片付け・お掃除伝道師&クリアリングセラピスト中山ゆうみです。

 

10月21日から23日まで2泊3日のリトリートセミナーに参加して来ました。

 

主催はわたしが認定セラピストとして所属している

IHC(イーハートーヴ・ヒプノセラピーカレッジ)です。

 

今回は初のリトリートで3年ぶりのリアルセミナーでした。

講師はアメリカから3年ぶりに来日したトリシアカエタノ女史です。

 

コロナ禍の中オンラインセミナーに切り替わったこの2年でしたが、昨年のオンラインセミナーでデモストレーションに参加して

以来、リアルでも3年ぶりにトリシアのセミナーを受講しました。

 

今回のセミナーの参加者は全国から20名が集まり3日間のリトリートはセミナー中も食事休憩中や入浴中もそれこそ寝るまでとにかくセミナー内容について熱く語り合いました。

 

やっぱりリアルは良いですねーー

特にリトリートは寝食を共にするだけあって深く語り合えます。

一度にたくさんの仲間を得ることもできてまさに一挙両得ラブ

 

今回はヒプノセラピストのためのトレーニングでしたので

潜在意識の世界をたっぷり語り合うという普段の生活では

なかなか得られない体験でした。

 

そしてテーマも「あなたの中のシャドウ(影)と光を探求する」という

コアなテーマでした。

 

トリシアの言葉で一番好きな名言があります。

 

「セラピストは自分の問題にきちんとワークしてまず自分自身を癒しなさい」

 

言葉通り参加者全員が3日間泣いて笑って自分自身をさらけ出しました。

 

わたしは乙女座のせいか?分析家ですグラサン

つねに、モノゴトのオモテとウラを読もうとしている自分がいます。

これが職業でも役にたっているのですが、

なかなかわたしのようなめんどくさい人は友だちになりにくいと思いますてへぺろ

 

さて、ここからが核心です。

わたしたちの心の中にはたくさんの襞(ひだ)があり、そこに差し込む影にいつも脅かされているとは思いませんか?

 

それが顕在意識と潜在意識でもあるのでょうね。

 

またインナーチャイルドのトラウマは胎児のころから、もしくは受胎前から始まります。

 

わたしたちには必ず生まれることになった根源(両親)がいます。

そこからどう生まれて育ったのかがとても大きな問題です。

 

片付けサポートの現場に伺っていると家庭環境が一番の問題となって浮彫にされていると感じます。

 

なのに自分自身と向き合う、自分自身を癒すというワークは学校では教えてくれません。

 

いまの苦しみや痛みはどこから始まっているのか?

まずはそこを掘り下げていかなくてはなりませんが、これがまたなかなか大変なワークですよね・・・・。

 

ふだんスピリチャルな世界にまったく縁が無かった人は

いったいどこからその世界の入口を見つけるのでしょうか?

 

わたしの場合は、子どもの頃から占いや不思議な世界にとても

興味がありました。

 

誰しもそんな感じの入口ではなかったでしょうか?

 

しかしそこまでで、浅いまま現実世界をただただ必死に生きている人がほどんどではないでしょうか?

 

わたしの場合は42才でルナボーイ(息子)を出産してから

マクロビオティックやホメオパシーなどという代替医療の世界を知りました。

それは高齢出産だったので自分の体調の回復と赤ちゃんにできるだけ健全な母乳を飲ませたかったという思いからでした。

 

そこからマヤ暦の世界ともつながり(すべて出逢いです)

世界観がどんどん広がって行ったのです。

 

その分、現実世界だけで生活しているママ友は一人もできなくなりました笑い泣き

 

わたしの世界観の話題はまったく通用しないからです。

幸いにも仕事が多忙なのでママ友を作るチャンスもなく今に至るという感じです口笛

 

そして更に学校の大切なお知らせをちゃんと期日に出さない息子でしたが、最近は連絡は学校のアプリで個別アカウントがあり、連絡事項はそこで読めてプリントもダウンロードできる時代になったのが唯一の救いですチュー

 

現実世界では、物質的な部屋のお掃除や片付けを毎日現場に伺ってサポートしています。

 

そこに加えて見えない世界(心や身体)の部分も整えるサポートも

同時進行でしています。

 

長い間繰り返してしまった生活習慣を変えることはそうカンタンなことではありません。

 

しかし不健全な食生活や生活習慣を続けていれば、必ず何かしら不具合が起きて当然だと思います。

 

そこには日々の人間関係も含まれます。

 

心も身体も機能不全にならないためには、勇気のいる事ですが

自分の部屋と自分自身と向き合いことです。

 

そしてそこから改善していくためにはどうしたらいいのかを

まずは考えてみることです。

 

悩んでばかりいても行動に移さなければ時間がもったいないですよ。生きている時間はいつまであるのかなんて誰にも分からないですからね。

 

元気で生きたいたいですね。

 

尊敬するトリシアカエタノ女史は今年83才のお誕生日を

リトリート中にみんなでお祝いしましたバースデーケーキ

 

イーハトーブヒプノセラピーカレッジの恩師・萩原優先生も

今年77才です。

 

毎日が楽しく元気に過ごせることが本当のしあわせですね。

 

 

3日間のセミナーを終えて修了証を頂きました。

 


左側が「神様カード」でも有名な大野百合子さん。毎回通訳として参加されていらっしゃいます。トリシアとはソウルシスターです飛び出すハート

真ん中がトリシアカエタノ女史。 右側が恩師 萩原優先生。

 

 

どうしてもお片付けができない、苦手 と悩んでいませんか?

