リユニオンの旅2

テーマ:

会場の西大学院

image
西大(にしおお)さんと言うご夫妻が主宰していた学校なんです。
大学院ではなかった(笑)

スタッフは

長靴を買ってきて準備。

奈良の時のようにはならないぞって。

 

image


植物デコレーション アーティストの祥さん
たくさんの流木を持ってきてました。

ステージを円くするそうです。

数日前にボランティアの方が刈り込んでくれた
草を敷き詰め

できたステージがこちら 

 

image

 

 

西大学院は斎場御嶽の奥宮の先に位置するそうです。

なのでステージは
奥宮に向かって建てられました。

image


美幸さんのアメイジンググレイス。

リハーサルで号泣。

このために島根から来てもらったんだなぁって実感。

 

image

僭越ながら
奥宮に向かって
カタカムナと
カマリィオカポーのフラを奏上させていただきました。

実はね
これが一番抵抗あったの!

チューブトップで腕とわきを出すとか
人前で踊るとか
歌うとか
今までの自分だったら
100%あり得ない!

わたしでいいの?
大丈夫なのって。


恥ずかしくて
申し訳なくて
穴にずっと閉じこもっていたかった。

だけど やるしかないよねぇ。。ってとこまで来て
ガクブルでステージに立ったよ。

そしたら
もう怖いものなんてなくなった!笑



そのあと
雲が割れて
image

太陽が顔を出してくれました。
image

 

image



大好きな鎌田先生。
 

image

沖縄行く直前に
ケルト民族がとっても気になって
一冊本を読んだら

最後の参考文献のところに
鎌田先生のお名前を発見!!

すぐさま その本をポチったけど
沖縄には間に合わなかったー。



image

海辺の体育館には
小林芙蓉先生の書が並んでました。

 

 

体育館も
駐車場も
ボランティアの方が
一所懸命きれいにしてくれましたー!!

おかげさまで
かなりのパワースポットになったと思います。



本当に大感謝です。




まつり一日目の終了間近
たえちゃんに体育館まで乗せていってと言われて
知念体育館に向かいました。

この時まで
知らなかったのですが
体育館と西大学院の間に
斎場御嶽があったのです。



20年ほど前一度訪れた斎場御嶽。


その時とはかなり様子が変わってしまっていたので
全然気づかなかった―笑い泣き
 


その近くにある
海のイスキアに行くことも
今回の旅のミッションでありました。


実は 前日準備を終えて御嶽に向かうと
イスキアを発見したものの
御嶽を回って帰ってきたら
直前で閉まってしまったようで入れずじまい。


片付けなどもあるので
どうしようか悩んでいたら
たえちゃんに背中を押されて

前から来た車のナンバーも777で。

これは行くしかないねってなって
行ってみたよ。
image

お会いしたかった平山さんに会えましたー!

初女さんの御心を受け継いでいる方。

image
 

image

 

image

とっても素敵なとこ―!

 

平山さんも気さくな方で
お会いできて本当に良かった!

たえちゃんサンキュー

こういうお店やっぱりやりたいな。って思った。




夜はきんぬ玉食堂で
ふーチャンプルーと泡盛。
image

猿人の湯でほっこり。

image
看板こわいけど・・・
りんか嬢はかわいいといって記念写真。



西大学院にみんなで雑魚寝。


学生時代みたいな 自由な夜。




続く

 

リユニオンの旅

テーマ:

旅の荷物を片付けて
写真を整理して
お土産を渡すのは
日常に戻っていく作業。



旅から戻ると
この家や
家族が
本当に愛おしい
わたしにとって必要なものであることを

実感できる。



あまりにも濃ゆく不思議な旅で
でも 自分でこの時を決めてきたというのが

すごくすごく分かったので
備忘録として ここに書き記していこうと思う。


image

9日(金)夕方17時半に那覇空港に着く。
飛行機を降りると暑い。
こんなにも違うのね。
羽田でせっちゃんと会った。乗る直前に。

おんなじ便だった偶然も嬉しい。

レンタカー会社の方が迎えに来てくれてて
たえちゃん、なっふぃー
理絵さんと落ち合って車を借りに行く。

迎えに来てくれたのは
とってもかわいい男の子だった。

まつげが長くて
色黒で
南国の人と言う感じ。

娘のクラスメイトの子に似てるなぁと

想いながら
書類に記入してると

「母と同じ年ですね。」
って。


喜ぶところじゃないのかもしれないけど 

ちょっと嬉しくなる。


15万キロも走ってるおんぼろマーチに
5人と5人分の荷物を載せて

ぎゅうぎゅうになり
南城に向かう。


偶然にもみんなでおんなじ宿に

泊まれることになったことも不思議。

 

 

マジシャンかつのりことかっちゃんと

敦子なのにどんちゃん。

が二人で営む
民宿やよい
image

image
すっごく不安定なところにずーっと寝てた二匹。

どんちゃんのお料理もとっても美味しかったー!

かっちゃんと一緒に食べて おしゃべりして
5匹の猫に癒されて 楽しい夕飯でした。

image

どんちゃんは ちいさいまつりと
惣士郎さんを繋いでくれた人。

かっちゃんも
龍や人を繋げてくれる人。

image
猫アレルギーのなっふぃー。かわいい。猫大好き。

 


楽しくって眠れない 笑

 


image
朝 徒歩数秒の浜辺へ。

みんなでちいさいまつりテーマソングを歌う。
image

2日目の司会をしてくれたゆっこさんも
偶然同じ宿だった不思議。

image
 

ん?なんかやってるのかな。笑



image
 

やよいさんの目の前は
こんなプライベートビーチ。

image
 

最高!


