ラスベガス的リタイアの法則

ラスベガス的リタイアの法則

在米30年をハワイと南カリフォルニアで過ごしたのちに、ラスベガスで始めた引退生活。ところが主人が悪性脳腫瘍に。ラスベガス大好き♡なヨメが、愛する主人のために古巣カマリオへ。

NEW !
テーマ:
Hi everyone!

お元気ですか?

近所のシーフードシティが入っているショッピングセンターは超大型で、基本的にここに行けば用が足りるというイキオイです。

銀行、ホームディーポ、サムズクラブ、ウォールマート、オフィスディーポ、ベストバイなどの超大型店からスポーツジム、ペットマート、そして私の好きな美容のULTAまで。

でもって、グリーティングカードのホールマークも今まで見た中で一番デカイ。音譜


グリーティングカードを買いに行ったのに、可愛いものがいっぱいで目移りしちゃいました。


ここ10年ほど冬の室内履きはスヌーズィー。


スリッパでもなくソックスでもない。ふわふわモコモコでスリッパより履き心地がよく、ソックスよりも暖かい。

ワンシーズンで履き潰しますが、お値段もお手頃なので冬になると新調しています。

今年は、去年のクリスマスにディリアに貰ったのを下ろして履いていました。


ところが!
もうめちゃくちゃかわゆぃのを見つけてしまって…。


黒猫サミーのブーティー。黒猫


暖かくって肌触りもサイコー。ラブラブ

でね。こんなのも。


見つけた瞬間、ふと主人が横にいるような気がして。

「見て、コレ!」

「ナイス! 買うとき」

という主人の声が脳内エコー。ラブラブ

思わず胸に抱きしめたら、ちょびっと涙が出ました。

サミーと主人の両方の存在を感じて、ひとり遺されたマミイとヨメは久しぶりにシアワセな気分に。ラブラブ

ホールマークのお店って、ほんわかとしたシアワセを売っているんですね、きっと。

グリーティングカードだって、こんな通路がいくつも。


このご時世ですから、クリスマスにカードを送る人も少なくなりました。でもアメリカでは、プレゼントを渡す時にはカードを添えるのがお約束。
だからカード産業は生き延びているのでしょう。

今日私が買ったのは、ユダヤ教のお祝いハヌカのカード。

ニールは主人よりもずっと敬虔な信徒なので、毎年ハヌカのお祝いをしています。

ユダヤ教の暦によるので毎年日にちは変わり、今年は12月2日から10日までとか。

ハヌカは8日間続けてお祝いします。ハヌカの期間に毎日灯すメノラーのキャンドルが8本ある所以です。
真ん中にある9本目のキャンドルは、この火を使って8本に火を灯すためのものだそう。

なので、日本に帰国する前にニール一家にハヌカカードを送っておこうと思ったのでした。

今年は本当にお世話になったし、ニールとケイトの思いやりにどれだけ救われたかわからない。
せめて感謝の気持ちは伝えておこうと。

サンクスギビングが来たらただでなくてもあっという間に年が明けてしまうのに、今年は日本に帰国するから、きっとマッハのスピードで2018年が終わってしまうんだろうな。

去年は衝撃次ぐ衝撃のワンツーパンチを食らい続けたから、2017年の終わるのが待ち切れなかった。

今年はどうだろう。

17年も18年も人生最悪の年に変わりはないけれど、なんとなく2019年が来るのを怖がっている。もうちょっと待って、と足踏みしてる。

きっとそれは、2019年が間違いなく主人のいない新年の始まりになるから。

来年は来年で家の売買や、またまた引越ししなきゃいけないから、やるべきこともいっぱい。

主人の相続問題もカタがつくだろうから、ついに新しい人生を歩み出すわけで。きっと来年に一抹の不安を感じているのはそこだろうな。

なかなかフクザツな未亡人の心理ではあります。

では、お元気で。

Have a nice day!

よかったら、ポチしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス