救援物資を

テーマ:

やっと連絡が来ました。

これを待っていました。

 

何度も現場の取材をして感じていたことですが、実はこういった被災地の現場では多くの混乱が起きます。

あまり言いにくいことではあるのですが、その多くの原因は…善意だったりします。

 

ボランティア。

救援物資。

そして一番有名なのが「千羽鶴」。

 

これらが大量に届きます。

とにかく、どんどん届きます。

 

そして…

 

まったくさばけません。とにかく、生モノはどんどん腐っていきます。

とにかくすさまじい量が届くので、それをさばくための人員がどんどん必要になります。

本来はその人員はもっと別の作業をした方がいい方々だったりもします。

もちろん、善意は素晴らしいです。

ただ、千羽鶴は…あの極限の状態ではあまり役に立たないのです…。

 

そんな光景をいつも目の前で見てきたので、僕はこういう大災害の時は「自分の手の届く範囲の」「迷惑にならない範囲の」手助けをどう出来るかに注力しています。

 

僕の参加しているビジネスマンや社長たちのチーム。

その中の一人が広島にいました。

彼の会社の従業員も被災。心配していましたが、その彼から120人以上が加わっている僕らのグループラインにメッセージが来ました。

 


現場の状況が非常にわかりやすいです。

一番ひどい被災地にはまだ行けない様子ですが、その手前辺りにあるその彼の会社の倉庫や会議室にはかなりの物資が置けるとのこと。

必要なモノも分かりやすいです。

現場に足りないことが分かれば、対処もしやすい。

 



 

先ほど、指定された物資をロイヤルホームセンターにてまとめ買い。

店員さんたちに手伝ってもらい、梱包作業だけで1時間以上かかりましたが、とにかく、向こうで必要と思われる物資はかなりお送りすることが出来ました。積みあがった物資を見ると少々引くくらいの量でしたが、置く場所もあること、そしてたくさんあったとしても絶対に困らないものばかりだったので、ここは遠慮せずに送らせていただきました。

ロイヤルホームセンターの皆様、ご協力、ありがとうございました。

 

まだまだ暑い日が続きます。

これからの季節は台風の危険もあるかもしれません。

引き続き、自分の出来ること、迷惑にならない範囲でとにかくどのようなお役に立てるか、注視していきたいと思います。


困ったときってお互い様ですしね。