ZUDA.ism blog

ZUDA.ism blog

Welcome to a photo blog


テーマ:
先日購入し日本ロレックスでオーバーホールしてもらったOyster Precision ref.6426
手巻きでゼンマイを巻き上げる『時計本来の楽しさ』を与えてくれます。
Rolex Oyster Precision part3

Precision(プレシジョン)とは『精密』という意味で、1950年代から80年代まで作られていたロングセラーモデルです。
手巻きムーブメントのcal.1200系は機構のシンプルさから、壊れにくく直しやすい機械式時計の名品と言われています。

さて、今回の購入で気付くと、所有腕時計の本数が10本を超えていて10本用時計ケースに入らなくなっていました。
現在、ソウルバードさんのレッドオーク材の時計ケースを使用していまして、またソウルバードさんで購入しようと思ったのですが、2017年1月よりレッドオーク材ケースは鏡面仕上げの時計ケースに変更になりました。
Rolex Oyster Precision part3

鏡面仕上げの時計ケースを購入するのであれば、せっかくですからレッドオーク材以外の時計ケースでお願いしようと思いました。
で、一目惚れしたのがトチノキ無垢材です。
トチノキにブビンガをinlay。象嵌(ゾウガン)とも言われるこの手法は多くの木製楽器の装飾にも使われ、日本では正倉院宝物にも見られます。
※ソウルバードさんのホームページより

Rolex Oyster Precision part3

本来は10本用の時計ケースなのですが、私は8本用に内装変更してもらいました。
何故かって?
8本以上増やさないためです(笑)
Rolex Oyster Precision part3

製作にあたり、ケース内張り(内装)は、今回もソウルバードさんにサンプルを送っていただき選択しました。
で、今回選んだケース内張り(内装)は、地中海放牧ラムレザーで、色は今回もグリーンです。
何故、今回もグリーンかって?
それはロレックスのカラーだからです(笑)
※地中海放牧ラムレザーは、育った環境と含まれる脂質が優れているため、他の素材と比べると耐久性が高いそうです。
また、イタリア製LOCKの取り付けやクッションホルダーを手首周り17cm用で製作していただきました。
とても素敵な時計ケースに仕上がり、とても満足しております音譜

さて、あと残り一本、何を買おうかな(笑)

テーマ:
先日、自分へのご褒美に購入したOyster Precision ref.6426ですが、ショップが提携している技術者が今年、オーバーホールを行っています。
ですから、日本ロレックスにオーバーホールをお願いしなくても大丈夫なのですが、念のため(?)日本ロレックスへ見積もりを依頼しました。
オーバーホールの必要がなければ、そのまま返却です。

そして数日後、日本ロレックスから見積書が届き、唖然としました。
オーバーホールが必要な商品だったようです。
ショップが提携している技術者がオーバーホールを行っているなんて真っ赤なウソはてなマークあせる

Rolex Oyster Precision part2
内容は、基本的なオーバーホールの他に
①針の夜光劣化により交換(9,000円+3,000円)
トリチウムからルミノバへ変更になるから文字板も交換(39,000円)
②ブレスレットは劣化のため交換
7835(巻きブレス)から78350(ハードブレス)へ変更(95,000円)
③クリスタル交換
丸い風防から平らな風防に変更(5,000円)
※クリスタル交換をしなければ日本ロレックスではオーバーホールをしてくれません。
④ケースの錆
ベゼル交換(15,000円)・ミドルケース交換(105,000円)・裏蓋交換(16,000円)

Rolex Oyster Precision part2
結果、私が日本ロレックスに依頼したオーバーホールの内容は
①ビンテージの雰囲気を損なうので交換なし
②上記と同じ理由で交換なし
③クリスタル交換は拘りがないためOK(実はドーム風防って言う言葉が嫌いなんですw)
④総計 374,760円で予算オーバーのため交換なし。
この値段だとref.6426が2本買えてしまいます汗

ところで、みなさん、お気付きでしょうかはてなマーク
見積書・ご請求書/納品書に記載されている▲20,000の数字にひらめき電球

















Rolex Oyster Precision part2
そーなんです。このref.6426は正規品のためオーバーホール基本料金が半額なんです音譜
それにしても保証書の「ロレックス時計会社」って(笑)

Rolex Oyster Precision part2
同封されていた「国際サービス保証書」です。
昔はハガキ大のペーパー式でしたが、薄いカード式のものになりました。
また、カード式になってからはオーバーホール後の保証期間が1年から2年へと増えています。
余談ですが、記載されている日付が発送の翌日になっています。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス