「センムの本音日記」大好きな家族(猫2匹を含む)とパンと家の話

「センムの本音日記」大好きな家族(猫2匹を含む)とパンと家の話

専業主婦のように家事や育児を楽しみ、独身のように仕事を楽しみ、
世界観がどんどん広がるような人たちと出逢っていける女性を目指してます。
インテリアコーディネーター。二級建築士。パン屋。

熊本で、「まどパン」「まどカフェ」「まどzakka」を運営しています。
江津湖近くに本店があり、
街中にあった上通店を2016年11月中旬にイオンタウン西熊本へ移転オープン、
宇土市のモール敷地内に宇土店がございます。


美味しいパンと
ホッと出来きるお飲み物、
心が潤う雑貨をご用意しています。


いつか皆さまと出逢えますように。




な、な、な、なんと
行けました山下達郎@熊本城ホール。





いやーー、凄かったですよ。
何が凄いって。


66歳にして、あの艶っ艶の声。
(CDと、全く同じ声なんですよ皆さん!)


3時間半ノンストップなんですよ!


曲のセットリストが、もうなんていうか
美学のかたまりなんですよ!
(笑わせてくれたり、涙を誘ったり、奮い立たせてくれたり)




私は、
生まれて初めて山下達郎さんを観ました。



それもかなり前列の方で。
(たくさんの方に感謝)



すぐそこに、本物の山下達郎さんが歌ってて
最初の数曲は、見惚れてました。



「あー、歌ってる。本物だーー」って思いながら。


想像してたよりも、はるかにお顔が柔和な表情で、またまた仏様を拝む気持ちになりました。



そこで、思ったのは
「山下達郎は、天才なのではなく
努力の天才なのだな」と。




私は、売れまくってる山下達郎さんしか知りませんが、不遇の時代も5年ほどあったらしいです。



努力の天才は、歌に全てをこめておられました。



私も、真髄を、ど真ん中の本筋を
大事にしていこう。



話された言葉の数々は、
胸に刻もう。


やはり、小さな約束は
守っていこう。(これは先日の竣工祝賀会時のデサキ社長と同じ)

 


と、曲を聴きながら思いました。



山下達郎さんは
ローマ法王並みの
慈しみの心を持ちまくっておられました。



最後の最後に
愛する奥様竹内まりや様も、バックコーラスでサプライズ登場。立ち姿が綺麗すぎました。




夫婦愛、家族愛、友人愛、世界愛、音楽愛。
全て努力の賜物でした。




あー、行けて良かった。



さぁ、仕事がんばろ。