イーリング、持株会社、ホールディングカンパニー | 【YY】 夢に向けての第一歩 ~ 「YY Blog」 or 「YYB」 ~
2006-09-03 22:23:22

イーリング、持株会社、ホールディングカンパニー

テーマ:YY Blog

株式会社イーリング 』も、『持株会社 』、または『ホールディングアカンパニー 』なのである。

主な事業は、『グローバル人材 』、『グローバルITソリューション 』、『グローバルメディア 』を行っているのだが、実際に『株式会社イーリング 』が出資している会社が其々を行っているである。


日本や中国のみならず、グローバルをキーワードに事業展開をしているのだ。


持株会社 』、または『ホールディングアカンパニー 』という単語を、百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 で調べてみた。


すると、下記のように定義しており、一部抜粋した。


持株会社 もちかぶがいしゃ )とは、他の株式会社の株式を保有し、支配する事を目的とする会社である。ホールディングアカンパニー も呼ぶ。


概説

本業を行う一方で他の会社を支配するものを事業持株会社、他の会社の支配を本業とするものを純粋持株会社と呼ぶが、後述の抜殻方式で持株会社化したときにほんの一部でも事業が残っている(残さざるを得ない)場合は純粋持株会社と呼ばないことがある。一般に持株会社と云う場合、後者を指す。事業持株会社の場合は、持株会社とは呼ばず「親会社」と呼ばれることが多い。また、持株会社の下で似通った事業を行う子会社を束ねる中間持株会社と呼ばれる形態もある(ソフトバンク株式会社などが採用している)。


持株会社のメリット・デメリット


メリット

-各部門毎の子会社化からもたらされるメリット。

-ある特定の部門の利益にとらわれない、戦略的な本社(親会社としての持株会社)の構築。

-新規事業の立ち上げがしやすい。

-他企業の買収、グループ化(M&A)がしやすい。

-傘下の各社への権限の委譲がしやすい。

-柔軟な人事制度の導入がしやすい。


デメリット

-子会社から見た場合、親会社(持株会社)への「お伺い」が増える。

-各子会社(事業会社)間の横の連携がしにくい。

-労働条件の交渉について、使用者側の窓口(実際の雇用関係のある子会社なのか、子会社に対して実質的な経営権を有する持株会社(親会社)なのか)が不明となる。

-特に純粋持株会社(親会社の主たる収入が子会社からの配当である形態)の場合、持株親会社単体では子会社(あるいは連結ベースでのグループ総体)より信用リスクが大となるため、格付上の「ねじれ」が生じるケースがある。

このように、『持株会社 』には、デメリットもあるが、『株式会社イーリング 』は、メリットを活かし、事業を展開していきます。


<関連リンク>

株式会社イーリング

株式会社バイリンガル・パートナーズ

新華ジョブエージェント株式会社

ジャストウェアソリューション有限会社


yybさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス