「がん」と私の奇妙な共同生活

看護師の筆者が突如「卵巣がん」を告知され、手術、および治療を受けていく過程についてをタイムリーに記録していきます。

NEW !
テーマ:

─経緯─

2017年9月12日、「卵巣がん」の疑いを指摘され、翌日S大学病院を受診。卵巣は約9~10cm大。破裂の危険があるとのことで精査と安静を目的に緊急入院。(その後、9月25日付で看護師退職) 10月26日に両卵巣、子宮は膣上部までの切除術(膣上部が直腸・尿管と癒着しており、切除不可能だったため)、大網部切除。右卵巣は術中に自然破裂。病理診断の結果は卵巣がんの中の明細胞腺がん 大網部に播種転移見られたことからⅢa期。12月21日よりTC療法(パクリタキセル ・ カルボプラチン)開始。現在、2クール目(3週に1回投与=6クール予定)

 

【本日2クール:投与7日目。自覚症状】
解熱、皮膚の乾燥まつげの脱毛…(^^;)←そのうちグレイみたいになってそうだ…。

 

いやはや…。ようやく復活しましたです、はい。
やっぱり、抗がん剤が抜け切るまでに大体7日はかかるんですね。それは1クール目と2クール目で共通事項だったので、目途が立ちました。

7日超えちゃえば、問題ナッシングということも実感しました。

おかげで、今日はバリバリワークMODEです(笑)。

 

とは、言いますものの。

実を言うと午前中(18日)は「完全に死んでいた」ンですよね。

抗がん剤服用するようになってから「不眠症状」が時折ひどく表れるようになり、昨日は少しずつ熱も下がって来て37度台になったせいか倦怠感が軽減し、それによる…のかどうかは不明ですが、とてつもない不眠状態になってしまったのです。

 

布団に入って5時間以上経っても「眠れない」。

その上、頓服でもらっていた眠剤もきれてしまっている始末。

何とか眠りにつかせようと羊を数えてみたものの、「よし! 100まで頑張ろう!」「よし、次は200だ!」と、かえって意識を覚醒させてしまい逆効果…。(一体何に対抗心を燃やしているんだ、お前は…)

 

6時過ぎに諦めて布団から出て、眠剤をもらえるクリニックに予約をし、フラフラ@@@しながら取りにいきました。(マジに階段とか段差、あとは車、電車のホームなどが怖かったっす…。)

帰ってきたら──もうもう、布団が「お疲れさま。大変だったねぇ、ほうらぁ、おいでぇ」と呼び掛けてくれているではありませんか(涙)。
もうもう、その後は「爆睡zzz」状態で4時間。

 

起きたら「スッキリ!!!」になっていたのでありました。

そこから先は、バリバリMODEで仕事してました。いやはや──気持ちいいぐらい集中出来ました(笑)

 

あ───っはっはっはっは!!!

(どんだけ躁状態やねん;)

↑気分はこんな感じ。

 

BEFOR

どよよん…

AFTER


あ───っはっはっはっは!!!

さて、明日からも頑張ります!

 

★日々記事にしていく励みになりますので、よろしければクリックをお願いいたします。

人気ブログランキング


【SF長編小説:人類滅亡後に突如現れた先進文明と古来の地球人であるヒューマノイドの対立】
連載中★1月19日 しばらく休載させて頂きます; ちょっと仕事抱えすぎ…;
ブログ用バナー
【ファンタジー小説:ソラと仲間達の神様を探す旅】

WE are EARTHバナー

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。