「エアぁ・・・エアォゥ・・・。」

 

鳴き声に目を開けると眼前にクリクリの目をしたエアちゃんがいた。

こうしてエアに起こされるのが左衛門佐の休日だ。

 

フラフラしながら起き上がり、嫁さんの部屋を覗くと

嫁さんの腕の中にはむったんの姿が。

・・・どうやらこちらも安眠というわけにはいかなかったようだ。

 

エアちゃんに休日限定のウェットご飯をあげていると

(エアはこれが欲しくていつもとうちゃんを叩き起こす)

むったんが階段を駆け下りてきた。

同時に嫁さんも階段を降りてきた。

 

「カワハギ釣り、もう行く?」

 

「うん、今から準備するからかあちゃんもいつでも出れるように準備して。」

 

まずバケツを持って船へ行き、準備しておいた牡蠣やウニを潰して

カワハギを寄せる撒き餌を作る。

そして昨日捕ってきた小エビを大型イケスから集め、

近くの釣り餌屋に原付をとばして青イソメを買いに行く。

 

さて、準備できた。

家に戻ると嫁さんの方の準備も済んだみたい。

7時30分を大きく回った頃、いざ出撃。

 

「ウララ~!!ウラウラ~~~!!」

 

奇声をあげながら気合を入れるバカ夫婦。

さあカワハギは釣れるのか。

 

潮見なんて見てこなかったが潮は上げ止まりに近いようだ。

午前8時、いざ釣り開始。

 

とりあえずバケツ一杯の撒き餌して魚を寄せる間に

仕掛けをセッティングする。

市販のカワハギ用胴付き仕掛けに1本底針を足したものである。

下3本は青イソメ、一番上だけハタ狙いで活きエビ。

 

仕掛けを落とすとすぐにコンコン!!とアタリがある。

上げてみると・・・あ、う・・・、もう餌無い・・・。

 

餌盗られるの、早っ!!

くっそ、4本も針あると手返し悪いな。

嫁さんの方にも反応はあるがやはりすぐに餌が無くなるようだ。

 

誘いながらゆっくり竿を立てると・・・コングッと僅かに竿先が入る。

アワセてみると何か掛かった。

結構引くぞ。

姿を見せたのは・・・あ!!カワハギ!!

 

やったー!!

いきなりカワハギGET!!

しかも走入の時期にしては良くね?これ!!

 

 

嫁さんにも何か掛かったようだがこれはベラゾールだった。

左衛門佐にはカサゴ。

やっぱりエサ盗りや外道も多いみたいだ。

 

 

 

撒き餌効果なのか、アタリは多い。

しかしなかなか掛からん!!

左衛門佐にはカワハギもポツリポツリと釣れるが嫁さんには外道ばかり。

カゴカキダイやチャリコ、アイゴ、クロホシフエダイなどバラエティ豊かな面々が続く。

 

 

 

 

 

すると左衛門佐の竿に強烈なアタリ!!

アワセると何か掛かったがめっちゃ引く!!

ドラグの調整なんかしてなかったがドラグが滑って巻けない。

 

「何々??何が掛かったの??」

 

四苦八苦しながら上げてみると、

水面に姿を見せたのは30cm以上はありそうなイシダイ。

しかし最後の強烈な突込みで痛恨のハリス切れ!!

あー!!

 

すると今度は嫁さんの方に強烈な引きの魚が。

わーわー言いながら上げてみると・・・。

姿を見せたのは30cm近いマハタ。

かあちゃん、水槽で飼うにはデカすぎじゃね?www

刺身できるサイズなんですけど。。。

 

 

さらにまた左衛門佐に重々しいアタリ。

死んでもカワハギのアタリじゃない。

 

「ナニナニ、今度は一体何なの??」

 

BIGファイトの末、水面に姿を見せたのは40cm以上あるコショウダイ。

ナニコレ、食べられるの??

 

 

500円分の青イソメと活きエビはあっという間に底を着き、

最後の餌でカワハギを1枚追加して終了。

数えてみると今のカワハギでちょうど10枚目。

キリの良いところだった。

 

 

いや~、それにしてもいろんな魚釣れたなぁ。

いったい何目釣ったんだ?

嫁さんなんてゴンズイとか意味不明の魚まで釣ってたし。

 

自分らが食べるカワハギとにゃんこ達のご飯用の魚はキープして

あとは全部リリース。

 

まだ走入だけど思ったよりカワハギいるっぽい。

でもやっぱカワハギ釣りは楽しいけどムズイね~。

アワセのタイミングが超ムズイ。

 

毎年釣れる競艇場の横のポイントまで上がってくるのもきっともうすぐだね。

そうしたら本格的なカワハギのシーズン到来だ。