片づけられない理由は あなたの「心の疲れ」にあるのかもしれません。

お片付けカウンセリングから始めましょう。

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください

LINEからのメッセージもお気軽に。
下記をクリックいただくか『@826jpwwd』を検索してお友達追加してください。

友だち追加

中山ゆうみ 公式HPはこちら

片付け・お掃除伝道師&クリアリングセラピスト中山ゆうみです。

 

10月も下旬に向かってようやく秋らしくなって来ましたねもみじ

 

今朝の横浜もだいぶ寒いです。

リビングにガスストーブ出しました口笛

わたしの仕事部屋にもノンオイルヒーターを先週あたりに

出しました。

 

暑い暑いと言っていた感覚もいつのまにか薄れていくのですよね。

 

毎日、現場で片付けやお掃除をしていると自分の家のことが

すっかり後回しになることがありますチュー

 

一応はそれなりにルーティンになっているのでこなしてはいるのですがね・・・・あせる

 

今朝も紙袋や包装用の緩衝材、段ボール(メルカリ用)をまとめているコーナーが雪崩になっていました滝汗

 

家族のだれかが通るときに(キッチン入口のコーナーにあるので)

ぶつかったのでしょうね。

 

紙袋やスーパーのビニール袋などが山のようにたまっている現場をいつもみています。

 

わたしの家のそのコーナーは整えてあるのですが、やっぱり

少しづつ増えてしまいます。

 

なぜ紙袋を取ってあるのか?

その答えはみなさん共通しています(わたしも)

 

誰かにおすそ分けするとき用 ですね?

または

ちょっと何かを入れて出かける時用 ですか?

 

分かります。その気持ちにやり

 

畳んだ小さな段ボール類や緩衝材はもちろん

メルカリ出荷用ですよね?

 

分かります。笑

 

わたし自身はメルカリに出すモノは無いのですが時々

クライアントのモノをお預かりして代行して出店することがあります。

時々なので頻度はあまりありません。

 

現場でもそうですが「どこまで減らすか」が問題です。

思い切りというか、気合というか・・・・笑

 

 

そんなに深く考えなくてもできる人にはカンタンですねうさぎのぬいぐるみ

 

毎日少しづつ溜まっていくモノたち・・・・。

 

消耗品でも使用頻度が少なければ買い足し過ぎると溜まります。

 

あなたにとって貯めてもいいモノはどんなモノですか?

 

image

※写真はクライアント宅の隙間用引き出せるワゴンです。問題がたくさんあった片付けは、

すでに完結し現在は定期サポートとして月1回伺っています。

これは冷蔵庫と食器棚の間に置いてあります。

ディノスすき間ワゴン10センチ刻みで幅が選べるタイプです。

 

 

どうしてもお片付けができない、苦手 と悩んでいませんか?

片づけられない理由は あなたの「心の疲れ」にあるのかもしれません。

お片付けカウンセリングから始めましょう。

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください

LINEからのメッセージもお気軽に。
下記をクリックいただくか『@826jpwwd』を検索してお友達追加してください。

友だち追加

中山ゆうみ 公式HPはこちら

片付け・お掃除伝道師&クリアリングセラピスト中山ゆうみです。

 

暑い夏がおわって日差しは弱くなりましたが、まだまだ暑い10月ですねチュー

 

片付けサポートをご依頼してくださる

クライアントはみなさん

 

        片づけたい

 

と、思っていらっしゃいます。

だからご依頼やお問合せを頂くのですけれどねあせるあせる

 

その気持ち(モチベーション)がまずは必要ですから~~

 

ご相談される方々はみなさんボリュームが多い場合がほとんどですので「片付けマラソン」をお勧めしています。

 

いまのわたしの現場の状態ですと初回お伺いするのが初回しっかり3時間カウセリング付き片付けサポート)11月からになってしまいます。

 

でもそれまでの間はメールサポートでやり取りをさせて頂きます。

 

片づけられるようになりたい自分はどんな自分でしょうか?

ライフスタイル(人生)を変えて行く期待と不安が入り混じっていると思います。

 

わたしとご縁があるということは、本当に変わらなくてはならないということですからねグラサン

 

 

また、片付けサポーターになってみたいとご希望される整理収納アドバイザーの有資格者の方々からもご相談を受けることもあります。

 

資格だけ習得しても実践経験がなければ、絵に描いた餅のような

資格になってしまいますから。

 

その前に何のために資格を取ったのかを自問自答することが

大切だと思います。

 

片づけるということは自分の心も頭の中も生き方もすべて

含まれます。

 

だから一筋縄では行かないのです滝汗滝汗

 

わたし自身も毎日自分自身を浄化して現場に向かっています。

 

心と部屋は繋がっています。

 

不要なモノたちの行先を決めるのが所有者としての責任です。

 

 

 

どうしてもお片付けができない、苦手 と悩んでいませんか?

片づけられない理由は あなたの「心の疲れ」にあるのかもしれません。

お片付けカウンセリングから始めましょう。

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください

LINEからのメッセージもお気軽に。
下記をクリックいただくか『@826jpwwd』を検索してお友達追加してください。

友だち追加

中山ゆうみ 公式HPはこちら