MpowのH7というワイヤレスヘッドホンを使っています。

 

価格が2~3千円という安さ!

 

3時間の充電で連続15時間再生可能。

 

Bluetoothの接続は安定しており問題無し。

 

音が良いのがビックリ!

 

重低音がしっかりしております。

 

中高音はSONYの安価な製品のように下手に安っぽくシャリシャリしておらず、多少篭っている感はあれども全体的によくまとまっています。

 

強いて言えば音が硬いかな。

 

奥行き感は無く平面的な聴こえ方で、長時間聴くには疲れますね。

 

それでも外出時、周囲がざわついている中で一時的に音楽を聴くには十分過ぎます。

 

費用対効果抜群!!

 

 

しかし最大の不満もあり。

 

最低音量を調整出来ないのはヘッドホン側の問題なのかね。

 

一定音量以上じゃないと聴けなくて、音量を下げていくと突然音が消える。

 

これ、問題だろ。

 

 

そうそう、日本人は高音が好きみたいで高音がクリアに聴こえるようにチューニングされているそうです。

 

それに比べてアフリカや南米の人々は重低音が好きなので、現地で販売されているオーディオは重低音を強調するようにチューニングされて、ウーファーも沢山あるようです。

 

私はベースを弾いていたこともあり重低音が好きで、音楽を聴くときは重低音を追いながらその旋律をベースに、中高音を聴いています。

 

そのため高音強調気味の、一般消費者向けのSONYのオーディオの音は好きになれない。

 

フランスのFOCALのスピーカーは重低音が強く、それでいて高音が綺麗に抜けるので好きでした。

 

デンマークのダリのスピーカーは高音が抜群ながら、重低音とのバランスがイマイチ好みではありませんでした。

 

やはりイギリスのB&Wが最高なのでしょうか、しかしスピーカーの性能を最大限発揮させるにはアンプを選ぶようで使いこなせない。

 

もっと言うなれば、アンプが真空管やデジタルかでも大きく異なりますし、スピーカーも他にも色々ありますし、キリが無いわけで。。。

 

 

今までは通勤時にBOSEのノイズキャンセリングヘッドホンを使っていましたが、3万円以上するんですよこれ。

 

イヤーパッドがボロボロになってしまって交換に出すのも面倒だし、ノイズキャンセル中も耳への負担がかかるということを知ってから、使わなくなってしまいました。

 

これでまた暫くは移動中、読書以外の時間は音と共に。

 

 

それでは蒸し暑い今日この頃、涼しい音楽をどうぞ。

 

途中で流れるウッドベースのソロが静寂を強調、渋い!

 

「City Lights」Duncan Millar

 

 

今週もお疲れ様でした。

 

皆様、良い週末をお過ごしください。