<腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱疾患、椎間板内障症、仙腸関節症侯群、梨状筋症候群、原因、症状、慢性腰痛治療、施術、手術、再発、副作用なし、効果的なリハビリ運動、歩き運動、腰の筋肉強化運動、RX歩き運動、Z-CoiL運動靴、Z-CoiL安全靴、Z-CoiL靴、Z-CoiLシューズ、スプリングシューズ>

 

 

ブログお読みがお困りの方は、下記動画をクリック!

 

 

 

 

 

 

     人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

**下の顧客後期は、慢性腰痛、腰椎椎間板ヘルニアの症状、脊柱管狭窄症の症状、椎間板内障症、仙腸関節炎、梨状筋症候群で訪問したPerry様(50代男性、体重90kg)の実際の体験後期をもとに作成されました。

 

慢性腰痛やお尻、骨盤部位の痛みで、昨年の夏、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)の登録店を訪問したPerry様は長い期間、建設現場で働きながら重い装備を扱ったり、立って歩いたりすることが多かったため、すでに十年も前から、しつこい腰痛に悩まされているそうでした。

ところが、1年くらい前からはそのような慢性腰痛とともに健康だったお尻、骨盤、太ももの方にも痛みがしょっちゅうでき、病院での検査結果、腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の診断を受けることになりました。それで最初は薬も飲んで、神経注射治療も何度も受けたのですが、大して腰椎椎間板ヘルニアの症状が好転せず、脊椎専門病院で腰椎椎間板ヘルニア治療に良いという腰椎椎間板ヘルニア神経形成術と脊柱管狭窄症の治療に良いという風船拡張術も高価な費用をかけて受けてみましたが、依然として慢性腰痛、不便は解消されなかったのです。施術もしようがなかったので、やがては腰椎椎間板ヘルニアの切り取り手術と脊柱管狭窄症の減圧手術まで病院で勧誘されることとなりました。

                                 <イメージ出典:Business Journalism>

腰椎椎間板ヘルニア切り取り手術や脊柱管狭窄症の減圧手術を受けたくなかったPerry様は、正確な判断のために思い切って、今度は時間をかけて大学病院で精密検査を受けたのですが、まったく思いがけない診断を受けることになりました。検査の結果、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症も多少はあるが、実際、お客様に慢性腰痛を誘発するのは腰椎の椎間板内障症と仙腸関節炎、梨状筋症候群が主な原因だということでした。

前述したように、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の診断を受けて薬、注射治療に多額をかけて神経形成術と風船拡張術までやったのに、得に効果のなく、今になっては椎間板内障症、仙腸関節炎、梨状筋症候群という聞いたことのない疾患まで、まったく違う診断を言われると、病院に対する信頼がなくなり、他の治療方法を検討した中、義理の母からお母さんの友人が経験したというジィーコイルの腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の治療後期を聞いて、インターネット検索で情報を調べ、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)について知りました。

 

<代表的な脊椎疾患、腰椎椎間板ヘルニア(左)と脊柱管狭窄症(右) イメージ出典:Mayo Clinic>

脊柱は直立歩行をする人体の柱のような役目で、全身からかけられる荷重と負担を一生の間、耐えなければならないだけに、怪我をしたり、変形性疾患を患う可能性が高いです。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などがこのような脊椎疾患の代表疾患で、50、60代以上の年齢であれば恐らく多くの方々が大小の腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の症状を持っているはずです。脊椎は脳から、各身体部位に連結された脊髄神経が通る通路でもあるため、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症が発生すれば、疾患が発生した腰の痛みとともに、周辺の神経通路を侵犯したり、炎症を起こして腰椎の神経と連結された骨盤、お尻、脚までも痛みや感覚低下、運動麻痺症状などが起こることもあります。 

                                 <イメージ出典:Google image search>

ところで、上記のような脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア症状のように腰痛や骨盤、お尻と脚の痛みを誘発する疾患が他にもいろいろ存在するということです。

仙腸関節炎(仙腸関節症侯群)、椎間板内障症、梨状筋症候群などの疾患がここに当たりますが、これらの疾患は症状や痛みの様子が腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と類似した特徴を持っており、前紹介したPerry様の事例のように、誤った診断を受けて全然無茶な治療を受けてしまう場合が少なくありません。

