百人一首と浴衣文化

テーマ:

今日は年に1度の地元小学校の「カモメフェスティバル」。

 

子供たちがこの日のために頑張って準備してきてくれています。

娘のうめ子が調査してきたのは「日本の文化=百人一首」です。

なんでも…「ちはやふる」という映画がとても流行ったのだとか。

うめ子自身、百人一首が好きなので調べてみたそうです。

 

事前に話を聞くと、うめ子の発表順番は一番最初とのこと。

9時15分にはうめ子が話し始める計算になります。

 

うちの学校の開門は9時。

そこまで余裕のある状況ではありません。

スタートダッシュでいいポジションをゲットすることが大事です。

撮影に大切なのは画角と光の当たり方、それらを考慮した構図の作り方であり…(以下略)。

 

8時49分に校門前に行くと誰もいませんでしたが、幸い一番最初に校内に飛び込むことに成功。

今年もばっちり最高のポジションから撮影を出来ました。

さっそくラインにて家族間で共有です。

 

うめ子、とてもしっかりと発表できていました。

お友達のモモちゃんは浴衣についての調査。

ウメとモモの発表で日本の文化について学ぶことが出来ました!素晴らしい!