冷やすな体を!!

テーマ:

こんにちはみかん

ブログ担当石橋ですいのしし

 

突然ではありますが温かいの飲み物=体を温めるではない。

 

温かい飲み物を飲むと体の内側からポカポカする感覚がありますが、長く持続しないと思いませんか?

それは温かった水分が体内に入り常温に戻るからです。

 

逆に体温が下がることもあります。

温かい飲み物を飲んで体が一時的に熱くなると、脳が体温調節をするために汗をかくように命令されます。汗をかくことで体温が下がるようになります。

 

また、飲み物を飲むとトイレに行きたくなりますよね。尿には体内の熱を逃がす役割もあるため、例え温かったとしても大量に飲み物を摂取すれば、排尿とともに体温が下がってしまうのです。

 

定番ではありますが、温まることが期待できる飲みもの。

①生姜湯

体が冷える原因のひとつに、血管が細くなってしまうことが挙げられます。

生姜には辛み成分「ジンゲロール」が含まれており、細くなった血管を拡張し血流をよくする作用があります。

②ココア

ココアに含まれている「テオブロミン」は血中に入り血管を広げる作用があります。

緩やかに体温を上昇させるので、下がりにくい効果を持っています。

③紅茶

紅茶の茶葉は発酵して作られているため酵素が豊富に含まれており、胃腸の働きを高めて内臓の動きを活性化させ体温上昇が得られます。

④ゆず茶

ゆずの皮には「ヘスペリジン」というポリフェノールが含まれてます。毛細血管を拡張させ血循環を良くすることで血流改善し体が温まることにつながります。

 

シャワーも体を冷やすのでしっかりと湯船に浸かないといけません。食事改善も必要にはなってきますが当院は冷えに対するアプローチ指導も行っておりますのでお気軽にお越しください。

※何とも言えない表情www

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

福岡市東区箱崎7丁目8-8 箱崎パルク2F 

※駐車場有、立体駐車場完備

Tel.092-643-7070  Fax.092-643-7077

日曜日祝日毎月第2木曜日
お休みとさせていただきます。

 

ホームページはこちらから!コラムも掲載中!
福岡市東区全力はりきゅう整骨院

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■