結婚式

テーマ:
私のではなく・・弟の結婚式が、この3連休にありました。
朝イチに美容院に飛び込み、髪をアップにセット。
身内の結婚式なんて、最初で最後なのでせめてキレイにせねば。。です。

場所は、舞浜の某ホテル。
会場に着くと、ロビーには、大勢の人が溢れかえっていました。
今日はいったい何組のカップルが式をあげるんでしょうか?

久しぶりに会った親戚達に挨拶をするのですが、そのたびに「弟に先にゆかれた姉」への慰めORプレッシャーを受けて、かなりビミョウな立場に。。まあ、これはクルと思っていたことなので、しょうがない。

親族達が入る部屋に通され、そこで弟夫婦とご対面。

いつになくちゃんとした礼服を着ていた弟は一瞬頼もしそうに見えましたが・・ちょっと話すといつもの弟です。
お嫁さんは、可愛い人で、かなりのしっかりモノ。横で小声で、色々弟にアドバイスをしていると見え、早くも尻にひかれているようにも見えました・・。

海が見える屋外チャペル→披露宴会場と、親族・ゲストたちは移動するのですが、写真撮影は、なんと庭園で斜め上から全員を撮りおろす形。
学校のアルバム撮影を思い出します。
(今は色んな形があるんです)

披露宴は、始終和やかな雰囲気に。
私たち親族は、父・母・私の3名。かなり寂しい雰囲気です。汗
まるで、実家の食卓と変わりがないっ・・。

ゲスト挨拶→花束贈呈をここでも行いましたが、涙のシーンはなく、うちの父親の原稿棒読みの挨拶で、滞ることなく終了。
(全然、原稿から顔を上げないのって、どうなんだろう・・意外にも緊張しいの人でした)
今まで友人の式にはくさるほど、出席しましたが、さすがに身内だと「結婚するんだねー」という実感がわいてきます。
不思議です。。

弟夫婦は私の家の近所に住んでいて、車(私所有)を貸し借りする仲。
今まで、なんとなくお付き合いしていた人が、新しく親戚になると思うと感慨深いです。
自分のときは、どうなるんだか・・
全く想定できないんですが。地道に頑張るしかないですねえ。おやしらず