東村山 萩山 小平 子供の生きる力を育てるピアノ・声楽教室 きらきら音楽院

東村山 萩山 小平 子供の生きる力を育てるピアノ・声楽教室 きらきら音楽院

幼児音楽教育、声楽で音楽高校、音楽大学受験、コンクール対策(ピティナ、グレンツェン、ブルグミュラーコンクールなど)本格的なクラシックの声楽とピアノを教えているお教室です。

こんにちは



東村山市 小平駅 萩山駅 近くの
ピアノ 声楽 教室 きらきら音楽院の
伊藤三絵子です。


前回のブログで、


振り返ってみると
努力の結果よりも
プロセスが輝いていた という



生徒との経験談を
書かせていただきました。



彼女の周りにいたご家族の応援が
それはまた
とても素晴らしかったのです。




幼稚園の頃から、
彼女とママは
仲良く一緒にピアノの練習を
頑張っていました。



そして、
彼女が3年生くらいになった時、
私は彼女とお母さまが
ぶつかる姿を見てきました。





ちょうど私にも、コンクールを受けようと
していた息子がいるのでそのけんか
は目に浮かぶようでした。



そこで、私は
彼女に1つの提案を・・



待っている時間に
レッスンノートにまとめを書いてみようよ。
レッスンした内容がアウトプットする
ことで頭に入るから、ママに言われる
ことが減るかもしれないよ!






素直な彼女は、その日から
私がお母さまのレッスンをしている間に
レッスンノートにレッスンの内容を
まとめて書くようになりました。





そして、その週から
お母さまも、変わっていったのです。
娘が練習しやすいように練習する場所
を箇条書きに書き出したメモを渡すように
なりました。





その翌年、
レッスンのメニューを
彼女が自分で書くようになりました。




ママは週末に聴くというスタイル
に少しずつ移行していきます。



そして




ついに、
翌年からコンクール前でも
自分でほとんど練習できるように
なっていきました。





そして、




彼女が6年生になるときに
お母さまから、
彼女にグランドピアノが
プレゼントされたのです。







頑張っている彼女にとって、
ハーフタッチができない
細かなペダリングの練習ができない




アプライトピアノでの練習の限界に
気が付いたお母さまからの
最高のプレゼントです。




そして、
現在は中学生になり
勉強とピアノの両立を
見事にこなしています。
テスト中でも1時間の練習を欠かさず
してるなんて聞くと嬉しくなって
しまいます^_^





お母さまが買ってくださったピアノで
家族に応援されながら
好きなことに思い切り熱中





それって





この世で一番幸せなことなのでは
ないかな・・・









お母さまも娘のために
今できることができて幸せ💛
娘は新たな武器を手に入れ、またそれを
手に謙虚に努力を続けています。





先生はこれからもピアノで
人生を切り開いていくマインドをもつ
生徒を育てていきたいなと
思っているわけです。




シリーズ長くなりましたが、
終わりです♡





それではまた








こんにちは



東村山市 小平駅 萩山駅 近くの
ピアノ 声楽 教室 きらきら音楽院の
伊藤三絵子です。




今日も雨・・



雨の日でもレッスンを休まずに
きてくださる生徒さんに
何か一つでも多くのことを
持って帰ってほしいと思って、
今日も全力でレッスンしています。




最近の考え事は
私が、最も大切にしているお教室行事
お楽しみ会をどのように安全に
運営していくのかということです。



なぜなら、発表の場は
生徒が



人生で大切なことを学べるからなのです。



人は

本番があるから

目標に向かってスタートする

生徒が成長するために努力を重ねる

練習が定着する

次の本番がある

目標に向けてまた、スタートする

成長するために前回よりも努力をする

練習がますます定着する



わかりやすく書くと、
こんな感じです。



生徒は目標(コンサート)に向けて
コツコツと努力することを
自然に覚えていきます。



1回の努力だけでは身につかないことが
10回、20回、30回・・・100回と
続けることで、


努力し続けるコツを心と
体で学んでいくのです。




たかが、音楽。



されど 音楽。




多感な幼少期に本番を積み重ねていく
経験値は、本当に大きな差になって
いきます。




その子が将来、自分が
本当に好きなことを見つけたとき、




人より情熱をもって、とことん
努力することができるか
ということは、
人生にとって
本当に大切だと思います。




長くなってきたので
今日はここまでにしておきますね。



明日はその続きを書いてみたいと
思います。








こんにちは


東村山市 萩山駅 小平駅 近くのピアノ
声楽教室 きらきら音楽院の伊藤三絵子です。



昨日は、ちょっとお堅い口調の
ブログを書いてしまいました。
そのせいなのか、たかぶってしまい
夜中に何度も目が覚めちゃう・・><



というわけで
またいつものように書いていこうと
思っています。



今日は、
バッハのインベンションについて!




私はレッスンで
ピアノを習って間もなく
作曲家について、
面白おかしく解説するように
しています。




最初に説明するのはやっぱり
ベートーヴェンについてでしょうか!




