片付け・お掃除伝道師&クリアリングセラピスト 中山ゆうみです。

 

部屋の片づけや掃除は日常生活の一部(生活習慣)だとわたしは思いますが、それが日常的にできなくて悩んでいらっしゃる人はたくさんいます。

家族から責められていたり、高齢の身内の持ち物で悩んでいたりと理由は様々です。

 

悩んだ末にお問い合わせや申し込みのメールやお電話を頂くのですが、その時にいろいろな気持ちを書いてくださったりお電話でお話されたりします。

また初回3時間カウセリング付きサポートとはどんなことをするのですか?と聞かれます。

 

カウセリング付きという言葉を入れたことがとても珍しいらしく検索すると一番上にヒットしていたようです。

お問合せを頂いたクライアントさまにもどんなキーワードを入れたのですか?と尋ねると「カウセリング」「片付け」「捨てられない」

「片付け方がわからない」などというキーワードを入れていらっしゃることが多いことも分かりました。

 

初回の訪問では、現状を拝見させて頂きます。

そして今に至るまでの状況をお伺いします。

 

座って話をする場所もないので・・・と先に外のカフェでお話をしてから自宅にご案内していただくこともあります。

わたしの特技は一度でだいたいのことが把握できることです。

どこに何がどんなふうにあったのか間取りやレイアウトを記憶するのが得意です。

そして目測(見た目でサイズが測れること)ができるので

今後の家具や新しい収納用品を移動してレイアウト変更をするのに役立てられます。

その中で感じることを伝えながらアドバイスを加えて行きます。

 

今に至るまでの状況をお話して頂くには意味があります。

わたしはヒプノセラピスト(催眠療法士)でもありますが、過去にさかのぼることで心と頭の片づけになります。

ヒプノセラピーでは目を閉じて潜在意識下に行くのですが、目を開けて今まで買った持ちモノたちの事を思い出しながらお話を伺うことも

同じなのだと思っています。

今の状態から過去に戻ることは1秒前でも過去になるからです。

モノがたくさんありすぎて探すことことから毎回始めなくてはならない人は頭の記憶の整理が必要です。

定位置にモノを置く(モノに住所を付ける)というのは基本中の基本ですが、

必ずしもこうでなくてはならない。という決めつけは良くないと思います。

 

そして過去には必ず生い立ちが存在します。

どんな家庭環境で生まれ育ったのか?ここが一番大切な部分です。

もし抑圧されて育ったのでしたらその反動が今にあるのかもしれません。

もしほったらかしで育ったのなら・・・・

また子育ての悩みも片づけの中に潜んでいるかもしれません。

 

自分が何者なのか?どう生きたいのか?

たくさんのモノたちに囲まれて埋もれて片付けられずにこの先にある近未来はどんなふうに見えているのか?

カウセリングの中にはさまざまな事が含まれています。

 

わたしが片付けサポートに伺うところは

一人では考えられない、行動に移せない人がほとんどです。

 

幸せとはどんな状態のことでしょうか?

たくさんのモノたちに囲まれて生きることでしょうか?

モノを探しながら生きることでしょうか?

自分らしく分かりやすい部屋にするために

それが生活習慣として身に付くために

家族の将来のために

暮らしやすい生活を送るために

 

問題解決をしていきませんか?

 

 

 

どうしてもお片付けができない、苦手 と悩んでいませんか?

片づけられない理由は あなたの「心の疲れ」にあるのかもしれません。

お片付けカウンセリングから始めましょう。

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください

中山ゆうみ 公式HPはこちら

片付け・お掃除伝道師&クリアリングセラピスト中山ゆうみです。

 

毎日のように片付けや掃除の現場に行っていて、片づけや掃除がなぜ必要なのか?ということを考えます。

これは日常であり生活習慣だからこそ気が付かないことなのかもしれません。

 

わたしたちは生まれた時からその環境下にいて毎日があっという間に過ぎます。

心理的に掘り下げて考えてみても、客観的に見て考えてみても、片付けない部屋、掃除されていない部屋は

どこにてもある現象です。

 

忙しすぎて部屋の中が片付かず荒れた状態になっていくのをガッカリしながら帰宅していたとします。

その状態をどこで見直すことができるでしょうか?

休みがあればできる人もいるはずです。

そして休みが1日あればいいのか?2日あればいいのか?3日あればいいのか?1週間以上は必要なのか?

片付けのための休みを自分の生活環境の中で何日作れることができるでしょうか?

 

結局のところ

 

生活していればモノたちを使うしだから汚れるのです。

 

使ったモノたちをどうもとに戻すか?

 

それがポイントだと思いませんか?

 

そしてそれにはモノたちの定位置を決めることなのですが・・・・・

 

モノたちがあふれているとそれができません。

 

だからまずは減らすことが先になるのです。

 

休みがあれば落ち着いた部屋に戻せる人は

減らすという片付け方を知っているのです。

 

 

 

どうしてもお片付けができない、苦手 と悩んでいませんか?

片づけられない理由は あなたの「心の疲れ」にあるのかもしれません。

お片付けカウンセリングから始めましょう。

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください

中山ゆうみ 公式HPはこちら

こんにちわ

片付け・お掃除伝道師&クリアリングセラピスト 中山ゆうみです。

 

私の仕事の出発点は空き部屋の原状回復工事からでした。

 

当時はまだ30代前半で息子は3歳で毎日保育園へ預けていました。

保育園は夏休みも預かってくれていましたのでとても助かりました。

やがて小学生になってからの夏休みは、毎日学童クラブにお弁当を持たせて行きました。

しかし風邪をひいたりと家で寝ていなくてはならない時は、クルマに布団を積んで現場に一緒に連れて行きました。

あの頃のことは毎日が必死でほとんど覚えていないのですが時々ふと懐かしい思い出としてよみがえってきます。

息子はすでに25歳で今年家を出て独立しました。

 

時はやさしい魔法のような作用があります。

 

大変だったこと、辛かったことなどを忘れさせてくれます。

 

わたしたちの記憶はだんだんと変化していくのです。

 

毎日誰かの家に伺ってその家のエネルギーを感じながら話をたくさん伺いその人が生きてきた記憶を一緒に片付けながら共有しています。

 

そして家に戻ると家族と空間の中でやっと自分自身に戻ります。

 

わたしたちが日ごろ所有しているモノたちはただ黙ってそこに存在しているわけですが、

ちゃんと理由があって在るのです。

 

その理由は誰かが所有者であるという事です。

 

そんなふうにモノたちのことを眺めてみたことがありますか?

 

使われていないモノたちの存在を確かめるように片付けをしていくのです。

 

探し物は何ですか?

 

え?いつも探してばかりいる?アセアセ

 

それは困りましたねーー滝汗

 

探すための記憶を辿る前に片づけを優先させませんか?

 

もうすぐ年末がまたやって来ます。

 

そして平成も終わります。

 

年末までに優先順位をつけるとしたら・・・・?

それはあなたの頭と心の片づけかもしれません。

 

そしてそれから部屋の片づけへと移行していくことかもしれませんよ。

 

 

どうしてもお片付けができない、苦手 と悩んでいませんか?

片づけられない理由は あなたの「心の疲れ」にあるのかもしれません。

お片付けカウンセリングから始めましょう。

ご質問・ご相談などお気軽にお問合せください

中山ゆうみ 公式HPはこちら