2012年問題を論議する有識者の中で、特に重要視されてる書物であり預言書。






先日手放しました。

つい最近(3月末)、5500円で購入したばっかなんですけどね。





私は、2012年におこるとされている、幾つかの問題を紐解いている中でこの書物と出会いました。



有識者の間では、かなり重要視されてる書物だったので、遂に原書を購入してみたけど・・・・・・・・・・・・




これ微妙じゃないですか??


ぶっちゃけ、波動が。。。



すごく波動が高い書物って、宣伝されてたし、有識者がやたらこの書物を引用するから、この問題を語るならば、一読はしようと思ったけど、本の虫の私が半分も読まないうちに手放すことにしました(笑)



この書物を観察してる中で幾つかのことに気がつきました。


これを引用する有識者の多くが変な神懸かりとかオカルトに走っちゃてる。ってこと。


最初はこういうものかなぁって、思ってたけど、やっぱりおかしい。


ようやく気がついたんだけど、預言に傾倒すると、預言の中に、自分が収まっちゃうビックリ


結論それが大問題ビックリ


例えば、よく当たる占い師に出会ったとして、その占い師に何か心当たりの有ることを言い当てられたとして、それで、それからその占い師の言葉を中心に毎日を過ごしちゃうってのと似てる。


それはどういうことかというと、自分がその人の支配下に入ってしまうことを意味する。


ってことは、その人以上の高さで物事を俯瞰できないことを意味する。

だから、この神示の持つ、たいして高くもない波動を最高と感じたまま抜けられないんでしょうね。


そして、本来だったらもっと高い波動が出せる人たちが抑えつけられちゃってることにすら、気がつかないって言う悪循環(+_+)残念。。。。


ただ、この神示の波動が高いかはさておき、波動が強いことは間違いない。


だから、これを持つと波動が高みにいけなくて、抑えつけられちゃう汗


10年くらい前なら、これをもって予見する意味はあったと思うけど、もう2012年だよ。


すでに地球の波動のが俄然あがっちゃってるのに、ぶっちゃけナンセンスでしょ?

いろんな有識者の人がオカルト的にこの本を支持してるけど。

大丈夫?ってかんじ。


傾倒しすぎでぬけられないのかもね(笑)


今が変われば未来なんていくらでも変わるのにね。


実際、色んな未来が変わったのにね。
その事にまだ気がつけないのかな????


不思議です。

私なんかより、ずっと前から勉強し、分析し続けてるのにってね。


結論、


預言にしばられて、自分を見失うなんて馬鹿みたい(笑)


誰かが認めた霊能者だからって、言葉を鵜呑みにするなんて馬鹿みたい(笑)


その霊能者に歴史の有名人の生まれ変わりだといわれてその気になって、その支配下に入っちゃうのも残念すぎる(*_*)

前世なんて、今時自分で思い出すものだし。

それに、自分の生まれ変わりが何であるかなんてどうでもいいことだし。

天照大神の生まれ変わりだとか、ラムーの生まれ変わりだとか言ってる有識者って、残念ですね。


ただ今を最高のイメージで生きる事のが大事なのに、この世に及んで新たに色んな預言書が出版されてます。

未だにそんなのに振り回されるなんて、どこに向かいたいんでようね。


結局、自分に自信がないんでしょうかね。


思った通りに物事が起こる事が実感出来たら、わざわざ恐怖を喚起するような書物を読みたくないって、感じるはずだと思うんですけどね。



多くの有識者がこの世に及んで恐怖喚起してるのが謎です。


超無意味だと思う。



ちなみに私、日月神示を手放してから、めっちゃ調子が回復してますキャッ☆


波動も元気も回復中(*^_^*)


追記

それでも気になる人には、こっちの書籍がオススメ。






2004年に発売された書籍です。

神示も沢山引用されてるし、当時の視点から、現在も俯瞰できるし、解説もしっかりしてるから、充分これで事が足りると思いますおんぷ
AD

コメント(11)