例えば、骨盤の関節の問題である仙腸関節炎(仙腸関節症侯群)のために骨盤、お尻の痛みを感じる患者に腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の診断を下し、腰に無駄な注射治療、施術を受けさせ、副作用の激しいステロイド成分の薬物だけを入れるような事です。もしここに下手に腰椎椎間板ヘルニアの手術、脊柱管狭窄症の手術まで受けることになったら、どうなるのでしょうか?当然のこと、誤った診断と治療で症状がよくなるはずがないだけでなく、何の問題もなかった脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアに手術で手を出して、むしろ脊椎の構造が弱くなるような取り返しのつかない結果を招いてしまうことになるはずです。


椎間板内障症(Dark disc disease(DDD)or Internal disc disruption(IDD))

 
<正常の椎間板と椎間板内障症の比較、椎間板内障症のMRI画像 イメージ出典:Cancer Care of Western New York>

腰椎椎間板ヘルニア(椎間板脱出症)が脊椎の骨と骨の間の椎間板が強い衝撃や退行変化で、もともとの位置から脱出して現れる疾患であれば、椎間板内障症は椎間板の位置はそのままで、椎間板の内部で問題が生じ、変性が起き、本来の機能ができなくなっている疾患で、MRI検査の際、椎間板の位置はそのままだが、色が黒くなっているのが特徴です。

普通の重いものを持ち上げたり、交通事故など、大小の衝撃が繰り返しかけられることが椎間板内障症の最も大きな原因で、この椎間板内障症が慢性腰痛の原因の40%以上であることが明らかになっており、主に腰の奥深いところで感じられる慢性腰痛がはっきりと感じられ、脚の痺れがあっても腰椎椎間板ヘルニアの症状とは違って、感覚低下や運動麻痺、筋力低下などの神経症状は現れない症状的特徴があります。


仙腸関節炎(仙腸関節症侯群、Sacroiliac joint Syndrome)


          <仙腸関節炎の例示図 イメージ出典:Mayfield Clinic>

仙腸関節炎(仙腸関節症侯群)は仙骨と骨盤の骨(腸骨)が会う仙腸関節軟骨に損傷ができたことで、交通事故、転落事故、運動中の負傷などの外傷性原因、脊柱側湾症、脚の長さの違いや足を組むなどの誤った姿勢が原因になって現れます。仙腸関節炎がある場合、その周りを通る坐骨神経に圧迫または炎症が拡散し、仙腸関節炎(仙腸関節症侯群)も慢性的な腰痛とお尻と股間、脚までの痛みなどの神経症状が現れるなど、腰椎椎間板ヘルニア症状と似ているので腰椎椎間板ヘルニア症状と混同しやすい疾患です。あぐらをかいたり、脚を組む姿勢など、仙腸関節に無理になる姿勢を取る時、仙腸関節炎(仙腸関節症侯群)の症状が激しくなる特徴があります。


梨状筋症候群(Piriformis Syndrome)


<梨状筋症候群は梨状筋と坐骨神経の解剖学的異常で誘発されこともある  イメージ出典:Relief Chiropractic>

梨状筋症候群もまた、腰椎椎間板ヘルニア症状と類似に、お尻、骨盤痛、脚の痺れなどを伴う症状の特徴を表す疾患です。腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因が突出、破裂した椎間板の神経圧迫、炎症誘発で発生するとしたら、梨状筋症候群は臀部の筋肉である梨状筋が外傷や過度な緊張などで非正常的に厚くなり、周辺の坐骨神経を圧迫することになって発生し、先天的に座骨神経と梨状筋の解剖学的な異常が原因になる場合もあります。
Perry様の場合は腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の症状もあったが、長年にわたり、建設現場で勤務しながら、重い機械を扱うなど、腰に無理になったことが上述した椎間板内障症、仙腸関節炎(仙腸関節症侯群)、梨状筋症候群などの疾患が複合的に現れたケースでした。

このような場合、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)がどのように役に立つのでしょうか。


腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間板内障症、仙腸関節炎(仙腸関節症侯群)、梨状筋症候群の原因と症状が類似しながらも、それぞれ異なった特徴はあるが、症状を改善するための一つの共通条件は、何はともあれ、十分な「安静」を取らなければならないということです。ほとんどの筋骨格系疾患が同じですが、どんなに良い治療を受けても疾患が発生した部位に十分な安静を提供しなければ、まともに治るわけがありません。



しかし、十分な安静を取るというのは、話は簡単でも実際には複数の都合上、そんなに簡単なことではありません。仕事で無理になって疾患が発生したとしても、むやみに生業を放してしまうことには行かないわけです。

