<脊椎すべり症の薬、注射、施術、副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要 脊椎すべり症シューズ>

 

 

ブログお読みがお困りの方は、下記動画をクリック!

 

 

 

 

<質問、Question>

滑り症は手術しないとだめですか?

 

<回答、Answer>

人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

 

いいえ。違います。脊椎すべり症でも腰の筋肉を鍛えて脊柱にかかる負担を下げる事で痛みは和らげます。

 

脊椎すべり症にいい運動、いい食べ物、いい矯正靴治療法が下のようにありますので参考してください。

一般の筋トレをしますと脊椎すべり症がもっと悪化される可能性ありますし、また痛くてしようとしてもできないので米国専門処方シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、脊椎すべり症患者用で特化されたリハビリ運動であるRX前支え運動、RX反動、RX万歳、RX鉄棒、RXスクワット、RXランジ、RX坂歩き(ランニングマシン上)するともっといいでしょう。

脊柱管狭窄症の手術勧告基準

腰椎4/5を基準に、通常の脊柱管 - 後直径13mm左 - 右径が16mm、水平切断面の面積が75-100㎟で神経孔(椎間孔)の高さが5mmであり、通常の基準で2/3以下に狭くなる場合、外科手術治療を検討するのが一般的で脊柱管や椎間孔の状態がどうなるかを正確に知ってから治療法法を決めてください。 

脊椎すべり症の手術勧告基準

脊椎すべり症の滑り程度は例えば仙椎1番‐腰椎5番が前に滑ったほどによって4段階に分けられ、1段階は0‐25%、2段階は25-50%、3段階は50-75%、4段階は75-100%で、3段階以上の時脊椎固定術などを検討するのが一般的であります。

<脊椎すべり症の薬、注射、施術、手術、副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要>

脊椎すべり症に良い食べ物であるタンパク質の多い、免疫細胞を作ってくれる赤牛肉を ジャーキー、しゃぶしゃぶ、醤油漬けなどで毎日100g以上お召し上がりになるのをお勧めします。また、

米国専門処方シューズ(世界的名医中の名医)を疾患、体重、職業、脊椎、骨盤、脚、歩き方矯正状態などに合わせてカスタマイズ調整して履けば、脊椎、骨盤不均衡と足、歩き方矯正が日常、職場(学校)生活の中で矯正されてギブスの役割をする固い整形外科インソールが足を不安なくサポートし、体重を半分に減らす効果のように脊椎の衝撃を50%少なくしてくれスプリングエネルギーリターン(推進力)が50%になり脊椎すべり症に無理を与えずに歩くのが非常に楽になり、より遠く歩くことができ、エアシューズに比べて脊椎、下半身の筋肉弛緩、収縮(ポンピング)運動が10倍以上されて、血液、リンパの循環をスムーズにして、血液リンパ中の免疫細胞、鎮痛消炎剤が脊椎すべり症自己治療、自然治癒、生活完治条件を作ってくれ脊椎すべり症がより速く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が脊椎すべり症リハビリ治療に処方する米国専門処方シューズをカスタマイズ調整して履き、日常、職場(学校)生活して脊椎すべり症のリハビリは脊椎すべり症患者に特化したRX前支え、RX反動、RXランジ、RX鉄棒、RXスクワット、RX万歳、RX坂歩き(ランニングマシン上)をすると仕事も歩きも 楽で脊椎、下半身の筋肉も強化されて脊椎すべり症に無理与えず運動ダイエットもでき、脊椎すべり症もより早く、自然治癒、生活完治、再発防止されます。

用語説明(米国シューズ分類基準):処方シューズとは?
職業、体重、疾患、脊椎側湾、姿勢、骨盤状態、足の長さの差、膝、足首の角度、歩き方、扁平足、足の形に合わせ簡単に個人別カスタマイズフィッティングする専門靴(整形外科インソール基本付き)で、米国医者達が足、足首、脚、膝、股関節、腰保護、予防、リハビリ、矯正、治療に処方する靴を通称する。つまり、運動する時にスニーカー履いて登山するときは、登山靴履くと同じように病気を予防したり、疾患があってリハビリ、矯正治療時に履く靴が処方シューズである。

 

 

 

 

必読:<歪曲を超え、靴の詐欺を働く?善良な被害者達!!>。。靴の偽物と本物の見分け方の中で

 

