hf5db4


どうやら、幸せも、お金も、

 「感謝」という一語に
...

 たどりつくようです。

 人生は、「ありがとう」を探す旅。

 見つければ見つけるほど、

 神さまに愛される。

 見つければ見つけるほど、

 ツキっぱなしになる人生ゲーム。

(ひすいこたろう/天才コピーライター)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先ずは生きていることに感謝ですね。

平和な日本にいられることに感謝ですね。

今日も訪問して頂いてありがとうございます。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


◆簡単ダイエットチャレンジ!


●ダイエットDOGTシャツ●

詳しくはこちら

・マイナスイオンでリラックス
・遠赤外線で元気になって、ダイエット意識向上!
・着ているだけで岩盤浴体験!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


薄味にしてやせる


 「濃い味つけのおかずと薄味、あなたの好みはどちらでしょう? そうきかれて濃い味つけを選んだ人は要注意! 味つけの濃い料理はダイエットの味方にはなりえません。

 というのも、濃い味つけの料理だと食欲が増し、ついついご飯やパンなどの主食を食べすぎてしまいがちですよね。また、味つけが濃い=塩分が多い、これもNGの理由です。塩分を多くとると浸透圧の関係により水分を排泄しにくくなり、体がむくむ原因になりますし、味の濃い料理には塩分だけでなく、糖分も多く使われているのがふつう。食塩やしょうゆが多めに使われていれば、砂糖やみりんもたくさん使われている。つまりはカロリーもそれだけ高くなっているのです。

 塩分の摂りすぎは高血圧の原因になるともいわれているので、ダイエットだけなく、健康のためにも、薄味に慣れるようにしていきましょう。

 塩分の摂取量は1日10g以内が目安です。摂りすぎないためのコツは、だしをしっかりきかせ、素材のうまみを利用すること。食塩のかわりにレモンや酢を使い、酸味を生かすと、もの足りなさをカバーできてオススメです。また、青ジソやのり、ごま、みょうが、トウガラシなど風味にアクセントがつく薬味を添え、薄味をフォローするのもいいでしょう。素材の味が感じられかなりいけます。


 ただし、トウガラシのように辛さのあるスパイスは使いすぎると食欲を増進するので注意。ごまやピーナッツなどの種実類は脂質が多いので、こちらも使いすぎには気をつけましょう。

◆ポイント
和食のおかずなら、薄味でも風味のアクセントをつけやすく、カロリーもおさえられる



AD