これでいいのだ!パート2
  • 04Dec
    • 音がしないと

      昨晩は父がショートステイで不在。特に手がかかる方ではないのですが、それでも頻尿なので夜中に数回トイレに行きます。杖をついて歩くので結構音が響く・・・。音がしないので、とっても良い睡眠が取れた感じ!!爆睡してました。月に2度ほどですが、ショートステイはありがたいです。連絡帳には、夜中に何度もトイレに行かれてました。とかふらつきがあるので、介助して行きましたなどと、ご報告が記載されていて、申し訳ないと思いつつ、本当に感謝しております。

  • 02Dec
    • 今年はの画像

      今年は

      ここ数年、気が付いたら鳥さんに食べられてなくなってしまう事が多かったのですが今年はまだ大丈夫でした。少し切って、花瓶に挿しておきました。お正月まで持つと嬉しいのですが。オレンジ色の千両です。

  • 01Dec
    • 植物の画像

      植物

      サンカラホテルの植物は綺麗に手入れがされていました。どれも素敵でした!

  • 30Nov
    • 食事編の画像

      食事編

      宿泊したサンカラホテルは朝食と夕食付きなので昼食を2回、ホテル外でしただけでした。夕食はフレンチのコースでした。1日目はプラス料金のお料理を特別室で。なんと、ここには大谷石が使われていてびっくり!メニュー表には、一人づつ名前も入ってます。ワイン(白)も素晴らしい!モンブランケーキに可愛い森の精霊が乗ってます。地産地消の素材で、特に海の幸はとっても美味しかったです。翌日と翌々日はメニューからそれぞれチョイスします。写真が全部載せられず残念です。本当に全て美味しかったです。サービスも素晴らしかったです。毎回、食べすぎてしまいました。朝食が載せられず残念。【公式】サンカラ屋久島 sankara hotel &spa Yakushima |リゾートホテル 高級ホテル屋久島に宿泊するならリゾートホテルsankara hotel&spaYakushima(サンカラ ホテル&スパ屋久島)の公式サイト。地産地消のフレンチ、森の空気薫る客室、心のこもったバトラーサービス…日常を忘れて高級ホテルで優雅な時間をお過ごしください。www.sankarahotel-spa.com

  • 29Nov
    • 最終日の画像

      最終日

      縄文杉から帰って来て、20時からの夕食に飲まなきゃ良いのにワインを一杯飲んで、美味しい食事を食べて、部屋に戻ったら、もう限界。みどりさんと寛子さんは片付けたり、パッキングをした様ですが、私は食事前にお風呂も入ったので、歯磨きだけしてベッドの中へ。多分11時でした。翌朝は5時頃に目が覚めて、お風呂に入ったり、パッキングをしたりしてました。みどりさんも寛子さんも物音がうるさかったので起床。3人でコテージのベランダから朝陽が上がるのを見て感動。嬉しい。でも、体と太ももとふくらはぎが痛い〜(爆)こちらは後の山側ですが、朝陽が反射して美しい。朝陽が登りました。コテージの中、とても素敵でした。朝食前にM子さんが来てくださり、昨日のお話をして大盛り上がり。一緒にホテルの朝食をゆっくり食べて、最後のお土産を買って、記念撮影会。寛子さんは一足早い飛行機で鹿児島経由名古屋。私とみどりさんは同じ飛行機で伊丹まで。私は出発が40分遅れたので、伊丹乗り換えの羽田行きの飛行機を一本遅くに変更して、のんびり帰りました。めちゃくちゃ楽しかった❗️食事編は後ほど。

