ユミのブログ

ユミのブログ

ブログの説明を入力します。

先日少しお話しした「食事制限のある留学生を受け入れる」食事のコツを今回はご紹介します。

 

まず、食事制限のある宗教で代表的なのが

イスラム教、ビンドゥー教、ユダヤ教。

そして実は仏教やキリスト教でも人によっては食事制限があったりもします。

 

今回は一般的な食事制限の方への対応を紹介します。(ハラールとかビーガンのような特別な場合はかなり大変なので)

 

そもそも、「日本に留学する!!」と決意がある方は、神経質にいちいち聞いてこない方が多いです。

熱心な信者の方は「このスープには何が入ってる?」とか「これは本当に豚のエキスは入ってないよね?」と聞いてきます。

 

今の所、そういう留学生に当たったことはありません。

 

まず、豚肉の制限。(牛肉も同じ感じかな)

 

これは我が家も「豚は一番食べるしなぁ」とちょっと躊躇しました。

でも、実際にやってみると色々と代用が効くんです。日本には練り物もあるので練り物はお魚なので大変重宝しますよ。

 

餃子

 

豚のひき肉じゃなくても、鳥の挽肉でももも肉でやればかなり美味しくできます。何度も作っていますが、主人や友達は「言われないと鶏肉って気がつかない」と言っていました。

 

麻婆豆腐

 

鳥の挽肉でできます。タレの味がそもそも濃いので、鳥でも豚でもどっちでも美味しくできます。

 

お好み焼き

 

竹輪やツナ缶で作ったりします。これもなかなか美味しくて好評でした。

 

朝ごはんなどにハムとかベーコン、ウインナーが出せませんが、お魚ソーセージを焼いたりして出しています。

 

カツ丼

 

鶏肉で作ります。チキンカツとかかってきて、それをアレンジでもいいと思います。

 

ハンバーグ

 

こちらもやはりチキンハンバーグ。和風なタレでアレンジすればとっても美味しいです。焼き鳥のつくねのハンバーグバージョンみたいな感じです。

 

チャーハンや焼きそば

 

かまぼこを刻んだりして、彩りも良くなるしおすすめです。竹輪でも良いとおもいます。

 

豚肉除去食の注意点

以外と知られていませんが、一見豚が入ってないのに、実はエキスが入っていたりする食品もあります。

例えばカレーのルー。インスタントラーメン(醤油味や塩味でも入ってます)

 

お酒の除去

 

結構知られていませんが、お酒は思いもよらないものに使われてたりします。

例えば醤油。表示を見ると「酒」って書いてあるの結構あるんです。

 

 

簡単ではありましたが、豚肉や牛肉を除去した食事も結構作れます。

 

もともと日本でもよく食べられている食事でも、食べられるものはたくさんあります。

親子丼、唐揚げ、天ぷら、うどん、蕎麦、ソーメン、寿司、冷やし中華(ハムではなく、カニカマを使う)。

 

これだけのメニューがあれば2週間くらいは受け入れられます!

 

なので、食事制限があってもあまり構えずに受け入れてみて下さい。イスラム圏の人たちは、とっても丁寧で、優しくて、感謝の心を持つ人たちだと思います。