何よりもコンクリート、大理石、タイルなどの硬い床で暮らす現代人なら、誰でも日常的に衝撃にさらされているために、すでに腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、仙腸関節炎(仙腸関節症侯群)、梨状筋症候群、椎間板内障症などの疾患が発生した状態なら、日常生活で生じる衝撃だけでも疾患が発生した部位が持続的に刺激を受け、不安定になるしかないのです。つまり、衝撃の問題が解決できなければ、それだけ上記のような疾患の回復は遅く、難しくなるのです。


米国専門処方(RX)シューズジィーコイルは衝撃の問題に対する長期間の悩みの末、研究、開発されました。



米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)は全世界特許を受けた踵のスプリングシステムを通じて、50%以上の確実な衝撃吸収力を提供し、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など、代表的な脊髄疾患はもちろん、これと類似した症状を表す仙腸関節症侯群(仙腸関節炎)、梨状筋症候群、椎間板内障症などの疾患の痛みを減らし、日常で加わる衝撃で症状がさらに悪化することを防いで、真の安静を取ることができるようになります。



一方、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)のスプリングを踏んで歩くだけで足首からふくらはぎ、太もも、お尻、腰に至るまで筋肉の収縮、弛緩(ポンピング)作用が活発に起こり、卓越した運動効果を発揮します。歩けば歩くほど腰と下半身の筋肉が強化され、疾患部位周辺の筋肉が丈夫になり、損傷部位をさらに安定させるようになるし、筋骨格系疾患の後遺症で必然的に発生する筋肉と靭帯を再び丈夫に回復することが可能になります。


 
ここにスプリングの上下運動の動きが脊椎と様々な関節に弾力性、柔軟性を増大してあげて、血液、リンパ循環を円滑にし、疾患部位にも酸素、栄養供給が活性化されて腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間板内障症、仙腸関節炎、梨状筋症候群などの類似疾患の回復期間をはるかに短縮させる効果が出る訳です。



昨年の夏ごろ訪問したPerry様も相談と体型検査を通じ、本人に合わせてカスタム調整された靴を直接履いて見ながら、このような効果を十分体験できました。

しつこい慢性腰痛でこの頃になっては、仕事の時立っている事すら難しいほどお尻、骨盤、太ももまで痛くて苦労したというPerry様、しかし、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)を履いて1~2分も足らない内にとても体が軽くて楽だとびっくりして、これくらい歩けて立っていられると心配がないと言ってくれました。脊柱と関節を押さえつけていた衝撃問題から自由になったので、慢性腰痛や不便が感じにくくなったのです。米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)をもっと早めに知ったらこれまで無駄な時間や費用をかけて病院でストレスを受けることがなかったのに残念だと、ジィーコイルの安全靴や運動靴を一足ずつ購入して帰りました。


 
それから7~8ヶ月程度過ぎた時、再訪問したPerry様、実はお客様にどのような効果があったかはあらかじめ十分知っていました。もうすでに二回も知人を紹介して訪問して運動靴ももう一足購入したほど、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)について本当に満足して履いているようで、その度に最初椎間板内障症、仙腸関節炎(仙腸関節症侯群)、梨状筋症候群などの痛みで苦しんでいたのに比べて一段と楽になって好転した姿で訪問したからです。

実際に一二か月ほど米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)の安全靴を履いて働き、日常生活のときはジィーコイルの運動靴を履き続けながら、前からあったお尻、骨盤、太ももの痛みはほとんどなくなったと言ってくれました。10年以上苦しめた慢性腰痛も徐々に減り、今はそんなに無理したことがなければ、ほとんど痛みも感じないほど楽になったと言いました。人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!



米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)は上記のような様々な脊椎、関節、筋骨格系疾患に対する優れた効果が立証され、すでに30年余り、数百万足以上が販売されており、米国の病院で医師の処方や医療保険に適用されるほど専門性、安定性を認められた製品です。今日紹介した顧客事例のように腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症または仙腸関節炎、梨状筋症候群、椎間板内障症などの多様な疾患で慢性腰痛、お尻と脚の痛みを経験している方なら、これ以上費用、時間を無駄にすることなく、米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)の驚くべき効果を直接体験してみるよう、お勧めします! 人生の喜びになり、希望になる靴、靴を変えるだけで元気100歳!