  • 28Nov
    • 3日目縄文杉の画像

      3日目縄文杉

      朝は4時に起床。3人共、緊張なのか興奮なのか、あまり眠れませんでした。前日は大雨でしたが、一日中曇りの天気予報通り、雨は降っていません。ホテルからガイドさんと一緒に予約していたタクシー(大きなワゴン車)に乗り、ホテルで用意していただいた朝食を持って、5時に出発。約、I時間かかって到着。まだ暗い中、準備体操をして、頭のライトをつけて荒川登山口を出発しました。M子さんが頼んでくださっていた、ガイドの菊池さんは持参した最新版のマップルに紹介されていました。←それに気づいたのは前日。私達の事を考えて、頼んでくださった事がとてもよくわかりました。本当にありがたかったです。長いトロッコ道を黙々と歩きます。とても嬉しくて、足取りも軽やか。少し歩いて、まず、神社に寄ってご挨拶とトレッキングの無事を祈ります。橋の上から川の巨石を撮りました。こんな橋を何個も渡ります。高所恐怖症の寛子さんは、かなり怖かったそうですが、何も言わずに頑張って渡りました。ご褒美に、ラッキーな事に目の前に屋久鹿が上から降りて来て、先導をしてくれる様にしばらく前を歩いてくれました。出会える確率は10%くらいとのことですので、貴重な出会いに感謝。テンション上がりました。後のグループの方に、前方をお譲りして少ししたら、下に降りて行ったそうです。トロッコ道が終わった所で、最後のトイレ休憩をして、山に入って行きます。沢山の大杉を見ながら、歩いて行きます。途中小雨が降ったりしましたが、それが草木がより美しく見えて、良かったです。かなり歩いて3分の2くらいまで来ました。大きな切り株のウィルソン株の中。ここから空をハート型に撮れる角度があり、撮っていただきました。 ハートの中から見える外の景色も美しいです。ここまでは、何とか普通に歩けましたが、この先からが、ちょっと大変になって来ます。縄文杉までには、名前が付いた沢山の立派な大杉があり、どれも見事です。ついつい見とれてしまい、時間を気にせずにゆっくり歩いて行きました。ガイドの菊池さんも急かすことなく、ありがたかったです。(途中から1番急かしたのは私)33年前に来た時にはなかったトイレがあり、登山道は木製の階段が作られ、休憩場所が整備されていて、変化に少し驚きました。屋久島が世界遺産になってから、観光客が増えたので整備されたのは当たり前のことですね。観光に来た人々の意識が、自然保護の大切さを知り、屋久島の素晴らしさが沢山の人に心に残り、ずっと守られていくと良いなーと思いました。登りはきつかったですが、頑張った甲斐があって無事に縄文杉に到着。到着してすぐは小雨がしとしと降ってました。遠くに霞んで見えましたが、それがまた荘厳な感じ。少し経つとお天気が変わって来ました。最短で見れる場所で見た姿。3方向から見ることが出来るように、展望台が作られてます。中々離れ難く、ゆっくりさせていただきました。多分、ここの展望台で入山した他のグループとはかなりの差がついて、私達が最終となりました。帰り道まで、貸切です。(予定より、3時間オーバーで帰って来ました)それでも、ベテランガイドの菊池さんは、途中でも沢山の説明をしてくださり、私達も存分に楽しめました。帰りのトロッコ道では途中からライトをつけ、到着した時は真っ暗(爆)到着した時、みどりさんが「こんなに時間がかかったグループは、過去にないですよね?」と聞いたら、「いいえ、もっとかかったグループはありますが、今年は今日が最長です。」と言われ大爆笑。途中の休憩も入れて、たっぷり往復12時間。最後まで、よく頑張って歩きました。ちなみに33年前は、1人で同時に出発したグループの後につかせていただいて歩いたのですが、休暇はほとんどなく、途中で、お弁当を食べ往復8時間でした。気持ち良い達成感と満足感でしたが、疲労と睡魔でホテルまでのタクシーでは、寝てしまいました。菊池さんにお礼を言って、お別れしたあと、足を引きずって部屋に入ったら、バスタブにお湯が張ってありました。これはホテルのサプライズのおもてなしとのことで、ガイドさんが下山の報告をホテルにして、到着時間を見計らって、準備をしてくださるそうです。早速入らせていただき、遅い夕食を食べました。

  • 27Nov
    • 3日目の画像

      3日目

      屋久島の旅が決まった事について。以前から島村夫妻のお友達だったM子さんは8年前から屋久島に癒され、大好きになり、今年になって移住されました。私は約10年前に、島村夫妻に誘っていただいて、M子さんと一緒に東京でタイ料理を食べた事がありました。それ以来2度目の再会でした。みどりさんとM子さんが電話でやりとりをしている時に、みどりさんが屋久島に誘われ、寛子さんと私がまさか一緒に来ると言うと思わずに誘ったそうですが(爆)3人で来ることになったのでした。しかも、私は縄文杉を見るのは当たり前と決めつけていたのですが、みどりさんはそうは思ってなくて。でも、その流れを変えることはせずに私の思いを叶えてくれたのですが、その事を帰る日に知りました。私は33年程前に、旅の帰りに乗った飛行機の中で「翼の王国」という冊子の屋久島の記事を読み、すぐに行きたくなり、1か月後に鹿児島から屋久島に船で渡り、縄文杉に会いに行きました。往復8時間の道を歩いて、会えて抱きついた感動は(当時は木に抱きつくこともできたのです)ずっと私の宝物でした。そして、2度目は無いな〜と思っていたので、6月に決まってから、本当に楽しみにしてました。今回の屋久島の旅は、屋久島在住のM子さんのお陰で最高の旅になりました。ホテルで4人で記念撮影。ホテルもM子さんのお陰で、私達もとてもよくしていただきました。続く

