セールス思考&初心者向けWebコンサルタント
木田由香利です。



前回に引き続き、
具体と抽象についてのお話しです。



無形商品は
言葉でその良さや特徴を
伝えなければなりません。


このとき、
抽象的な言葉を選ぶと
ふんわりとした文章になります。


その後に具体的な文章で
それを補足していく流れがあると
伝わりやすくなります。




具体的な中に、
一例などを盛り込むと

さらにイメージしやすくなって
相手の意識に定着させることもできます。





この「抽象→具体」の流れが
ベストなのですが


いきなり「具体」から入ってしまうケースが
あるんですね。




雑談などの
ラフな場面であるならば

そこまで気にする必要はありませんが、


誰かにきちんと伝えたい場合は、
「伝わりにくい」事態におちいることがあります。




「いろいろ話してくれたけど、結局、何が言いたいの?」


相手の頭に、
こんな感情が生まれてしまうんですね。



具体から伝えようとしている時、

伝える側は、はじめから答えを持っているので
ゴールに向かって話しているつもりになっています。



けれど、それを受け取る側は、
この話はどこに向かって話をしているのか?

「オチは何なのか?」が分からないので

ほう、ほう。と聞いているけれど、
つかみどころのない情報の羅列ばかりで

要点が見つけられなくなるんですね。





伝え方の流れとしては、

① 抽象的なことを伝える
②具体的に伝える
  ・分解して話す
  ・一例を使って伝える
  ・より詳しく伝える
③結論として、①であることを述べつつ
次につなげていく。




例えば・・・

①スピリチュアル系のセールスライティングは
 難しいんですよね。

②さらに細かく考えてみたのが次の3つです。
 ・感覚に頼るところが大きいので、表現が難しい
 ・受け取る側に、怪しさを抱かせてしまう可能性がある
 ・だからこそ、論理的な部分も伝えるべき

③これらをしっかりと伝えることで、
 スピリチュアル系のライティングの難しさを
 乗り越えることができます。


こんな流れができると
伝わりやすくなるだけでなく
伝えやすくなります。


こういった、
伝え方の流れや段取りは

想像以上に大切です。


分かりにくさは、
離脱に直結するからです。



具体と抽象を、
上手に分けて考えられるようになると

格段に伝わるようになります。


参考にしてくださいね。



ではまた (^o^)丿
 

 

 

 

下矢印無料動画セミナーをご覧ください



 

 

 

ご提供中のサービス
 
ランディングページの書き方セミナー

学びのサイト「ストアカ」にて開講中。

「ペライチなどの操作は何とか分かるけれど・・・そもそも、何をどんな順番で書いたらいいの?」

といった迷いや悩みをお持ちの方に最適です。

 

宝石赤 詳細・日程はこちらから ⇒ 未定

 

 
 
原稿のいらない ホームページ/ランディングページ制作代行
 

原稿の準備をする必要なく、ヒアリングだけで制作代行いたします。

宝石赤 お問合せはメールにて

 

info@yukarikida.net

 

 

 

ひとりビジネス再設定プログラム

じぶんなりに頑張ってみたけど、うまくいかない女性起業家の方向け個別コンサル。

商品設計・導線設計・発信・セールスの方法までのすべてをサポートします。

 

宝石赤 HP・LP制作代行付き

宝石赤 募集:未定

 

 

 

 

ひとりビジネスLab

モチベーションを保ちながら、さまざまなジャンルの女性起業家と学びながら実践する。

なりたい未来を叶えるためのコミュニティ。

宝石赤 個別コンサル付き

宝石赤 次回募集:9月頃を予定

 


 



女性起業家のための
『ひとりビジネスLab』

\ 4期 募集中/

▼無料個別相談はこちらから

 

 

セールス思考&初心者向けWebコンサルタント
木田由香利です。


先日、関東甲信が
梅雨明けしました。



数日前から
朝からピーカンのお天気で

うちの息子氏と
「もう、梅雨明けしようぜ」と話し合っており。

「ほら、だから言ったじゃん」と、

どの高さ&どの位置からか
分からない会話が交わされた朝でした。





さて・・・

今日のテーマは
『伝えるときに気をつけたい、具体と抽象。』です。



無形商品を提供したい方は、

自分の商品を
言葉にして伝える必要がありますね。



このとき、
抽象的な言葉だけを使うと

ふんわりとした文章になってしまいます。



スピリチュアル系のライティングが
難しいのは、

抽象的な表現に
偏りがちになるからとも言えます。



この場合は、
より具体的に表現していくことで

読み手がそれを使ったときの
イメージが色濃くなっていきます。






逆に、
具体的なことばかりを
述べてしまうタイプの方もいます。


あくまでも
「どちらかというと」という観点なのですが、


話が長くなってしまいがちな方に
多く見受けられます。


話が長いと言っても、
段取り良く伝えた結果であれば
問題はありません。




けれど・・・

話をしているうちに
あれもこれも浮かんできて

途中で自分が何を言っているのか
分からなくなってきたりして


勢いで話をまとめて
終わらせてしまいがちな方ですね。




話したいことが
あれもこれも浮かんでくるのは
決して悪いことではありません。


これも一つの能力であり
強みであるとも言えます。



ただし、
「誰かに伝える」という観点からすると

分かりづらさにつながってしまうので
よろしくないんですね。




例えば親しい友だちと
会話する中での「話が長くなる」は
さほど問題はありません。


目的がそこまで強くないのであれば
ラフな文章として
面白いライティングになるでしょう。



ただ、商品コンセプトの説明だったり
それを伝えるライティングの場合は、


「段取り」がやはり大事なので

具体と抽象を
上手に行き来する必要があるんですね。



具体と抽象については、
次のブログでもお伝えしていきます。



ではまた (^o^)丿

 