そして、小学校低学年で初めて曲らしい
曲として触れるのがブルグミュラーですね。




始めはブルグミュラーのことを
本の名前だと思っている生徒に
ブルグミュラーってね 
作曲家なんだよぉ!




と教えると



「え!?」


となるから、楽しい。




続けて、いつも紹介するのは彼の
正確について
すごーく 神経質な人だったらしいよ。





だからね





どの作曲家よりも詳しく
記号を書いているのよ!





と説明すると気を付けて楽語を
見てくれるようになる。





そして、今日の本題。




バッハのインベンションを渡すときには
必ず、こういう。




バッハのインベンションはね!
ピアノを勉強している人の中でたったの1割
しかたどり着いていないテキストなのよ!







だから、このテキストにたどり着いた
ってことはね!
全ピアノ人口の1割に入ったってことなの!





すごいよね。○○ちゃん!!!!
おめでとう。
だから明日からはね
プライドもって練習してね!









こんなに難しい音符の多い楽譜なんて読める?





なんて、声をかけたら
みーんな




「はい!!大丈夫です。」




って答えてくれるから、嬉しい。





そして、さらに私は
バッハの生涯についてしっかりとレクチャー
します。




⭐️いつ頃生まれたのかなということ

⭐️どんな性格だったのかな・・・ということ

⭐️バッハに才能がすごすぎて
当時の人に受け入れられなかったという
事実。

⭐️息子が20人もいて、奥さんが
二人いたということ。

⭐️どのように、出世していったか
という苦労話  





などなどです






そうするとさらに
生徒はバッハという作曲家に興味を
もってくれるんです。





先週、バッハが中々進まなかった
高校生男子に、この話をさらに
詳しくしたら




お母さまの前でバッハについて
1時間も語ってしまったそうです!






これをきっかけに





1人でも多くの人が





他の作曲家にも興味を持ってくれたら
先生は嬉しいです!




偉大なるバッハ先生。



ちなみにこの髪型はカツラで、
カツラは、当時の正装だった
ようですよ。



東村山市 小平駅 萩山駅 近くの
ピアノ声楽教室 きらきら音楽院の
伊藤三絵子です。


今日は、教え始めた頃のことを振りかえって
見ようと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ピアノを初めて教えたときのこと・・・






初めての生徒は今思うととっても
できる子だった



私は、自分が小さな頃に教えてもらった記憶
を思い出しながら、生徒に音の読み方から
教えていたと思う。



すぐに2人目、3人目と問い合わせが
きて、どんどん生徒が増え始めた。



そして、4人目を教えたときの違和感は
今でも忘れられない・・・
全く、生徒が理解していないということに
その時気が付いた・・・




その時、私は生後1歳の赤ちゃんがいたが
無我夢中で指導法の研究をしていたと思う。




月に10回は、指導法のセミナーに通う日々
が続いた。
通うようになってから、生徒は
瞬く間に上手になっていった・・・




それで、私も満足していたが
すると今度は、
コンクールに挑戦してみたい
という生徒が現れたのだ・・・





初めて生徒がでるコンクール
すぐに、予選、本選、関東大会と
順調に進んだ




でも、コンクール開場に足を運び、
もっともっと
いい音で弾ける生徒の演奏に出会った。






驚愕した・・・







私の生徒に、もっと成長してほしい
音楽を心から愛せる生徒を育てたい








そのためには、
私がもっともっと成長しなければと、
今度は、
新しい輝く音色についての指導法
の勉強が始まったのだ




お月謝は当時5000円だった。
勉強に行くためのお金は糸目をつけずに、
赤字垂れ流しで、貯金を下ろして、
勉強したと思う。






私の耳が変わったことで、
生徒の演奏を聴いて
今まで聴こえなかった”足りないもの”
次々と聴こえるようになったと思う。





初めて挑戦したコンクールよりも
レベルの高いコンクールでも、少しずつ
結果も残せるようになってきた。






お月謝は現在12000円頂いている。
多分近隣のお教室の相場よりも、かなり
お高いらしい。



実情は、あまりそれでも儲かっていないえーんガーン




今はもっともっと生徒が成長できるように
新たな勉強に身を乗り出した。
生徒の演奏を聴いて、見えなかったものを
見つけられるために。



指導法を学ぶということは、

他の先生の視点で、
生徒の演奏を聴くこと


なのかもしれないと思った。





素晴らしい先生の指導法を知ることは
その先生が、どんな考え方をして、
どんな風に生徒をみているのかが
わかる。



その時初めて、
自分が想像もできなかった
指導ができるようになるのだ。




だから、





学ぶことが続くのだと思っている。




でも、
どうして私と素晴らしい先生は
そんなに見えているものが
違うのだろうか?



聴こえている音は一緒のはずなのに・・・



どうやら、
聴こえている音は同じでも、
頭の中では全く違うものに変換
されているということが、
わかった。





これからも、いろいろな先生がたの
指導法の勉強、
レッスンで研鑽していこうと思う。



当たり前のことだけど、
私が生徒のためにできる唯一のことだから!