オリンピックサッカー予選 | 佐藤裕也眼科医院のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

佐藤裕也眼科医院のブログ

ブログの説明を入力します。

 オリンピックのサッカー予選10試合が宮城県でおこなわれます。各試合とも1万人の観客を入れておこなわれます。知事さんは「緊急事態宣言もまん延防止等も宮城には出ていないし、野球、サッカーも観客ありでおこなっているので、オリンピックを別あつかいにするのはおかしい」と言う談話を出しています。筋の通った話ですが、その翌日それに合わせて増発するはずだったJR新幹線の深夜便が組織委員会からの要請でとりやめになった、という報道がされました。せっかく来てくれる観客の足を奪うとは組織委員会は一体何を考えているのでしょう。更に一日後、その理由が発表されました。それによると「新幹線の深夜便はめったにないことなので、全国から鉄道マニアが集まる可能性があるためです。」とのこと。つまり人流をおさえる目的だと言うわけです。全世界から数万人の人が集まって来るのはOKで、JR東北新幹線の深夜便に国内から人が集まって来るのはダメ、など基準がその都度コロコロ変わります。「安心・安全」は建前だけでこのオリンピックは何でもありになりそうです。地元の仙台がコロナ患者増でパニックにならないことだけを念じています。