悟り」の境涯に繋がり、さらにそのような境涯で故人に「無条件に愛された経験」は、遺された遺族や人々にとって、「かけがえのない存在」になりうるというお話しをさせていただきました。

 

今回は、さらに一歩踏み込んで、「何故、人間は自分という人格をまるごと全て受け入れて欲しがるのか?」ということをお話ししてみたいと思います。

 

簡単に分かることは、人間だれしも「不安だから」ですよね?

 

今年の新型コロナウィルスも不安ですし、日本の経済、労働環境、年金から政治、老後まで不安をさがせばキリがありません。さらに世界中不安だらけ!

 

 

それ以上に人間の根本の不安、、、、それは、「自分が何故この世に生まれてきたのか?」理由が全然分からないということ。

 

さらに、「どこから来て」「どこへ行くのか」も絶対に分かりませんし、誰も教えてくれません。

 

もし、分かるという人がいたら一度、お会いしてみたい!(笑)

 

 

 

たまに、テレビなどで前世や来世のお話をさも行ってきたようにお話しされる方がおられますが、本当に行って帰って来たのでしょうか?だれも証明できません。「極楽は蓮の花が咲き誇り、美男美女がいて、いつでも好きなことができて、皆笑顔」と言い、「地獄は閻魔様が入り口でいらっしゃって、血の池、針の山、善業を行った人には蜘蛛の糸が降りてくる。と仰る。これって正に芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の作り話の世界となんら変わりません。というか、この世の続きに過ぎない。

 

大切な方がお亡くなりになって、幽霊でも夢でもいいから故人に会いたいという強烈な願望がある場合、あの世のお話をすることによって、その方が少しでも安楽になるのなら、あの世の話しというものは、非常に使えるし、使う価値があると思います。現にこのお盆に多くの方々がお墓やお寺にお参りに行くのは、それなりに意味があるからです。

 

しかし、バラエティ番組やテレビの類いの「あの世」のお話は非常に危険ですので、気をつけてください。

 

なぜなら、何度も言うように、遺族にとっての「かけがえのない人(故人)」というのは、一人一人皆異なるからです。その場にいる全員が、故人の略歴や性格、行いなどを共有できるならまだしも、不特定多数の講演会やテレビ、ラジオなどでは危険極まりない。だから、お釈迦様も「あるとも無いとも言わない」と仰った。

 

僕は瑞岩寺の檀信徒のみなさんにいつも言っていることがあります。それは、「あの世が見れるとか、前世を教えてくれる類いのお話しには十分気をつけてください。絶対に1000万のツボなんて買わないでくださいね!」と。買ってもあの世の故人には絶対会えないし、買うことによって自分を正当化しようとする心理も働くので抜け出せなくなります。第一、僕も学生時代から今日まで1200件以上ものご葬儀に関わって多くの方々を「あの世」に送っていますが、「あの世」から帰ってきた方には、ただの一度もお目にかかっったことはありません。

 

前世も来世も分からないのだから、「私たちは何のために生まれてきて、どこに行くのかも分からない」という根源的な不安が殆どの人間に毎日毎日横たわっている大きな「不安」です。だから、一昨年前に「君たちはどう生きるのか?』などというリバイバル本がベストセラーになったりしたのでしょう。

 

人間は自分で自分を認識することは、絶対にできない。常にだれかから「あなた」を認識される必要がある。そして、相手から認識された「あなた」と「長谷川さん」とか呼ばれて、「長谷川さんは長谷川さんであると自分で認識する。」

 

つまり、自分を認識するには、常に他人の承認がいるわけで、これが孤独になるとこれ以上ない不安に襲われ、自殺にまで行ってしまうこともある。

 

では、仏教では「人間が人間として生まれてきた理由など?」をどのように説いているのだろうか?

 

まさに、これらも「無記(言わない)」だ。

 

これも、ある書籍で、「自分が生まれてきたのは、◯◯をするためで、自分で生まれる場所と時間を選んで生まれてきた」というのがあった。本当か?

 

生まれながらにして、貧困と病気の土地で食糧もない場所を好んで選んで生まれてくるのか?虐待と差別が横行する家庭を好んで生まれてくるのか?生まれながらにして障害を抱えてしまうこともあろう。それを好んで生まれてくると言えるのか?

