あっという間の最終回を迎えてしまった韓国ドラマ『その年、私たちは』2本まとめて朝から観ました〜〜〜!

ネタバレ無視して感想を残しておくことにする〜


今までのブログは↓


さて、キャストと設定だけで最後まで観ることができたなぁと思うこのドラマ。


中盤は少し盛り上がって、最後は綺麗にまとまったスッキリした終わり方だったなぁ。

ものすごく考えさせられるとかではなく、本当に2人のドキュメンタリー(というか恋愛リアリティ番組?)を観ているかのような気持ちで、回を増すごとに愛着が湧いていく。


ほっこりしてまったりと観るには最高のドラマだったな〜


それにしても観たことあるパターンの詰め放題みたいなドラマだったなあ、、良い意味でね。笑


それもまた良し。盛り沢山ということで。


日本のドラマで最後あっさり結婚して終わると、なんかしらけてしまうんだけど笑
韓国ドラマだとすんなりと受け入れられる頭になっているらしい私。

この現象はなんだろうね?
全てにおいて、それでいいんだよそれがいいんだよ〜ってなるのよ韓国ドラマだと。
不思議、、笑


それぞれの思い出と生活があって、再会して、共有して、また思い出を繋げていく、広げていく、ソウルメイトみたいな2人の関係がなんとも微笑ましいドラマだった〜〜〜


朝から癒されたので今日のオーディションも良い気分で行けそうです。☺︎


あ、ずっと行こうと思ってた厄祓い、昨日思い立って今日の日が良かったから行こうと思う。

タイミングって大事。

行こうと思ったりやろうと思った時が全ての良きタイミングなのだと思う〜

ただなんとなく思っていることもいつかその時が来るものだと思う〜




では!
今週末と来月と新しい韓国ドラマ観たいの沢山あるからまたブログ更新します〜