靴は軽くて柔らかいのがいいという靴の機能、性能の歪曲?いや、歪曲を超え、このような詐欺行為はなぜ生まれたのか?誰が始めたのかがいつも気になっていたが、意外にもこれを心ならずも自白する人が出てきた。それは他ならぬ、世界的スポーツシューズブランドN社の創業者が彼の自伝に明かした内容だ。彼は大学時代、中距離(1,500m)ランニングの選手で、記録短縮のためにコーチと一緒にいつも靴を改造することに没頭し、靴が軽くなければ、記録短縮にはならないと思い、例えば、1,500mを一歩幅当たり183cmで走るという仮定で、880歩になり、靴の重量が28g軽い場合は1,500mを走る時、25kgほどのエネルギーが節約され、このエネルギーを走ることに使うと記録短縮になるという論理である。ここまでは妥当で合理的な考え方だ。
 
しかし、全ての人がランニング選手でもなく、記録短縮よりは逆に1,500mの距離を走ったり、歩いたりする時に脊柱や関節の損傷なく、どうすればより多くのエネルギー(カロリー)を消費し、より健康になり、よりダイエットに繋がるのかに興味がある。アメリカだけを見ても、全国民の80%が肥満である。ところが、このような肥満の人達に走りの選手が履くような靴が適しているとは話になるのか?それで彼らはこの中距離ランニング選手用の運動靴を売るために、80〜90年代のジョギングブームを起こし、どのように多くの人々が脊柱、関節、足の裏の疾患を患ったのか、50歳以上の方は皆知っていると思う。彼らは今、これ以上ジョギングの事は言わないが、まだそのジョギングシューズを別の名前で売っている。ほぼすべての人に害悪を掛けるシューズを。また、このような歪曲を元にして、世界的なブランドとなった。これが世の中である。歪曲は、真実に勝てることもある。
 
そして、彼らが作った会社が、世界的なスポーツブランドになったときにも、依然として靴は軽くて柔らかいのがいいという事を中、短距離選手ではなく、すべての人に適用させる大きな間違いを犯しており、いや、世界中の総人口約79億人の内、ランニング選手は何人だか、せいぜい多くて数千人ほどである。この数千人を基準にして作られた靴を履くように強いられ、約79億人の健康が脅かされているのであれば、これは当然防ぐべきことだと思わないか?しかし、大衆はあまりにも大手企業からの広告で宣伝され、このような歪曲が真実になり、基準となってさらに競争会社でさえも、何の検証なく、このような論理を収容し、すでに大衆化され、このことに反論する者が、むしろ非専門家になる現実である。
 
大手企業が作って宣伝していることならすべてが良く、すべてが真実なのか?世界的な製薬会社が作った鎮静剤、睡眠薬の副作用で奇形児1万2千人が生まれて苦しんだ黒歴史もある。つまり、世界的な会社だとしても、すべてを知って、その結果物がすべて真実であることには行かない。

 


  
このような、すべての人に軽くて柔らかい靴を履かなければいけないという歪曲された論理、広報に基づいた靴は、果たしてどのような結果をもたらすのか?例えば、足の裏には、筋肉がなく、脂肪層と大きくて広い足の裏の靭帯(足底筋)だけがあり、靴が柔らかいと足底筋が損傷され、1,500mならまだしも、健康のために、ダイエットのために一日8~10kmを約2時間程度で歩く場合、すぐに足の病気になることは明らかである。だから軽くて柔らかい靴は、ダイエットウォーキングやトラッキング、登山には毒中の毒である。靴の事を少しでも分かっている人は皆知っているが、専門ワーキングシューズ、トラッキングシューズ、登山靴のミッドソールの中にはスチールシャンクと言う鉄の芯材が入っている。これは靴をよく曲がれないようにするためであり、靴が柔らかすぎてよく曲がれると長く歩くこともできず、脚の病気になりやすいからである。

また、一日二日でもなく、何年、いや一生の間、彼らが主張するこのような軽い靴を履いてエネルギー消費が少なくなるとどうなるのか?とりあえず、基礎代謝量が少なくなる。これは少し食べても太るという話で、これは、肥満への近道である。その故に軽い靴を履くのは、肥満の敵である。つまり、逆説的に病気に、肥満になりたいなら、軽くて柔らかい靴を履こう!
 