 

どうも違うような気がする。

 

永平寺のエライ和尚様が、「人間は父親と母親のご縁を通じてこの世に勝手に『ポロッと』産まれてしまう。それが人間だ。」と仰る。とてもシンプルだが、一番納得できる。

 

そして、人生の目的も、『大河の流れ』有名な五木寛之さんが「自分の人生の目的を見つけるのが、人生の目的である」と書かれておられる。つまり、人生は最初に何か目的があって、生まれてくるのではなく、後付けで自分の人生は自分の志で形作っていくものであって、前世や霊界で決まっているものではないということだ。まさに納得できる。

 

最近同じようなことを哲学者のカントも仰っているということを読んで驚いた。「神が存在すると断定するもの間違いであるし、神が存在しないと断定するのも間違いである。また、神は存在するかもしれないし、存在しないかもしれないというのも間違いである。」(カント)と。

 

信じる信じないは個人の自由だ。自分にとって、「大切なかけがえのない人」が亡くなったあとも、「自分をまるごと受け入れてくれたという安心感を与えてくれたという価値観」をホトケの世界からあの世の存在を信じることによって与えてくれるなら、あの世はあるだろう。というか、無いと困る。

 

逆にそういったものが、必要ない、価値も感じないという人には「あの世」は無用の長物に過ぎない。

 

だから、僕は毎日かかってくる人生相談でも、「あの世」の類だけは1対1ですることにしている。「あの世」は一人一人みんな異なるし、「ある」とか「ない」の話も同じように信じているか?否かで様相が変わってくるからだ。

 

話が逸れてしまったが、以上のように「自分がどこから来て、どこへ行くのか分からない」という大いなる不安が、一番最初の「何故、人間は自分という人格をまるごと全て受け入れて欲しがるのか?」の理由であるように僕は思っている。

 

だから、自分のお寺の和尚さんや、教会の神父さん、ご両親や祖父母が「あなたをまるごと受け止めて認めてくれて」一緒に「手を合わせて祈ってくれたとき」そこに大切な故人降りてくるのだと思います。

 

そして、もし、あなた自身が「この世でもあの世でも、いつまでもかけがえないのない存在として多くの人から慕われたいと希望する」なら、「なるべく自分を無くし(無我)、利他の精神でできるだけ多くの人をまるごと受け入れて、しあわせを味わえるようにしてあげることだ。また、そのような人物になるように日々精進しなければならない。」そのように「生きる」からこそ、故人の「死」も生きてくる。これを「生死一如」というのだと僕は理解しています。

 

 

 

合掌(^人^)

 

       

瑞岩寺 住職  長谷川俊道

 

 

podcastHASEの金曜は聴きこみ寺(旧:こまった時の聴きこみ寺)(毎週金曜日好評配信中!!!)

 

群馬県・太田市にある瑞岩寺の住職HASEの一風変わったトーク番組。 毎週金曜日、未知なる“寺スタジオ”に素敵なゲストをお迎えします!

インタビュアーであるHASEが、“住職”という枠を超えて、あんなことやこんなことを聴いちゃいますよ♪

さぁ、金曜は寺スタジオでゆったりまったりゲスト対談をお楽しみください。

【お便りは】www.zuiganji.comのホームページペンネーム、年齢、性別とともにお送りください♪

 

・ iTunesでお聴きになる方には、

→ https://itunes.apple.com/jp/podcast/komatta-shino-tingkikomi-si/id624486999?mt=2

・ PCで直接聴取される方には、

→ http://podcast5.kiqtas.jp/kikikomi/

 

【HASEへのご質問・お悩み相談は】kikikomi@zuiganji.com まで ペンネーム、年齢、性別とともにお寄せ下さい!

        

ポッドキャストの聴き方は以下を参考にしてみてください!

・(iPhone、iPad編)

→ http://kiqtas.jp/blog/?p=197

・(パソコン編)

→ http://kiqtas.jp/blog/?p=211

 

(住)

 

合掌  瑞岩寺住職 長谷川俊道