メタル(流川)スライム「ドラクエは算数じゃねぇ」 | THE記。

THE記。

毎日穏やかに暮らしたいZAK1の日々の生活、思うことをほぼ毎日書いていこうと思います。
趣味はゲームを買う&集めること。(笑
他には、ゲームの最新情報やプレイ日記などなど。

どうもこんにちは。

今これを書いているのは朝の9時過ぎ。

今日も仕事を終えて、帰ってきたところです。

いつもは帰宅してお風呂に入ったらすぐにブログを更新していたのですが、

今日は眠気に負けて今の時間まで寝ていました。

九州では梅雨明けが発表されたようで、関東地方もこれは時間の問題ですね。


(ドラクエIX)※ネタバレあり

さて、昨日までで、黒騎士を操っていた妖女・イシュタルを倒した所まで書いたと思いますが、

今日もストーリーを進めました。

上記のイベントではまだまだ天使界に帰るための霊力が足りないらしく、

主人公たちは新しく行けるようになった町へ向かいます。

そこでは村の半数以上の人を苦しめさせる病気が流行っていて、

その病気の原因は村から西にある洞窟が原因の様子。

昔も同じような事があったみたいで、再発した。という感じですね。


疫病の原因を現場まで追究しに、村の考古学者・ルーフィンがパーティに同行して、

その洞窟まで行きます。

このルーフィンにはその町の長の娘であるエリザ、という妻がいて、

他の町人たちには心を開かないルーフィンですが、エリザには心を許しているんですよね。

そのエリザも表面上は元気を装っていますが、実はその病気にかかっていて…。

…以降はネタバレになるので控えます。(笑)

この町のエピソードも昨日話した『幽遊白書』の第1巻にあるような、

「ちょっと良い話」エピソードでした。

エリザの思いにはちょっとぐっときましたね。


そんなこんなで町の人からの大量の霊力を貰った主人公は、

天使界へと戻ります。

ここで、姫ギャルのサンディともお別れ。

彼女いわく、「ちょっと用事があるから」ということですが、また戻ってきて欲しいです。(笑)

「せんれき」の画面は背景がピンクのままでしたし。

主人公と同じように地震で世界各地に散らばってしまった天使は大勢いて、

戻っていたのは主人公だけみたいですね。

さて、これからどうなるのか、というところでひとまず今はセーブしています。


疫病の村エピソードの洞窟のボスも、やはりレベルさえ上げていれば強い相手では無いですね。

ルカニが2回利くので、あいてのしゅびりょくを「がくっと」さげられますし。

これで味方の体力を気にしつつ普通にこうげきしてれば勝てます。

ただ、ボスは1ターンに2回攻撃するようになりましたけどね。

まぁそれでも強い全体攻撃は無かったので、脅威では無かったです。


その洞窟は封印のほこら。っていういんですけど、

そこでドラクエ9初であるメタルスライムとエンカウントしました。

シンボルエンカウントなので、最初からメタルスライムの姿が見えます。

奴の姿を見た瞬間、血眼にして追いかけてました。(笑)

出現率はそこまで低くなく、7,8回に1回くらいはエンカウント出来ますね。

んであまり逃げません。

なのでエンカウントさえすればほぼ確実においしくいただけます。

他のシンボルの敵に交じって出現する事もあったりで、

今回はメタルスライムに関してはレア度が下がったかな?と思いました。

(といっても僕は4DSしかやったことありませんが 笑)

パーティのうち、2人がとくぎの「メタル斬り」という、メタル系のモンスターに対して強力な攻撃を放つ事が出来る、

というのを覚えているのでそれを使えば確実に倒せますね。

大体1回にもらえる経験値は1000くらい。

これで一気に4レベルくらい上げました。

今回は他の職業に転職するとまたレベル1スタートなので、この洞窟を上手く利用していきたいと思います。


さて、昨夜は電車の中でもドラクエをやっていたのですが、

やはリ発売日直後。ということなので、同じようにやっている人がいましたね。

もちろん話しかけたりとかはしなかったけど、(笑)

すれちがい通信を試してみようかな、と思います。

DSの本体を閉じていても出来るから、読書してても出来ますしね。

すれちがい通信の範囲は大体20メートルくらいの範囲らしいので、

電車だと大体1両から2両くらいでしょうか?

そちらの成果も報告したいと思います。

調べてみると、なかなかすれちがえない人のために、(変な日本語w)

「すれちがい通信中継所」っていうのがJRの都心主要駅を中心に設置されてるみたいですね。

僕が通り過ぎる駅もこの中にあるので、そちらも機会をみて試してみようと思います。


今日はこんな感じですね。

それでは、また明日…。