 

上記の主張に対して、このような反論を広げる場合をしばしば見る。軽い靴より、重い靴を履いた方がエネルギー(カロリー)の消費に用意で筋肉ももっと鍛えられると言うことと、実際に走りの選手達も試合の時を除いては軽い靴を履かず、より重くて衝撃吸収に優れた靴を履いて体力強化をするというのはすっぽり抜いて脊柱、関節の損傷危険性が高いので履いてはいけない。半分は妥当に見えるが、それでは軽い靴を履くと脊柱、関節の損傷が起こらないか?全く違う。もっと損傷される事はあっても、損傷が減ることはない。また、軽い靴を履き始めるともっと軽い靴を求めるようになり、こうなると下半身の筋肉が弱体化され、後からは(年を取れば)裸足で歩いても脚が重く、歩く事が難しくなり、挙句には歩けなくなる。歩けないという事はすなわち死を意味する。なので、この反論は歪曲で、偽りである。

 
それでは、靴その物は重くても履くと軽い靴、靴のフレックスライン(かかと端から、約65%前部の歩いたり、走れば足が曲がるポイントをいう)はよく曲げられ、その後部は固いギブスのような材質で作られたミッドソールで足をしっかり掴んでくれる靴があれば、N社のように走り選手の記録短縮のためだけの靴でなく、すべての人、特に日常の健康のために、ダイエットのために、手術後のリハビリ治療のために歩いている人達のための医学的で科学的な健康シューズはないのだろうか?

 

 

 

皆さんも一度経験してみたら後悔しないと思います。

この不思議なシューズについてもっと知りたいという方がいましたら、

下記のホームページに一度よってみたらどうでしょうか?

www.zcoil.jp

https://ameblo.jp/z-coil/

LINE ID: zcoil

 

ジィーコイル遠隔診断& 購買開始!

ジィーコイル遠隔診断、購買とは?
ジィーコイルオフライン店舗がない地域の場合、
リアルタイムビデオ電話などで身体検査、歩行検査、疾患相談の後、
シューズをカスタム調整(customized)し、 購買する方式です。
診断申請のお求めの方、もっと詳しく知りたい方はここをクリックください。

 

より多くの筋骨格系疾患のリハビリ運動、リハビリ治療の成功後期が以下のようにあります。
お客様が直接書いた後期(一千件前後):http://www.zcoil.jp/test/main.php

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル
米国RXシューズ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、足底筋膜炎、楽なシューズ、機能性シューズ、安全靴、ワーキングシューズ

www.zcoil.jp


ブログ後期(一千件以上):https://ameblo.jp/z-coil/

 - 脊柱疾患類
より多くの腰椎椎間板ヘルニア、腰ヘルニア、変形性腰椎症、椎間板脱出症、脊柱管狭窄症、脊柱狭窄症、脊椎すべり症、脊柱側湾症、脊柱後湾症、脊柱前湾症、脊椎圧迫骨折、強直性脊椎炎に起因する仙骨の痛み、脚のしびれ、足裏の痛み、腰痛、放射痛をプロロ注射、靭帯強化注射、神経遮断術、ステロイド注射、切り取り手術、物理治療、徒手治療、推拿治療、マッサージなしにリハビリ治療した後期は上記のようにあります。

 - 膝疾患類
より多くの変形性膝関節症、半月板破裂、前十字靭帯、O脚、X脚による膝の痛み、疼き、滑液包、炎症を幹細胞、DNA注射、軟骨切り取り術、内視鏡手術、人工関節手術せずにリハビリ、治療、完治した後期は上記のようにあります。

 - 足部疾患類
より多くの足底筋膜炎、モートン神経腫、アキレス腱炎、変形性足関節症、外反母趾、足首骨折、踵骨骨折、扁平足による足裏の痛み、足の指の痛み、かかとの痛みをインソール、体外衝撃波、ステロイド注射なくリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - その他の疾患類
より多くの大腿骨頭壊死症、股関節症、骨盤ズレ、脚の長さの違いは、梨状筋症候群、仙腸関節炎、関節リウマチ、下肢静脈瘤、頸椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、リンパ浮腫、手足冷え症、糖尿病、高血圧に起因する痛みを施術、手術をせずにリハビリ、治療した後期は上記のようにあります。

 - 肥満ダイエット、ウォーキングなどの運動ダイエット類
より多くの肥満体、肥満、高度肥満、超高度肥満、腹部肥満、下半身太りをリバウンドなくダイエット成功した後期は上記のようにあります。


 - 筋骨格系の自己リハビリ治療シューズ類
米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が筋骨格系疾患の自己治療、リハビリ治療、運動治療や長時間立って、長時間歩きながら働く人に処方する米国専門処方(RX)シューズ、機能性(医療、矯正、特殊、楽な)シューズ、靴、パンプス、紳士靴、スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、ジョギングシューズ、ウォーキングシューズ、アグリーシューズ、登山靴、トレッキングシューズ、安全靴、上履き、スリッパ、ウォーカー、ブーツ(アンクルブーツ、チェルシーブーツ)、軍靴などを利用した非手術自己リハビリ治療、運動治療の成功後期があります。