月の光に導かれ

テーマ:
台風一過で、すっかり秋の香りがしてきました。
思えば、明日は中秋の名月ではないですか。
こんばんは、じゅんのすです。

さて、そんな台風がやって来る直前の先週土曜日。
ワタクシ、こんなものを観てきました。





ミュージカル「美少女戦士セーラームーン -La Reconquista-」
です。

こんな風に「観てきたー!」と書くと、
『花方、好きだったんだね~、ふふふ』
と思われるでしょう。
しかしね、

実はね、

花方、一度もセーラームーンのアニメを見たことがありません。
好きだったのは、中学の時の、隣のクラスだったすーくんです(笑)
体育館で主題歌歌ってましたもの(笑)
『またまた~』
なんて言われても、見てないからねぇ…。

一応ね、キャラクターはだいたいわかります。
実写ドラマ(特撮的に)をやっていた時に、何となく見ていたし。

じゃあ何故に観に行ったのか。
脚本・演出をされている方に、見ていただたいた事がありまして、その関係もあって。
いや、チケットはちゃんと取ってますよ。
お金払って。
お客さんです。


で、ミュージカル。

すごく楽しかったですよ♪
一緒に行った、事務所の子がダーッて泣いていましたし(その子はバリバリアニメを見ていました)。

時にコミカルに、時にグッときて。

何より、タキシード仮面様がもう!
カッコ良すぎ!
大和悠河さんが演じていたのですが、
立ち振舞いが、見栄を切った時が、決まりすぎるって言うんでしょうか。
時に、見栄を切った時にウインク!
キュンキュン来ましたよ。
ヅカにハマる方の気持ちって、こんな感じなのね。

シャンとした背筋、歩く姿、やらしくない色気と言うか、
そう、『凛とした』姿!



…アレ?大和さん讃歌になってる?
でもね、そのくらいマモちゃんがカッコよかったのですよ。
だからこそ、うさぎちゃんを始めレイちゃん、亜美ちゃん、まこちゃん、美奈子ちゃんも、より映えたんだろうなーって。

細かいところは、まだ上演していますから触れませんが、もしお時間に余裕があったら、見てみると良いかもしれません。

『見栄え』って、こう言うことを言うのか、と学びました。
そして、花方の中に新しい扉が開いたかも。
ヅカも見たいと思い始めてしまいましたよ。

ささ、今度は何を観に行こうかしら~♪


Android携帯からムーンプリズムパワー