引越しは人生を良くする開運になります。

風水で引越しをするコツを90分でまとめた講座を開催します。
近々引越しの予定がある方、必見です。ウインク

ご興味がある方は、下記のリンクからお申し込みください。




今年は六十干支でいうと「辛丑」になります。どのような年になるのでしょうか?干支は殷の時代(紀元前1400年頃)から長い歴史を持ち、東洋の文化を形成してきました。
東洋の思想は、古の先人たちが、数千年という長い時をかけて、膨大な統計、実例を重ねて実証を繰り返し、予知してきました。多くの先人たちの知恵が凝縮された「干支」から、現代に生きる私たちに教訓を教えてくれます。

●辛く、忍耐が必要な年

十干の「辛」の象形文字は鋭い刃物を描いたものです。それで刺すことで痛みを感じることから、つらい、むごい、ひどい、きびしいという意味があります。そして、「辛」は「新」に通じ、「庚」に次ぐ「辛新」の意味があります。
10年前の2011年は東日本大震災があった年も同じ「辛」の年でした。この震災の影響によって、原発のエネルギー問題点を考えから自然回帰、家族や地域の絆の大切など様々な価値観の変化がおきました。

十二支は植物の成長過程を表しており、「子」の種子の段階から、「丑」は芽を出し曲がったいる状態=伸び悩んでいる状態を表します。「丑」は安定や忍耐の象徴とされる動物でもあります。それゆえ、コツコツと努力をし、一歩ずつ進んでいく事が今年の生き方です。決して、貪欲なり、焦ってはいけないし、手っ取り早く稼ごうとすると逆に損をしてしまいます。




毎年、年末に開催している”新年の傾向と対策”セミナーのお知らせです。

 

 

来年の丑年は、あまり良いとは言えない年になりそうです。

 

明日雨が降ると分かれば、傘やカッパを準備したりするなどをして準備をすれば乗り越えることができるように、対策をすることで苦難を乗り越えることができます。

 

一年の運勢を干支の持つ意味合いやフライグスター風水から、一年の運気を読み解き、対策やチャンスの掴み方などを説明していきます。知るのと知らないとでは大きな違いがあるはずです。

 

このセミナーでは、一年間の暦から吉日の割り出し方についての解説も付いているので、大変お得な講座となっています。

 

 

ご興味がある方は、是非ご参加して下されば幸いです。

 

日時:2020年12月26日(土)19:00~21:10(途中休憩あり)

料金:8,000円(テキスト・2021年の暦を含む)

※このセミナーはZOOMでの開催となります。

 

お申込みは以下まで

風水ライフデザイン事務所クローバー