  • 26Nov
    • 続きの画像

      続き

      お昼ご飯を食べてから、近くにある益救神社(やくじんじゃ)にお参りに行きました。雨の中傘が無いので、海中温泉の時に使ったバスタオルを傘の代わりにしました。旅のメインイベントの縄文杉を見るトレッキングの安全の為のお守りも買って来ました。お参りをしてから移動。 コーヒーの美味しいカフェで今日の予定はおしまい。雨に濡れた落ち葉も美しい。

  • 24Nov
    • 2日目続きの画像

      2日目続き

      海中温泉は出た後、とてもさっぱりして体が軽くなり、パワーをいただきました。その後、大川の滝を見に行きました。少し小雨が降って来ました。みどりさんがレンタカーを運転して移動している間激しい雨になり、天気予報通りになりました。峠を越えている道中、可愛い屋久猿を沢山見かけました。1時間以上かけてウミガメが上陸するという永田浜へ。晴れているととても美しい海が見られるそうです。お昼ご飯は和食の海舟さんでお刺身定食を食べました。首折れ鯖は海が荒れて漁に出られなかったそうで、残念ながら食べられませんでしたが、地元のお刺身はとっても美味しかったです。続く

    • 2日目の画像

      2日目

      到着した夜の食事中から、物凄い土砂降りで天気予報では2日目は雨予報で覚悟はしてましたが、早まった感じでした。朝起きたら晴れ間があり、天気予報は外れ。2日目は屋久島一周。晴れていたので、海中温泉へ。入り口一つ目の温泉ここは男女の温泉が仕切られて並んであります。すでに男湯にはお一人様入浴中もう少し歩くと、2つ目の温泉があります。ここは混浴らしいですが、入ったもん勝ちらしいので、3人で入りました。ここは少しぬるめでしたが、満足感が大❗️めちゃくちゃ楽しみました。その後、戻ってもう一つの温泉にも入りました。こちらは丁度良い温度で本当に気持ちよかったです。続く

  • 22Nov
    • 到着後の画像

      到着後

      ホテルは10年前に出来たリゾートホテルの サンカラホテル。とっても素敵なプールがありますが、残念ながら入れません。ウエルカムドリンクを飲んで、島内観光へ。ホテルから近い場所にある千尋滝。その後、島内の人気カフェへ。遅いお昼ご飯に食べたのはルーロー麻婆飯とっても美味しかったです。デザートのチーズケーキとアップルパイも絶品でした。カフェの庭にパピルスやドラセナかあり南国なのだと感じます。ここで、のんびりおしゃべりしてホテルに戻りました。ホテルでの夕食はまた続きに。今日は屋久島を車で一周しました。中身が濃いので、少しづつ書きます。今日もめちゃくちゃ笑って楽しく過ごしました。

    • 30年ぶりに来ました!の画像

      30年ぶりに来ました!

      今年の6月末に、みどりさん、寛子さんと旅がしたいねーとLINEでやりとりしてる時に行き先が決定!期日は11月21日〜24日。屋久島に行こう!原地集合なので、それぞれが飛行機の予約を完了して、ホテルも予約が取れました。そして、昨日は早朝3時20分の宇都宮発の羽田空港行きのバスに乗り込み、2年ぶりに1人で飛行機に乗りました。いつものことながら、留守中の仕事、父の事を夫さんにお願いすることをしながら、徹夜で荷物をパッキング。移動中に睡眠。羽田空港に6時前に到着。3年ぶりでした。新しくなって、搭乗手続きや荷物を預けたりが、緊張の連続。空港行きバスが減便されて、とても早い到着時間でしたが、正解でした。伊丹空港で、乗り継ぎ。ここでも、余裕を持って飛行機を予約したので、新しくなった伊丹空港を満喫。いつ来たか忘れてるくらい久しぶりで、沢山の飲食店があり、普段は朝ごはんは食べないのに、何かを食べないと損する気分になりました。結局、ウロウロしてメゾンカイザーでコーヒーとパイ生地の惣菜パンを食べました。そして、いよいよ目的地に出発。みどりさんは前日入り。寛子さんは私より1時間前にホテルに合流。昨日からすでに大満足の、旅が始まりました。

  • 21Nov
    • 日ごとにの画像

      日ごとに

      銀杏の木は太陽が当たるところから黄色くなるのでしょうか?これは宇都宮市内にある、大銀杏です。この写真は一昨日の状態ですが、今日は殆ど黄色くなり、散り始めました。

  • 19Nov
    • 思わず歓声!の画像

      思わず歓声!

