このあいだAndroid版のTwitterをアップデートしたらホームや通知アイコンが下に行ってしまい使いにくくなってました。
アプリはGoogleホーム上は最新版しかないので以下のサイトでapkをダウンロードしダウングレード。
自己責任です。アイポンは分かりません。。。
 
最初にアプリを消してからapkをダウンロードし実行でインストール出来ます。
Ver7.1くらいまでが上段にホームバーなどがあった気がします。(うろ覚え)
スマートフォンのブラウザから開いて下さい。
 
 

 
FaceBookも同様にダウングレード出来ます。
最新版はストーリーの欄が画面の半分以上を占めており私には滅茶苦茶煩わしいのでダウングレードしました。
バージョンが古くなりすぎて「思い出」が「過去のこの日」になってましたが(笑)
 
改悪ともいえるバージョンアップに遭遇してしまった場合はいっそのこと旧バージョンに戻してアプリを使っても良いでしょう。
もちろんGoogoleプレイのアプリ自動更新はオフにしておいてですけどね。
 

スマートフォンの台頭でコンパクトデジタルカメラの売り上げが低迷し数年前には各社が出していた防水コンデジは2018年になって完全にリリースされなくなってしまいました。

とは言え過去のプロダクトは良い物が揃っているのでスマホを防水ケースに入れてうっかり浸水するよりは安全な防水コンデジは1個は持っていても良いと思います。

 

私はNIKON COOLPIX S30から始まりました。

10,000円前後の格安防水タフネスカメラですが乾電池で駆動し操作も簡単なのでお子様向けと言われています。

NIKON製品なので写りは綺麗ですね。フラッシュが初期状態で常にオートになってしまうのが弱点。

 

その後リコーWG4に乗り換えました。

WGシリーズはもとはペンタックス製品でしたが合併してリコーモデルに。

WG-4だけシャッター速度優先モードがあります。(あんまり使ってなかったですが)

 

特にシャッター速度モード等は気にしなければWG50等でも良いと思います。
写りは室内ではちょっと不思議な色合いが出るので設定でいじった方が良いかもしれないです。

 

その後オリンパスのTG850/860と続きます。

 

 

もう生産が終わってるっぽいので新品は破格ですが、チルト液晶&広角21mmの防水コンデジは唯一無二の使いやすさ。

砂に落としてチルト部分を曲げると浸水するかも知れませんが安全に使いこなせば大丈夫だと感じています。

 

個人的にはTG850~870は一台は持っていて損が無い防水カメラだと感じます。

その他にもNIKONのAWシリーズも良さげですね。(チルト液晶ではないですが)

 

 

防水コンデジは年が進むほど無くなっていくと思いますので今のうちに相棒をゲットしておくと良いでしょう。



CASIO FR200にて全天周(要するに180度のVR)動画をEXILIM360Viewerにて編集しました。
撮影時の向きによって縦分割の360度動画になったりするので、アイコンのサムネイルに自分が撮った映像が真四角で真ん中に来ている様に映像の向きを編集しておくと良いみたいです。