自分らしく生きていこう

自分らしく生きていこう

お金と向き合うことは自分と向き合うこと。

買い物依存症で借金500万円以上→完済→貯蓄。
そして、その経験を本に。
人生無駄なし!


 

新型コロナウイルスの影響で、在宅での生活を充実させるという新たな消費が生まれた。

かくゆう私も自炊に励むべく気がついたら食費が増えていた。

運動不足にもなるので健康意識が高まり体重計を持っていなかったのでそれも購入。

これまで消費していなかったものを消費しているなと感じる。

既に巣ごもり消費で結構使ってしまった、という人も多いのではないだろうか。

自粛で色々ガマンをしてきたので、自粛解除で開放感を感じたくてリアルな消費に繰り出す人も多いと思うが、まったく元の消費生活に戻るかというとそうでもないだろう。
第二波の懸念から、いきなり以前のような生活に戻ることは想定しにくいし、在宅でもそれなりに快適に過ごせるよう整えてきた人も多いと思うので、折り合いをつけて新しい生活のスタイルを築いていくことになるではないだろうか。

 

これは消費だけに限らず、生産にも全く同じことが言える。

今はその過渡期とも言える。すでに、その模索ははじまっているのかもしれない。

消費で気をつけたいのは、在宅もリアルも充実させようとすると以前よりお金がかかるため、支出のコントロールが必要であること。

何にお金を使うのか等、自分の価値観に合った生活スタイルを定めておくと判断に迷うことは少なくなるだろう。
オンラインがスタンダードになった今、(感染の危険性がもっと少なくなれば)リアルに人に会う、体験することの価値は上がると思われるので、リアル生活重視だとしても注意が必要だ。

貯金の重要性を痛感している人も多いと思うので、なおさら消費には気をつけたい。

今回のコロナ禍では、人類がいくら文明を発展させようと、人間も生物の一種であり、生物としてはまったくもって弱い存在なのだと思い知らされた。

一方で、人と話したい、会いたいなど、人が社会的な動物であることもよく分かった機会だった。

人と会うという何気ないことが当たり前ではなくなった今、どういう価値が提供できるのか。

私も人とのつながりを大切に、新しい生活スタイルを作っていきたいと思う。