まつりの準備の前に みんなでおんぼろマーチに乗り込み那覇の沖宮へ。


image
 

image

 

イスを持参して

お祈りしてる方がいらっしゃった。

 

沖縄は祈りの島。

 

image
 

おもろそうしが書いてあった。

うるまってひらがな表記だけど
本当は「宇龍麻」って書くんだって
かっちゃんが教えてくれた。

image
 

せっちゃんのおかげで 宇宙神にもお会いできました☆

image
 

弁財天様。

 

ちいさいまつりを導いて下さってる氣がします。

image

最後に氣になったところに行ってみたら
大国主様。

沖縄でもお会いできてうれしい。

首里城も行きたかったけど
沖宮が楽しすぎて タイムアウト!

 



さぁ
ちいさいまつりの会場へ
いざ出発

image

前日までの雨で
かなりのぬかるみ・・・。

まるで奈良の再来だねって。
みんなで笑う。



続く

reunion~再会再結合の旅~

テーマ:

沖縄から帰ってきました。

ちいさいまつり
みなさまのおかげさまで
無事に終えることができました。

たっくさんの方が来てくださって
たくさんの笑顔と涙があって
素敵な素敵な場となりました。
 

image
いつの間にやら2月ももう半ばなんですね。

実は
年末からずっと体調がよくなくて
ブログやFBを書く気力も 体力もない状態でした。

何にもする氣が起きず
子どもたちとならんで
一日部屋着で
マンガ読んだり
YouTube観たりする怠惰な日々を過ごしておりました。


毎週のように
8度5分越えの熱が出たり
頭痛が収まらなかったり
咳が止まらなかったりと
二度ほど死を覚悟しましたよえーん


レントゲンを撮っても なんでもないし
薬を飲んでも収まらないという。。。


粘膜は弱るし
口角は切れるし
口唇ヘルペスまで出来て
こんなんで行けるのか?って


沖縄に旅立つ前日まで
そんな感じでおりました。


熱のなか止まらない咳の中
感じたことは
「体が変化している。」ということ。


身体と言うよりも 組織。

DNAのようなものが変化を起こしているような。

そんな感覚でおりました。




インフルエンザも
必要な人にウイルスが入っていきます。

だから罹る人と罹らない人がいる。

熱の原因が何であれ
今この高熱が必要なのだなということ。

一切の寒気も関節痛もない高熱。

 

のどの痛みも鼻水もない。

 

ただただ体全体がぼーっと熱く
思考が働かないだけ。

不思議な感覚でした。




さて
どうなるのかわたし。

死を覚悟しながらも
どこかで楽しみでもありました。






実は
沖縄のちいさいまつりで
「カタカムナを奏上する」
と言うミッションがあったんです。

それで カタカムナを練習していて。

多分それが原因な氣がしておりまふ。




最初 全然声が出なかったのです。

もともと歌は上手くないし
自信なんか一切ないし
ステージに立つなんて恐れ多いし

ヨガのナビゲーターをやってますが
人前で声を出すなんて
苦手中の苦手。



こんなんで大丈夫なのか??
と思ってたら発熱。


でも
そのたびに
声が出るようになって。

Lemonも歌えるようになったよ 笑



ギフトシェアのイベントの時に
胸と のどのチャクラが詰まってるって
優花さんに言われたけど
多分それが抜けたんだと思う。


ハートからのどに
ダイレクトに
言葉や想いが届いて
口から流れ出るようになったの。

子宮から 頭頂まで 通ってるって感覚です。




今までだったら
初めての人に声をかけられなかったけど
沖縄と言う土地がそうさせたのかもしれないけど
帰りには
見知らぬ外国人にまで(しかも二人に!)
話しかけるという変化っぷりに自分でも驚いております。
上手く話せなかったのが悔しかったので即 英会話の本を買ったよ笑


多分今までの自分が死んだんだ。と思った。
思考と感覚が 全然違う。






で、何が言いたいかっていうと

屋号が決まってなかったのよね 実は
笑い泣き

ライトボディワーカーというのは肩書。



屋号がなかなか決まらなくて

まつりのパンフレットのバナーにも入れられなかった
笑い泣き

沖縄で皆にも
聴かれたけど

答えられなかったので。

ピンとくるものがなくて。



アースニックカフェは
カフェ部門の屋号。

これで活動をしてしまうと
みんな混乱するよね~と。


沖縄で
わたしは自分の生を全うする!って覚悟させられて
身体を扱う仕事をもっとしていく覚悟もさせられて
でも屋号がない・・・。



だから おとといお願いしたの。
いい屋号を閃かせてくださいって。

それでないと活動していけないからって。


そしたら昨日娘が
「卒業祭用のCD作ってー。」
と言って
教えてくれた曲のタイトルがなんだか氣になって
意味を調べたら


再会
再結合
再融合
再会の集い


と言う意味だって書いてあって
鳥肌立った!

これだっーー!!!って




ということで
屋号が決まりました 笑


image
屋号はreunion(リユニオン)

コンセプトは


自分と再び結ばれる
心と体と魂を結ぶ
仲間と再会する
re.member
すべてがひとつだということ。







これからは

reunion(リユニオン)の
ライトボディワーカーまゆ


で活動していきたいと思いますおねがい


改めまして よろしくお願いしますラブラブ

image

まず、reunionの活動の第一歩として
18日月曜日
10時から15時まで
アースニックカフェにて
スナックまゆみ
「カフェラテ飲みに来ませんか?」の会
開きまーすドキドキ


いろいろタイトルが多すぎなんじゃこりゃ笑い泣き




沖縄での奇跡の連続は
改めて書きますね。