 

<米国専門処方(RX)シューズジィーコイルについた米国の国公立研究所の研究結果報告書の結論>

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)のマニア、ビル・クリントン元米国大統領の感謝の手紙>

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル(Z-CoiL Shoes)のマニア、グーグル共同設立者セルゲイ・ブリン、映画俳優のダスティン・ホフマン、ヘレナボンヘムカーター、シャーリーメククルレイン、リリィ・トムリン>

 

米国専門処方(RX)シューズ ジィーコイル お気になりでしょうか?

Z-CoiL shoes manufacturer, distributor and sale store (ジィーコイル製造, 融通, 販売店)

www.zcoil.jp   LINE ID: zcoil

 

ジィーコイル遠隔診断&購買開始!
 

ジィーコイル遠隔診断、購買とは?
ジィーコイルオフライン店舗がない地域の場合、
リアルタイムビデオ電話などで身体検査、歩行検査、疾患相談の後、
シューズをカスタム調整(customized)し、 購買する方式です。
診断申請のお求めの方、もっと詳しく知りたい方はここをクリックください。

 

 

より多くの筋骨格系疾患のリハビリ運動、リハビリ治療の成功後期が以下のようにあります。
お客様が直接書いた後期(一千件前後):http://www.zcoil.jp/shoetest/main.php

 

米国専門処方(RX)シューズジィーコイル
米国RXシューズ、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、足底筋膜炎、楽なシューズ、機能性シューズ、安全靴、ワーキングシューズ

www.zcoil.jp


ブログ後期(一千件以上):https://ameblo.jp/z-coil/

 

 - 脊柱疾患類-自己リハビリ治療、運動治療、顧客が直接書いた成功後期(一千件前後):
X-Ray、CT、MRI、自己診断で診断された腰椎椎間板ヘルニア、腰ヘルニア、変形性腰椎症、椎間板脱出症、頸椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱狭窄症、脊椎すべり症、脊柱側湾症、脊柱後湾症、脊柱前湾症、脊椎分離症、脊椎圧迫骨折、仙腸関節炎、梨状筋症候群、強直性脊椎炎に起因する仙骨の痛み、脚のしびれ、足裏の痛み、腰痛、下肢放射痛の症状をプロロ注射、靭帯強化注射、神経遮断術、ステロイド注射、切り取り手術、物理治療、徒手治療、推拿治療、ヨガ、ピラティス、マッサージなしにリハビリ治療した後期

 - 膝疾患類
変形性膝関節症、半月板破裂、前十字靭帯、O脚、X脚による膝の痛み、疼き、滑液包、炎症を幹細胞、DNA注射、軟骨切り取り術、半月板縫合手術、内視鏡手術、人工関節手術せずに自己リハビリ運動治療、手術後のリハビリ完治した後期

 - 足部疾患類
足底筋膜炎、足底腱膜炎、モートン神経腫、アキレス腱炎、変形性足関節症、外反母趾、足首骨折、踵骨骨折、扁平足による足裏の痛み、足の指の痛み、かかとの痛みをインソール、体外衝撃波、薬、漢方薬、鍼灸治療、蜂針、薬針、ステロイド注射なしに自己リハビリ運動治療、矯正治療した後期

 - その他の疾患類
股関節大腿骨頭壊死症、股関節症、骨盤ズレ(非対称、不均衡)、脚の長さの違いは、関節リウマチ、下肢静脈瘤、骨粗しょう症、リンパ浮腫、手足冷え症、糖尿病、高血圧に起因する痛みを施術、人工股関節置換術なしに自己にリハビリ運動治療、矯正治療、各種癌の手術後のリハビリ運動後期

 - 肥満ダイエット献立、ウォーキングなどの運動ダイエット類
肥満体、肥満、高度肥満、超高度肥満、腹部肥満、下半身太りをリバウンドなくダイエット成功した後期

  - 筋骨格系の自己リハビリ治療シューズ類

米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が筋骨格系疾患の自己治療、リハビリ治療、運動治療や長時間立って、長時間歩きながら働く人に処方する米国専門処方(RX)シューズ、機能性(医療、矯正、特殊、名品、糖尿、ダイエット、楽な)シューズ、靴、パンプス、紳士靴、スニーカー、運動靴、ランニングシューズ、ジョギングシューズ、ウォーキングシューズ、アグリーシューズ、登山靴、トレッキングシューズ、安全靴、上履き、スリッパ、ウォーカー、ブーツ(アンクルブーツ、チェルシーブーツ)、軍靴などを利用した非手術自己リハビリ治療、運動治療の成功後期が下のようにあります。