      宇都宮市内の銀杏の木が綺麗な黄色に紅葉したので、写真を撮りましたが、今日の夕方の夕陽が素晴らし過ぎたので今日はこちらにします。こちらは南の空西の空はどんどんオレンジ色になりました。

  • 18Nov
    • つくづく思うこと。

      父の体調がとても安定してます。かかりつけ医院の先生から、血圧の薬は一切やめ、便秘の薬を変えましょうと言われ約、半年過ぎました。血圧が高かった父は30年以上、降圧剤の薬を飲んでいたと思うのですが、現在は薬を飲まなくてもほぼ正常値です。自宅にも血圧計がありますが、デイサービスで毎回測ってくださるので、毎日は測ってません。上が114〜130の間、下が90前後です。数値に一喜一憂してません。97歳だから?下剤も変えて、量も減らしたのですが以前より、調子が良いです。そして、酵素玄米のお粥に変えてから、安定した様で、排便が2日に一度か毎日になりました。爽快するー茶のおかげもあります。腸と脳は関連があり、便通が良いと、歩行も話の受け答えもとてもスムーズです。こんなに違うのかと驚くほどです。父には酵素玄米のお粥が本当に良かったと思います。

  • 15Nov
    • 2週続けて。の画像

      2週続けて。

      日曜日の午前中は近くの多気山に登ると決めたので、昨日もさっと登って来ました。今回は鳥居の下の駐車場に車を止めて参道を歩いてから登り始めました。7分くらい長く歩きます。先週より登る人が多く、小学生以下の子供さんが一緒の家族連れが目立ちました。お天気が良くて、途中から暑くて上着を脱ぎました。往復で約1時間。寒くなるまで、続けて登りたいと思います。筑波山は霞んでますが、見えました。家に戻ってから、16日がお義父さんの命日なのでお墓参りに行って来ました。車の量がとても増えていて、びっくり。でも、これが普通なのでした。少しづつ、2年前に戻ってる様に感じます。

  • 14Nov
    • とちあいかの画像

      とちあいか

      昨日、夫さんがお知り合いの農家さんからいただいて来ました。新品種のいちご「とちあいか」数年前に品種改良されていて、県内の農家さんが栽培されていたそうですが、知り合いの農家さんは今年初めて栽培されて、初収穫だそうです。酸味が少ないのが特徴だそうです。確かに優しい味です。父にはすぐに小さく切って、夕食のデザートに出しました。もちろん完食。その後、お友達夫妻が来られたのでお裾分けして、4粒だけ残りました。初物のいちご、ご馳走様でした。

  • 13Nov
    • 少しづつ戻ってる。の画像

      少しづつ戻ってる。

      昨日は午後から約2年ぶりにお華のお稽古に行って来ました。今月から再開。そして先生やその東京在住の家族の皆さんにも久しぶりに会いました。嬉しかった〜。先生が選ばれる花材は本当に素敵です。お稽古の後、夕食も一緒にさせていただきました。本当に良い時間でした。往復の新幹線、電車は以前より密でしたが、全員マスクをしっかりしてるのを見て日本人てさすがだなあと感心したのでした。

  • 12Nov
    • ひらたけの画像

      ひらたけ

      昨日、夫さんが農家さんからいただいて来ました。原木で育てられたひらたけ。めちゃくちゃ大きい!バター炒めが美味しいそうです。今、少しだけ干してます。←干さなくても良いそうですが、水分率が多いのでなんとなく。

  • 10Nov
    • 久しぶりに。の画像

      久しぶりに。

      夫さんはあまり気が効かない。そのことには、めちゃくちゃ慣れてるので、全く期待はしてないのです。どうしても欲しいものは、頼んで買ってきてもらいます。でも、これだけは頼まなくても、時々買って来てくれます。ありがたや〜このところ、新聞を賑わせていることが。宇都宮市は餃子の街として定着したので、お隣の鹿沼市は崎陽軒の創業者の出身地ということで「しゅうまいの街」として、しゅうまいの像を作ったり、いろいろと活動されているようです。思わず笑ってしまいましたが、密かに応援してます。

topbanner