羅盤を使った風水実習

テーマ:
風水鑑定で欠かせない羅盤による方位測定。

今日の講座では、羅盤の使い方の勉強をしました。



最近の炎天下が続く暑さの中、使用方法や作法、禁忌事項を学んだあと、実際に使ってみました。


初めは水平にならかったり、針が揺れてなかなか安定しなかったりして、難しいようでしたが、生徒さんは一生懸命やってました。ニコニコ

生徒さんの中に、最近息子さんが大阪から東京に転勤になったという事で、さっそく物件探しに羅盤を使っている方もいます。おねがい

学んだ事をすぐ活用していて、吸収力の早さにビックリです。音譜ラブラブ


羅盤を扱う際には、時計やネックレス、スマホなど金属製のものを外して測定します。

そして、羅盤禁忌日といった一年で13回ほど使ってはならない日というものも存在します。

正確に測定できなけば鑑定結果が大きく変わってしまう可能性がありますから、基本知識の学習、度重なる実践練習は欠かせません。

風水鑑定で重要な羅盤は、信頼できるメーカー選んだ方がいいです。安いからといってアマゾンなど売っているものは、あまりオススメできません。

興味のある方は、台湾から輸入したプロ愛用の羅盤の在庫が多少残っていますので、お問い合わせください。

使用方法、作法など丁寧にお教え致します。

鑑定・講座のお問い合わせ、お申込みは

清吾-SEIGO-

先日、虎の門ニュースに"つるの剛士"が登場しましたビックリマーク




虎の門ニュースは、とても勉強になる番組で、私は毎日欠かさず見ています。

つるの剛士さんは、ウルトラマンダイナ、羞恥心、理想のパパ一位と、イケメンでイクメンな大人気タレントです。

そして最近では、Twitterなどの発言で愛国タレントと呼ばれてもいます。

その由縁が安保法案と流行語大賞のツイートです。

●2015年の安保法制のツイート



●2016年流行語大賞のツイート



読む限り、全然問題ない発言です。それがレッテル張りされた報道がされました。

この炎上についての時系列についても番組内で話されています。

やはり、直接本人聞いてみないと、本当の思いや事実がはわからないですね。

報道だけでは、真意がわからない現実...
テレビや新聞の偏向報道が、年々ひどくなってますからね。

テレビや新聞のみだけで情報を得ているのはかなかなか気付けないでしょうね。ショボーン

・"安倍政権の支持率が下がっている"と報道する割には、選挙すると自民党が圧勝。

・"安倍総理は戦争できる国にしようとしてる"と報道するが、戦争しようとしているのはミライルを飛ばす北朝鮮や領海侵犯する中国では?

・1年半以上にわたりモリカケ問題の報道だかり。証拠もないのに推測- 疑惑だけで、犯罪者扱い。いつまで続くのか?

報道は中立で公平でなければなりません。そして、視聴者が自分の頭で考え意見を持つべきです。しかし、今の報道は正しい情報を流さず、考え方を押しつけています。これは大問題です。

芸能人はテレビに嫌われたから仕事が無くなってしまう可能性がありますから、つるのさんの行為は、たいへん勇気がいるし覚悟がいる事です。

番組内で紹介された本を買って読んでみましたが、つるのさんの動機が、ただただ家族を愛するため、地域を愛するため、生まれた日本のための行動だというのが凄い良くわかりました。

本物の男です。つるのさん、かっこいいです。ラブ

 
↓興味のある方は、見てみて下さい。30分あたりから、つるのさんが登場します。


清吾-SEIGO-