人生をいつくしむために装うパーソナルスタイリスト大阪・神戸・関西 JUN’s blog

こんにちは、B&R山本 じゅんです。

 

 

昨日は、【パーソナルスタイリスト養成講座】の座学2回目の授業、その後はビジネスコンサルの生徒さんとランチへ。

 

 

2回目の講座では、専門知識以外に「お客様の満足度をあげ、リピーターさんが増える方法」をレクチャーしました。

 

 

B&Rのパーソナルスタイリスト養成講座は、受講される方はアパレル経験者:未経験者=5:5位でしょうか。

 

 

現職が、会社員、専業主婦、病院勤務、自営業。

 

 

年齢も、20代後半~50代前半と幅広い方に受けて頂いています。

 

 

受講を検討している方には、講座前に無料相談会を行っています。

 

 

その際1番多く頂く質問としては

 

 

「カラーや骨格など○○診断や資格って、取った方がよいですか?持っていた方が、仕事をする上で有利ですか?」

 

 

です。

 

 

そんな時私は、

 

 

「取りたい方(取った後の自分がワクワク、楽しそうな方、肩書きでなく内容が自分にとって為になる方)は、取ったらいかがでしょうか。。。私は持っていませんが笑。

 

パーソナルスタイリストといっても様々で、どんな仕事をするかにもよりますが、

 

個人的な考えとしては、資格というよりまずはきちんと現場を知ることの方が大事かと。

 

“お店の垣根を超えて、人に洋服を着せた経験のない方”が、

診断ツールだけを知っていても、

 

どこかで習った情報をただただそのままお客様に流しているだけの状態になります。

(すると、受講者さんからの細かな質問に答えられなかったり。なんとか、理論で枠に当てはめようとしたり)

 

(中略)

 

私は“資格を取る”ということにあまり拘ったことはありませんし、それでも有難いことにお客様は来てくださっています。

 

それに、実際に仕事にする上で大切なことって、資格以外の部分にあると思いますよ。」

 

とお答えすることも多いです。

 

 

皆さん、何かしらの資格や確固たる肩書きがないと不安なのかな~。

 

 

私自身の起業当初を想い出すと、実は皆さんとは全く正反対の気持ちでスタートしていた気がします。

 

 

私は、国家資格をもつ医療従事者(放射線技師)として病院に働いていたので(アパレル業界未経験者です)逆に、

 

 

「資格や会社に守られず、生きていくってどんな感じなんだろう(ワクワク!!)。肩書がない状態で、世の中での自分の評価ってどの位なんだろ。

元々、人の買い物に同行することが好きだし、ちょっとチャレンジしてみようかな」

 

 

という、きっかけはとても軽やかな感じでした。

 

 

皆さん、結構重く考えている人も多いので、現状感じている不安をひとつひとつ取り除く相談会になることも多いです。

 

 

そんな気持ちでスタートした養成講座も、終わりに近づくと、

 

 

先月の実習風景
 
 
“コーディネートの提案”って
 
やっぱり楽しいし・好き
 
 
 
“洋服で悩んでいる人の相談にのったり、一緒に解決する”って
 
やりがいがある
 
 

受講生さん、自主的に洋服以外のメイクのトータルアドバイスまで
 
 
 

アクセサリーのご提案

 

 

何より、スタイリング後のお客様の笑顔にこちらも幸せな気持ちになる。

 

 

毎回反省を繰り返しながらも、どうしたらよりクライアント様に喜んで頂ける提案が出来るか、

 

 

試行錯誤し何度も組みなおしていきます。

 

 

そんなことをしているうちに、当初感じていた不安もどこかへ。

 

 

勇気を持って行動すれば、次の景色が見えてくる。

 

 

やっぱ、資格じゃないよ。

 

 

大事なことは、もっと他にある。

 

 

 

 

 

 

B&R 山本 じゅん

 
 
Information
パーソナルshopping
 クローゼットstyling
 3カ月契約コース
 パーソナルスタイリスト養成講座
 パーソナルスタイリスト向けビジネス起業コンサル
 イベント・法人様向けセミナー
専用HP

洗練されるノウハウが学べる~大人の装いABCファッション・メイク・ヘアアレンジレッスン~『お持ち帰り美容』
専用HP 

どこにお金をかけ、どこは引き算したらよいの?お金のポジショニング診断お札
こちら 

 
お客様のBefore&After集①~⑤
こちら