暑中お見舞い

テーマ:

「暑いですから仕方ないですよ。」

 A社長は、税理士のB先生からの電話にこう答えた。

 

連日36度を超える猛暑である。

もう高齢のB先生にとっては、相当こたえるものだったのだろう。

体調を崩して、今日は来られないとの事だった。

 

最近A社長は、B先生の事が心配である。

跡継ぎもいないし、もう70歳近いのである。

 

「先生もそろそろ引退された方が良いんじゃないですか。」

「私も考えているんだけどね。顧問先がたくさんあるからね。」

 

確かにB先生は手広くやっている。多種多様だ。

だから、顧問先を継がすにも一人では無理だし、困った状況なのである。

 

「税理士の紹介会社なら何とかしてくれるかもしれませんよ。」

ふと、冗談交じりにA社長はつぶやいた。

「確かに、事業承継もしてくれるかも・・一度相談してみるか。」

 

B先生は、そう言いつつ来週会う約束をして

早々に電話を切った。

 

「本当に暑すぎるよな」

A社長はつぶやきながら、事務所から工場へ戻っていった。

 

問い合わせはケアーズ・コミュニケーション株式会社まで