 

 

 

 

下矢印無料動画セミナーをご覧ください



 

 

 

ご提供中のサービス
 
ランディングページの書き方セミナー

学びのサイト「ストアカ」にて開講中。

「ペライチなどの操作は何とか分かるけれど・・・そもそも、何をどんな順番で書いたらいいの?」

といった迷いや悩みをお持ちの方に最適です。

 

宝石赤 詳細・日程はこちらから ⇒ 未定

 

 
 
原稿のいらない ホームページ/ランディングページ制作代行
 

原稿の準備をする必要なく、ヒアリングだけで制作代行いたします。

宝石赤 詳細・無料個別相談日程=未定

 

 

 

ひとりビジネス再設定プログラム

じぶんなりに頑張ってみたけど、うまくいかない女性起業家の方向け個別コンサル。

商品設計・導線設計・発信・セールスの方法までのすべてをサポートします。

 

宝石赤 HP・LP制作代行付き

宝石赤 募集:4期生募集中

 

 

 

 

 

ひとりビジネスLab

モチベーションを保ちながら、さまざまなジャンルの女性起業家と学びながら実践する。

なりたい未来を叶えるためのコミュニティ。

宝石赤 個別コンサル付き

宝石赤 次回募集:未定

 


 



女性起業家のための
『ひとりビジネスLab』

\ 4期 募集スタート /

▼無料個別相談はこちらから

 

 

昨日は、
ペライチ公式セミナーに登壇しました。


平日の日中でしたが、
27名のご参加をいただきました。


で・・・


月に何回も
セミナーや講座を開催しているのですが

その度に緊張しまくっていて(^_^;)



傍から見ると、
「そんな風に見えないですよ」と
仰っていただくことが多いのですが


本日も、
ちゃんと緊張しました。


緊張しすぎて
ミュートのまま喋ってしまって
教えていただいたり。

受講者の方のミュートが外れているのに対して
別の受講者の方が
「ミュート外れてますよー」と
諭してくださったり。


zoomでの開催なので
助けてくれた方が
どなたなのか分からないのですが・・・

いやいや、
本当に優しい方ばかりで
感謝しきりでした。




さて・・・

今日のタイトルは
『ターゲットの「ホットボタン」は何か?』です。



ホットボタンというのは、
「あ、これ、申し込もう!」
「これなら、申込みます!」

というスイッチのことです。







LPのファーストビューや
本文の中にも

このホットボタンがあると
とっても強力なんですよね。



お子さんがいらっしゃる方などは

片づけない・・・
勉強しない・・・
〇〇しない・・・

といったものをお子さんに感じると

「どこかに、やる気スイッチがないかしら?」
なんて思ったりするかもしれません。


実際に、
やる気スイッチという会社もありますよね。



無形商品を買っていただくためには

このホットボタンや
やる気スイッチのようなものを
見つけられると成約率が上がります。



じゃあ、
そのホットボタンはどこにあるのか?


見つけ方のポイントとしては
「本音」「図星」
みたいなキーワードが挙げられます。


LPやセールスの際に、

「本音を言うと、それがいちばん欲しいんだよね」
「まさに、それって私のことなんですよね」


というひと言が出るところになります。



毎度毎度になるのですが、
あなたのターゲットが

このひと言を発する部分を
考えるということになるんですね。


これは、
商品カテゴリーや
ターゲットによって全く異なるものなので

何をしたら
このひと言が出るのか?を
探求する必要があります。


あなた自身のターゲットは
何がホットボタンになるでしょうか?


さらに深堀してみてくださいね。




<お知らせ>
募集中の
『ひとりビジネスLab 4期生』

すでにご参加を決めていただいている方も。

無料個別相談の日程を
追加しましたので、

少しでも気になる方は
お早めにご予約ください。^ ^
 

 


ではまた (^o^)丿

 

 

 

 

 

下矢印無料動画セミナーをご覧ください



 

 

 

ご提供中のサービス
 
ランディングページの書き方セミナー

学びのサイト「ストアカ」にて開講中。

「ペライチなどの操作は何とか分かるけれど・・・そもそも、何をどんな順番で書いたらいいの?」

といった迷いや悩みをお持ちの方に最適です。

 

宝石赤 詳細・日程はこちらから ⇒ 未定

 

 
 
原稿のいらない ホームページ/ランディングページ制作代行
 

原稿の準備をする必要なく、ヒアリングだけで制作代行いたします。

宝石赤 詳細・無料個別相談日程=未定

 

 

 

ひとりビジネス再設定プログラム

じぶんなりに頑張ってみたけど、うまくいかない女性起業家の方向け個別コンサル。

商品設計・導線設計・発信・セールスの方法までのすべてをサポートします。

 

宝石赤 HP・LP制作代行付き

宝石赤 募集:4期生募集中

 

 

 

 

 

ひとりビジネスLab

モチベーションを保ちながら、さまざまなジャンルの女性起業家と学びながら実践する。

なりたい未来を叶えるためのコミュニティ。

宝石赤 個別コンサル付き

宝石赤 次回募集:未定