3月17日 快晴晴れ晴れ
 
銀座のシネロンキャンデラ社でVビームレーザーの講演をさせて頂きました。
 
最高の青空の日曜日にもかかわらず、大勢の医師の方、看護師の方にお集まり頂き感謝感謝でございます。
 
今回のお話は、Vビームという赤あざや赤みを治療するレーザーの私の使用経験を、VビームユーザーやこれからVビーム導入を検討される医師の方にお伝えする内容でした照れ
 
Vビームレーザーは2年前にVビームⅡにバージョンアップして、治療効果が上がりつつ副作用(内出血など)の発生率が下がり大変治療しやすくってますお願い
 
以下に一部の症例をご紹介します。
↑こちらは単純性血管腫、いわゆる赤アザの成人症例です。
左:治療前
右:5回治療後
 
↑こちらは 頬の赤み 
12回治療
↑こちらは 酒さの症例
5回治療

このようにVビームレーザーは赤みのある症状に効果を発揮するレーザーです。

顔だけでなく、体の症状にも治療が可能ですニコニコ


<費用> 2019年3月現在
赤あざ(いちご状血管腫、単純性血管腫):保険適用
10まで 2170点
10㎠を超えた場合、10またはその端数を増すごとに500点を加算。
※3歳未満の乳幼児は乳幼児加算として2200点を加算

★わかりにくいので具体的に計算してみましょう。
5cmx5cmの赤あざの場合

25㎠なので2170点+500点+500点=3170点(31700円)
3割負担の方の場合、31700円x0.3=9510円の自己負担となります。

※※この費用には初診料または再診料、処方料、薬剤費は含まれていません。

Vビームフェイシャル:自費
顔全体 20000円(税抜き)
 
<副作用>
治療直後の炎症による赤み(1〜2日続く)
治療後のむくみ(1〜5日続く)
治療後の内出血斑(出た場合5〜7日続く)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ぜひコチラもご覧ください目目目目

 

秋葉原スキンクリニックオススメ商品通販サイト

https://www.and-a-shop.

 

秋葉原スキンクリニックHP

https://www.akihabara-skin.com/

 

秋葉原スキンクリニックが発信する

ウェブマガジン 美容ソムリエ

https://www.akihabara-skin.com/biyosomu/