あの米国の超有名コンサルティング企業アクセンチュア(アンダーセン)の入社試験でこんな問題がありました。

----------------------------
Q.どうやってキリンを冷蔵庫に入れますか?


A.正解は「冷蔵庫の扉を開け、キリンをいれ、扉を閉じる」です。 この質問ではあなたが単純なことを複雑な方法でしていないかどうかをテストしました。

では次に
Q.どうやって象を冷蔵庫に入れますか?


A.間違った答は「冷蔵庫の扉を開け、象を入れ、扉を閉じる」です。
正解は「冷蔵庫の扉を開け、キリンを取り出し、象を入れ、扉を閉じる」です。 この質問はあなたの記憶力を試しました。

では次に
Q.ライオン王が動物たちの集会を開きました。 ただ一頭を除いて動物たちはすべて集まりました。 参加しなかったのは、どの動物ですか?


A.正解は象です。 象は冷蔵庫の中ですから! これによってあなたが総合的に考えることができるかどうかを試しました。

ここまでの三問に正解できなかったのなら、次の問題はあなたがプロフェッショナルであるかどうかをみる最後のチャンスです。

Q.狂暴な人食いワニがいることで知られている川があります。どうやって渡りますか?


A.正解は「ただ泳ぐ」です。 ワニはみんな動物の集まりに出ていますからね! この質問はあなたが論理的に考えることができるかどうかを試しました。
--------------------------------------------------

この試験の意図は、
「問題は複雑にしないで単純なまま解け。」
そして
「正解が重要なのではない。考え方を学べ。」
ということだそうです。


無意識のうちに物事を複雑に考えてしまうようになってるなぁ。なかなか考えさせられる問題でした。

皆さんは分かりましたか??