物珍しさ、流行りモノを超越して
いつしかベースメイクのラインナップとして
欠かせない存在になったクッションファンデキラキラ

数あるベースメイクアイテムの中でも
人気の高いクッションファンデキラキラ



ついにINFINITYからも発売されます♪


発売はまだ少し先ですが、
一足早くお試しさせていただきました。


今回、画像がかなり多めですので、最後まで見ていって下さいね♪

いつにも増して熱が入る〜❤︎



{9D36D851-BFF6-48FF-A45D-3F5D757CD196}
2018年3月16日発売予定
INFINITY
クッション セラム グロウ
SPF40/PA+++
全6色
12g / ¥5,800 +tax



【商品について】
美容液80%、ライスパワー(R)No.11を配合したスキンケア発想のクッションファンデーション。
膜薄で自然な仕上がりでありながら、毛穴やくすみ・色むらなどの気になるところはきちんとカバーして、光をまとったような艶やかで透明感に満ちた肌に仕上げます。

微香性
Made in Japan(コーセーオリジナル処方)

※レフィル付け替え可能
レフィル 12g / ¥4,300
ケース / ¥1,500
パフ / ¥500  (全て税別)


{2A3F967F-6424-4A61-AD20-51FEA3F123D3}


6色展開のうち、標準色のOC-410オークルをお試しさせていただきました。





{20EC3C72-992F-4501-8556-44AF037DCB7D}


まずはレフィルをケースにセットするところから。





{0BBBB67A-094A-4C93-897B-FEDBEEB8FF8B}


手にしているのがレフィルです。








{CB96ABD6-1D91-4798-8B1D-639886A14BE5}


クッションファンデでは馴染み深いケースにそのまんま入れ込むタイプ。









{60BDF116-2873-40A4-A723-22E7FFC95764}


ケースとレフィルの『▼』印の位置を合わせて入れます。







{1C03780E-BD60-48A4-A266-F3CE36FC5CFD}

これでセットは完了♪









{0A581AC9-E3DD-4E80-9C17-EC1B90EA6CBB}

中蓋を開け、クッションを覆うシールを外して使います。









{2AF90B45-47A1-4374-AB80-995CD873DE89}


スポンジの隅々まで染み渡るリキッドキラキラ










{C33263E6-BF26-492E-AF76-A449AC9D053E}



綿棒でワンクッション押し当ててみましたが、なんともジューシーラブ


リキッドが乾燥しないためにも、中蓋の開け閉めは毎回しっかりと行う必要がありますねビックリマーク




【使用方法】
スキンケアや化粧下地でお肌を整えたあと、パフに適量とり、軽くたたきこむようにつけます。
カバーしたい部分には、さらに重ね付けします。







{87E7A12B-B4BA-4923-9109-948E62DEB459}


付属のパフにワンクッション取ってみたところです。



あれ?少しムラになってしまいましたアセアセ

いや、少しどころではないかもえー?
 








{BAACFBB6-F2D8-47B1-9C48-50EE3F713D87}

ムラは気にせず、そのまま手の甲へぶー







{0910BC3B-62A7-4243-B632-96480D2A13E6}

ポンポンと軽く叩き込むようにして、少し馴染ませました。

手の甲へは量が多かったので厚ぼったく見ていますが、もう少し馴染ませたら自然になりそうひらめき電球





{379A431F-8065-44BB-9C14-75A901656067}

少し範囲を広げて更に馴染ませると、いい感じになってきましたよ〜目キラキラ








{6B8CE8E8-B34C-4B61-BC94-1A0716A0010A}

つけてから5分ほど経ったところです。

つけたては艶っぽかったので仕上げにお粉もつけようかな?と考えたけど、少し様子を見ました。

5分ほど経った頃には少しセミマットな仕上がりになっていたのでお粉類は一切つけていません。

時間が経つにつれて肌温度でフィット感が増していき、午後3時頃には適度な艶感が出てきたような気が目キラキラ 
安定した保湿力がそうさせているのかもしれませんニコ

夕方〜夜になってからは、クッションセラムグロウの艶感と自前の血色感が妙に合っていて、いつもより肌が元気に見えましたラブ

スキンケア効果・保湿力の高さ、セミマット〜艶肌まで楽しめて、テク要らずビックリマーク
しっかりと紫外線対策しながらも、高すぎないSPF値という点も毎日使うファンデーションとして、申し分ないですね合格



☑︎艶やかな仕上がりを求める時は、最後に一手間
仕上げとして、ファンデーションがついていない状態のパフで目尻下側の頬骨の高い部分を中心にぽんぽんとたたきこんでいくと、肌が磨かれたかのような艶やかさが出てきます。
艶っぽい仕上がりを求める方は、この一手間をオススメします♪


コーセーのキャンペーンに参加中[PR]
AD