伝統工芸 金工 肥後象嵌 稲田憲太郎 光秀

伝統工芸 金工 肥後象嵌 稲田憲太郎 光秀

象嵌とは、物の名称ではなく技術の総称です。
肥後象嵌を通して伝統工芸をより多くの方に知っていただきたく始めたブログです。

【本人携帯】 090-7380-3862

【メールアドレス】 higozougan@gmail.com
NEW !
テーマ:

みなさまこんにちは!

 

 

最近気になること

 

タコワサはあるのに

 

なんでイカワサは無いのだろう?

 

 

………………………

 

 

塩辛のほうが保存できるから?

 

 

とかずっと考えている職人です!!

 

      

 

 

 

 

 

はい  すいません

 

 

 

 

 

えーーーー今回は!!

 

 

出張!肥後象嵌体験教室をするために!

 

 

熊本市立 桜山中学校にお邪魔しました!

 

 

 

 

校舎に入ると

 

先生たちが あたたかく迎えてくださいました。

 

校内の雰囲気もとてもよく

 

生徒さん達もみんな元気!!

 

むぞらしか~!

 

 

いつもお世話になっている

 

熊本市文化振興課の庄山さんの挨拶から

 

スタート!!

 

 

 

 

 

肥後象嵌の歴史

 

技法の説明

 

そして!いよいよ体験!

 

金槌や鏨など初めて持つ道具

 

材料の純金や純銀や合金など

 

見て 聞いて 触って  体験

 

先生方のご指導のたまものですが

 

流石中学生!言葉の理解度が高い!

 

生徒の顔は出せませんが

 

とても良い表情をたくさん

見ることができました!

 

 

 

  

 

     

 

美術の清水先生が

 

「前もって肥後象嵌がどういうものか授業しました。

 

子供たちがとても楽しみにしていたんですよ!」

 

とお聞きしてなるほど!流石!

 

この出張体験教室がよくなるために

 

努力してくださっていたことに感動です!

 

 

 

 

 

 

 

(左から美術講師清水先生、長瀬校長先生、

肥後象嵌稲田、熊本市文化振興課庄山さん)

 

 

体験が終わり校長室へ

 

長瀬校長先生から

 

「生徒だけでなく、地域のみなさんが

 

見に来てもらえるような体験教室を

 

校内でやるのも面白いですね!」 

 

と言っていただきました!

 

教育!地域!行政!文化!が繋がり

 

意味のある時間を

 

継続的に作れたら楽しいですね!

 

 

本当に皆さんのおかげで楽しい

 

出張体験教室になりました!!

 

ありがとうございました!!

 

今後ともよろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス